徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    面白いこと。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様方は幸せな一日の始まり、何事も無く動けるのは幸せなことですから、もっともっと幸せにではなく今が幸せと気付けるかどうかで、自分の人生をつまらなくも面白くもどちらにでもできます。

    世の中には良いことも悪いことも毎日起こっているけれど、それを受け止める方が良い悪いを決めることもできます。 よく言われるコップに水が半分も、もう半分しかないと、まだ半分あるでは違う、それこそが受け止め方の面白い所です。

    自分のことを棚に上げて世の中がつまらないと思うのは昔の私そのもの、そう言いたくなる気持ちもわからないではないけれど、面白くできないのは自分のせいでもある、そう考えてつまらないを面白くに変える努力も必要ですし、まずは毎日が面白いと嘘でも思うことから始まります。

    極端な例ですと、ユネスコの世界遺産にどんな形でも決まって欲しいと願うのは、実は観光収入がアップするからと言う欲が根底にある、今までは誰も見向きもしなかったのに世界遺産に登録されただけで長蛇の列、そういう情報に振り回される世の中と言うのも面白い所です。

    そのユネスコの世界文化遺産への登録が決まった沖ノ島を保護の為、毎年5月に開催してきた現地大祭を中止にして原則入島禁止にしましたが、これくらいしないと観光マナーの悪さは予測できるし、女人禁制は差別だと騒ぐ時代ですから男女入島禁止は英断です。

    世界遺産に決まらなければ島に上陸できていたのに登録されたら入島禁止、これこそが観光目的の欲丸出しではない本当の遺産保護で、遺産を保護するのが目的で世界遺産を決めるのであれば、認定されたら立ち入り禁止にするのが本当なのに、観光目的=お金が欲しいだからできない相談なのが実情です。

    それから私が県北時代の食生活にて以前にもブログに書いた昆虫食、これは人の話を聞いているだけなら面白い筈ですが、地球上で食料が足りなくなってきている現在ではいよいよ本格的な調査も始まっています。

    実は国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食について色々と発表しているようなので、私は県北で食べられなかったので無理なモノばかりです。 昔は好き嫌いが多いと虐められましたけれど無理なモノは無理、カブトムシ・カマキリ・コオロギ・タガメ・ハチ・ミミズなど、私には絶対無理と言えます。

    できることなら昆虫を食べるのは遠慮したいけれど、このまま人口は増え続けると仕方が無いとなるかもしれず、未来では昆虫食も避けられないのかなと思いました。

    また、人は30代→40代→50代→60代となれば友人は次々に減っていくから、友人は常に作り続けなければ自然と減ります。 だからと言って無理な友人関係を作り続けると息苦しくなる、だから友人ではなく顔見知りや仲間にしておく感覚が自分を救います。

    人付き合いを大切にしすぎると息苦しくなり友人関係が重荷になる、友人ではなく顔見知りや仲間と言う輪の中にいるけれど交わらない、その感覚を作り上げると人生は楽になりますが、人付き合いが面白いと人生は凄く楽で楽しくもなります。。

    生きていて楽しいですかと聞かれて楽しいと答えられる人は、今現在が何不自由のない生活ができて悪口や嫌がらせとは無縁の生活、人の悪口を言う人は自分が幸せじゃないからこそ言えるのです。

    幸せな人に多いのですが自分で言わなくとも人が凄いなど称賛してくれることが多く、自分が凄くない人は自分で言わないと認められない、本当に凄ければ自分から言わないし言わなくても認めて貰えるから、結局は人の悪口を言う人たちは小物となります。

    なお、自分の不幸が他人の幸せではないので、自分を虐げることで相手を幸せになんて傲慢です。 まずは自分が幸せになることで余裕が生まれますが、問題なのは幸せになった後の行動に人間性や本性が出るので、その後が注意となります。

    悪口や嫌がらせをする人の怒りが好例で、しつこく何度も纏わり付く怒りは怒りに憑りつかれた人間の愚かさが見える筈です。

    残念ながら悪いことや嫌なことは吸引力が強く、良いことや素敵なことは吸引力が弱いからこそ人は悪いことに惹かれていきますが、悪い方へ行けば行くほど良い方からは遠ざかるので、良いと悪いのどちらに吸引されたいかは自分次第です。

    運の悪い人は自分の考えこそ絶対と考えて人を認めず自分を神と思う、運の良い人は自分の考えなどまだまだと学ぶ姿勢を見せる、それだけ違いが未来を大きく変えて10年後の自分を視た時、どちらが惨めな姿になっているかは火を見るより明らかです。

    世の中は急がば回れで焦っている人は大儲けを狙っては損をするからこその諺で、うまい話に騙される愚者はいてもうまい話を人に教える愚者はいないと言い、世間で騙される人の相場は自分だけ儲けようと言う心に原因があります。

    お金が人を変えるなんて間違いで、お金持ちになって傲慢になる人はお金持ちじゃなくても根が傲慢でお金とは無関係、良い人はお金が無くても良い人ですし悪い人はお金が無くても悪い人ですから、お金で変わるのではなく元々そういう人だからです。

    世の中には楽しいことや面白いことがたくさんあるのに、寄ってたかって自分より上にいるのが気に食わないと僻み妬み、そして邪魔して引きずりおろそうと企む暇な人が多く、温かで穏やかな人生を歩く人とは無縁ですから相手にしないことです。

    面白いことに遭遇したければあきらめないこと、努力が長続きしないのは自分の才能を信じていないからです。 自分の才能を信じられないから苦しい努力をしても結果など出ないとあきらめる、このあきらめは怠けると同じことで自分の才能を信じないことこそ無能と言います。

    口がうまければ得なんて言うのは気の迷い、仕事ができない人は大抵が話し上手の筈で、何故なら自分の正当性を主張する為に言い訳がうまくなる、自分は正しいと誤魔化す為には話がうまくなるものです。

    予定調和の道を歩いているなら予定通りのことしか起こらないのは当たり前、それを面白いことが起きないと文句を言う方が間違いです。 面白いことを体験したいなら人とは違う道を歩く、その冒険心の無い人には予定通りのことしか起こりません。

    あなたは面白いこと、起きていますか?

    アレレレ!?(・_・;?

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    影響力。

    おはようございます。 朝起きてから自由に動けること自体がチャンスの塊、何を持って幸せと思うのかは別ですが、もっともっとと追い求めるよりも今あるモノを大切にする、そうしないと失ってから始めて大切なモノがわかるようでは、後悔だけが残ってしまいます。

    人は誰かと一緒に居るとか繋がっていたいと言うのはDNAレベルで確定していて、生涯一人きりで良いと言う人はほとんどいない、世の中には絶対と言うことはないのでゼロではないけれど、ほぼそんな奇特な人はいません。

    誰しも気が付いたら親がいて家族がいて親戚がいてと広がり、、大きくなるに従い同級生や先輩後輩や先生と更に広がる、社会へ出ると上司や同僚などと関わって行くモノですし、友人知人に恋人や伴侶など社会的なネットワークは構築され続けるものなのです。

    そして自分の影響力と言うのは知らず知らずのうちに多大なモノがあり、社会的影響力は知っている人だけに関係する訳ではありません。 あなたが恋人に好きな曲を紹介して、その恋人が友人に良い曲だよと紹介した時点で、既に一度も会ったことが無い人に影響を与えてしまったことになります。

    これは恋人と音楽を例に取って説明しただけですが、別に美味しいケーキを友人に教えたらでもありで、その友人が会社の女性たちに教えて貰った美味しいケーキを教えることで、そのケーキをたくさん食べた女性たちが太ると言う、冗談みたいな話ですがダイエットにまで影響しているとなります。

    だから、友人が太ると友人の友人も太る、そうやって太るが伝染するのもあながち都市伝説ではありません。

    ネットでも飯テロなどと言う言葉があるように、寝ようとしているのにラーメンやから揚げなどの画像を投稿されるのを見て、急に食べたくなって本当に食べてしまった、そんな経験がある人もいる筈ですが、気付かないだけで意外と影響力は誰にでもあるのです。

    以前にブログで六次の隔たりについて書いたことがありますが、ようは友人の友人の友達の友達と繋げていくと、平均して六次の隔たり(6人)を辿ると世界中の誰とでも繋がると言う法則みたいなものです。

    ただし、今日の内容における影響力とは実際には1~2人目くらいまでが直接的で、後は伝染した一人目がどの程度の影響力があるかで違いますが、それでも多大な影響力があるのに代わりはありません。

    他人の幸福が持つ影響力も計り知れないものがあり、直接的な知人や友人や恋人や家族に良いことがあれば、それを聞いた自分も嬉しくなったりするので幸福になります。

    ところが、これを冷静に分析していくと自分に嬉しいことがあって恋人が喜んでくれた、その恋人は幸せ度が上がった状態でコンビニへ行き、レジの人に親切な対応をしてレジの人が幸せになる、そうやって幸福度を上げる連鎖が始まると知らない人までいつの間にか幸せにしています。

    これはあなたが知らない所で、しかも全く知らない相手を幸せにしている、その事実を知ると目の前の人を幸せにしようと思えます。

    しかし、既にお気づきかもしれませんが当然ながら不幸の感情も伝染するので、自分が落ち込んでいる姿を恋人が見た時には恋人の幸せ度も落ちる、それは人である以上は仕方が無いとも言えますが、自分が何もしていないのに不幸に巻き込まれる可能性すらあります。

    これを防ぐには人と知り合う回数や人数を増やすこと、そうすれば嫌なことを言う人や不幸な人がいたとしても、次に会う人が幸せなら自分も幸福になるチャンスは増えると言う確率の問題でもあります。

    そして人は知っている人より知らない人に期待する傾向もあり、長年付き合っている人のことは大抵知っているとも言えるので、そうなると改めて紹介して欲しいなどとは言わないし思いもしません。

    どちらかと言えば知らない方が未知への期待、そういう部分もあるので友人の友人やサークルで知ってはいるけれど余り話したことが無い、そういう人の方が期待値が高いからこそ、異業種交流会や合コンなどへ出かけて新たな繋がりに期待をしてしまうのです。

    人がどうして宗教に嵌るかと言えば、神の名の元においては平等だからで、それは神と直接的な知人であることから、その宗教に入っている人とは全てが神を仲介しての間柄、すなわち知人の知人となるからです。

    これを単純だなとかアホやなあと思うのは早計で、SNS(Twitterやインスタグラム)は典型的な知人の知人を増やす道具、本当は全く知らないのにネット上で知っているつもりになり、それが遠慮から横柄になって行くのが宗教団体の上から目線と全く同じこと、これに気付いていない人は洗脳されやすいと言うことです。

    今日の内容は、こういうことがあると言う程度に受け流して頂ければ幸いで、学会で発表されることは最新型が正しいと言う言葉があるので、発表される度に正反対になることもあるので、あくまでも現在の所はこれと言うだけです。

    そして自分が周りに良い影響を与えると言うことは自分と周りを幸せにしますが、禁煙やダイエットをして健康に気を使う、すると友人や家族がそれに影響を受けて健康になれば幸せの輪が広がる、ひいては友人の友人に影響を与えるかもしれない、それがやがては何十人から何千人になるかもしれません。

    こういう社会的ネットワークは個人の微々たる存在から大きなウネリとなって、自分の周りが幸せなら幸せが増えるし、自分の周りが不幸なら不幸がどんどんと増える、そういう気付かない所で人を幸せにしたり不幸にしたりの影響力が、誰しもあるからこそ悪口を言う人と付き合ってはいけないし、側にいてもダメで徹底的に避けないと火の粉を被ります。

    つまり、開運とは自分の周りを良い人で固めることから始まり、その人たちへ自分が良い影響を及ぼすことで開運は進み始める、そういう繰り返しで運の良い悪いの差が大きくなっていきます。

    あなたは自分の影響力、ご存知でしたか?

    モクモク((( (-h-) )))モクモク

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    人との関わり。

    おはようございます。 朝起きて目が覚めるのは奇跡、朝目が覚めずに亡くなっていたなどもあるので、起きてこれるだけでも幸せ、そう考えると幸せとは目の前にあるモノで、それを受け取れるかどうかは自分次第とも言えます。

    日本に生まれてきただけでも幸せで、もしも中国~韓国~北朝鮮に生まれてきていたら、今のような生活はできていないとわかっているのに、その状態にならない限り人は自分の今を当たり前に思うだけ、本当は幸せの中に生まれてきているのに気付かないのは残念です。

    ただし、そういう私も考えが改まってきたのは県南へ出てきてから、それも占い師となって10年が経過してからとも言えるのですが、口で言うのと実行するのは別物で、なかなか実行できないのが未熟な私のダメな所です。

    不平不満を言ってはならないと思いつつも、その不平不満を知らず知らず言ってしまっているのが問題で、私もついつい口にしているのがダメな所ですが、人と関わるとは愚痴や不平不満を言わないように心掛けないと、自分では思わないのに愚痴や不平不満に聞こえることもあります。

    また、自分では悪口に思わないのに悪口に聞こえる、これは鑑定していてかなりあることですが、自分では気付かないうちに相手には悪口に聞こえることは相当あります。

    私が自分でも気付かないうちに発言することで素敵なお客様方が頭に来た、これは相当あると思うのですが自分では気付かない、岡山の方言では普通なのに東京では許せない言葉があって、ブログでは表記しませんが岡山の人は普通に使う言葉なので気を付けないと喧嘩の元です。

    私は一時期、この言葉を使わないようにと気を使う余り、文章的に言葉が全然繋がらないなど迷走した時期すらあるので、岡山では普通でも東京では違うと言うのを気を付けるきっかけにもなりました。

    人と関わる以上は言葉や態度は必ず相手により不快に感じたり平気だったりはあるので、そこの所を上手くやらないと人との関わりは誤解だらけになるかもしれません。

    人が関わると言えば恋愛や結婚が一番で、これは必ず人と関わらなければならないモノですが、そこでなかなか自分を変えられないでいると益々頑固になったりして、プライドの部分で相手と付き合えなくなったりします。

    結婚とは一緒に暮らすのですから好みがあるのもわかりますが、自分が思う条件を並び立てて一つも譲れないと思うなら、100点満点の相手はどこにもいないので独身のままがいいとなります。

    そうならない為にも結婚のチャンスがあったらすぐに行動も良いことで、どうせ私なんてと卑下しない代わりに相手の良い所を見て条件を緩める、そうやってお互い様と思えば次へ繋がると思います。

    なかなか結婚が決まらないのは、試しにやってみると言う精神でいないからかもしれませんが、失敗が怖い余りに完璧主義になり過ぎると最初から出会いがないに突入してしまうので、色々な男性と出会って気が合うのがいたら決めると軽い気持ちも大切です。

    お見合いでも紹介でも会うなら必ず決めないといけない訳でもないのに、会って嫌なら失敗も何も断ればいいだけですから、それを成功じゃないからダメだと言うのは完璧主義を追い求めすぎです。

    独身でいるのは全てにおいて自分のルールが通用することですが、結婚するとは相手のルールで物事をしなければならない時もありますから、平和な自分の世界から出ようとしないなら結婚は難しい、違う世界が一つに混合していくのが結婚生活で、同じくルールも刷り合わせて行くのが結婚生活です。

    今の時代は独身でも良いし絶対に独身が悪いことでもないから、独身だからダメと言う風潮にも問題があると思いますが、10年後を視たら独身でいると寂しいと感じることが増えるのも事実、その時に独身でいてもいいだけの蓄えや状況を作っておけばいいけれど、そうでないなら10年後には後悔しか残らないと思います。

    人と関わるとは嫌な思いをすることもありますが、本来は楽しいことや嬉しいことも多い筈です。

    私は人と関わることで自分自身を磨いて頂けますし、自分にできないことができる素敵なお客様は凄いと尊敬します。 人を笑顔にして人を喜ばせて人の心を救う、そんな素晴らしい生き方の素敵なお客様方は、もっともっと未来で輝いていると思います。

    ただし、人と関わることでも嫌な面と言うか凹んでしまう点としては、誰かと誰かを紹介してうまく行かなかった時も該当します。

    これは知人~友人~同僚~同級生など、色々なパターンで人を紹介するケースもあると思いますが、それによりうまく行かなかった時のダメージとは紹介された方より紹介した方にあります。

    例えば、Aさんが独身のBさんに独身のCさんを紹介して、BさんとCさんが結婚してくれたら嬉しい、ところがBさんがCさん~もしくはCさんがBさんを気に入らず悪く言う場合、AさんはBさんもCさんも知っているが故にどちらがどちらのことを悪く言っても、Aさん自身の知人を悪く言われたことになります。

    そうなるとAさんは悪く言った人(BさんでもCさんでも)には二度と紹介しない、この時の心のダメージはBさんやCさんよりもAさんの方が大きい、Aさんこそ一番傷付いているのに紹介された方は遠慮なくずけずけと言う、それでは紹介されなくなるのも仕方が無いと思います。

    あなたは人との関わりを、どう思いますか?

    ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    やる気。

    おはようございます。 今日も朝から元気で健康で素晴らしい一日が待っている、それなのに不平不満を爆発させていると、それは自分で自分の未来を汚していることにもなります。

    やりたくないことでも我慢してやるのは社会人としては正解ですが、それは本当にやらなければならないことなのか、その逆にやらなければならないことをやらないのも自由で、歯磨きをせずに虫歯になって痛い思いをしたり美味しい物が食べられないのは自業自得、それを自分が受け入れて納得していればやらなくてもいいことになります。

    次に会社が嫌で嫌で仕方がないのもやる気が出ないことの一つですが、会社へ行って給料を貰って生活が成り立つので、それは生きて行く為には仕方がないことですが、そこでやる気が無いのはやりたくないからです。

    人間、100Mを9秒台で走れとか、念だけで空を飛べなど無茶苦茶でない限り、本当にやる気があれば意外と大抵のことはできますが、やらない=やりたくない=やる気が出ない、そういうこととも言えます。

    人間は本気でやると意外に何でもある程度まではできるのですが、自転車に乗れない人でも何度も何度も練習しているうちに乗れるようになる、本気でやったらできない訳ではなく乗れるようになります。

    他にも中年男性がいきなりPC作業をさせられてうろうろしている時、「エロサイトを見ろ」と言う指導方法が流行りましたが、PCが全くわからない中年男性でもエロサイトを見る為なら一生懸命に学びます。

    スマホだって同じことですが、エロサイトを見たり出会い系で女性に会う為には、男は一生懸命にスマホの使い方を学びます。

    子どもだって同じですが、勉強しろと言われてもすぐにやる気を無くして投げ出したり遊びに行ったりしますが、ゲームをしろと言われたらTVゲームでもスマホゲームでも延々とやりますから、決して集中力が無いのではなくやる気がないから集中しないだけなのです。

    やる気がないと言うのは言葉としてはありますが、こうして解説してみると実際にやる気がないと言うのは、ほとんどないとも言えます。

    やる気がないのではなく嫌だからで、嫌々しているから集中もできないし結果も出ない、そんな感じでやる気が無いを使うのは変ですが、やる気がないではなく嫌だからと言うのを認識しておくといいかと思います。

    やる気がある方で一つ例を出すと、2018年のF1にHONDAが参戦していますが、今年のHONDAは無茶苦茶やる気があります。 F1にPU(エンジンなど)を提供していますが、テクニカルディレクターやPUの技術陣など、素晴らしい人材とお金を注ぎ込んでやる気満々です。

    それなのにマスコミやファンは結果が出せず最下位争いだからか、「HONDAはやる気があるのか!」と怒りの声を上げていますが、今年のHONDAは無茶苦茶やる気があると断言できます。

    ただ、技術が無いからF1の世界で通用しないだけ、どれだけ頑張ってもメルセデスやフェラーリやルノーのPU(エンジンなど)には勝てない、それだけのことでやる気が無いのではなく技術が無い、だから今年限りで撤退することを選んでも仕方がないと思います。

    故本田宗一郎氏の情熱とアイディアと技術は無くなった今、HONDAはF1で通用しないから故本田宗一郎氏の功績を汚さない為にも、死ぬ気でやるか~撤退するかのどちらかを選ぶしかなく、今の調子では撤退を選ばないと10年経っても最下位なのは明白で、悔しいけれどお金を掛けないなら撤退も止む無しかと思います。

    HONDAはやる気が満々ですが結果が出ない、それはやる気がないのではなく技術が無いだけ、これはかなり厳しい現実ですがF1において常勝HONDAは過去の栄光で今は違う、それをやる気が無いと責めるのは酷と言うモノです。

    株主もF1で巨額の損失を出し続けることを望まないでしょうし、このままなら撤退は筋書き通りと言うか必然で、残念ですけれどHONDAの技術はF1で通用しなかったと言う現実を認めるしかありません。 (奇跡よ、起こってと、願うばかりです。)

    そしてこれは人との出会いでも応用できる考え方ですが、誰かと出会って名前を忘れる、もしくは名前を覚えられない、それは相手のことを好きじゃないから、もしくは嫌いじゃないけれどどうでもいいから、それが名前を覚えられないの正体で記憶する必要がないからです。

    本当に好きなら名前は覚える、恋する女性じゃなく芸能人のファンと言うのでもいいけれど、好きな人の名前を覚えられない、もしくは忘れるなんてことがあるのかどうか、ほぼないと思います。

    もしも、仮に、好きだけれど忘れて思い出せないと言うなら認知症です。

    やる気を出せと言うのは嫌なことをやれと言う意味にも繋がり、やる気を出さないとやれないことをやるのは無理と言うモノです。 本当に好きなことならやる気など出さなくてもいいと言うか、自然に取り掛かるからやる機など必要ないとも言えます。

    最後に物事は決めないのも大切で、決めてしまうと逆にうまく行かなくなることもあるので、決めずに物事を進めると言うのも一つの方法です。

    がちがちに計画を立てたところでうまく行く保証はないから、出たとこ勝負と言うのは意外と正解で、その場その場で物事を決めていくのが正解だったりします。 ルールを決め過ぎると、今度はルールに縛られてうまく行かなくなります。

    あなたはやる気、そんなにありますか?

    (;一一) ジィー

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    尊敬できる人。

    おはようございます。 生きていること自体がチャンス、その中でも日本に生まれたことは凄い奇跡、何をどう言っても中国や韓国に生まれなくて良かったのは事実、これに異論や反論もあるとは思いますが、そうでないなら日本へあれほど来たがる理由が無い、日本が好きで好きで仕方が無いから移住したがるだけです。

    私は来世も日本へ日本人でお願いしたいのですが、日本に生まれただけでもの凄くし幸せだと歳が進めば進むほど分かります。

    好き嫌いと言うのは人の感情によるので仕方がありませんが、嫌いなら近付かなければいいのに近付きたがる、嫌いなら見なければいいのに見たがる、嫌いなら関わらなければいいのに関わりたがる、これって結局は嫌いな振りして好きと言うことに他なりません。

    つまり、好かれたければ嫌われてとも言えるのですが、嫌いと言うことは意識に強烈な何かを残しているから気になって仕方が無い、それを当事者だけが認めたくないだけで嫌いと言う感情は負けている方が勝っている方へ抱く物で、勝っている方は負けている方を嫌いにンあるよりも眼中にないのが現実です。

    親なら子どもへ、夫婦や恋人ならパートナーへ、好かれた方が勝ちで嫌われたら負け、それを明確に気付かせてあげるのが大切なこと、仕事でも出世するのは能力ではなく好き嫌いが全て、それを早く気付いた人が自分は仕事をしているのに認められないと言わなくなります。

    会社でもどこでも上司や同僚やお客様など周りの人々にファンになって頂けると、チャンスが貰えたりお金を支払って貰えたり、何かと生きやすくなることは間違いないので、多くの人がファンになって下さるとは成功への早道とも言えるのです。

    ただし、好かれようとすれば嫌われる、嫌われておくと好かれる、そういう相反する矛盾があるのが人間社会の面白い所で、人の評価なんて気にしていたら何もできないし、人の評価なんて無責任で聞くだけ無駄、それにちょうどいいお話があります。

    正式な題名は知りませんがロバを売りに行く親子と言う話が、イソップ寓話にありまして身につまされるお話で、長いので要点だけ紹介したいと思います。

    男と息子の親子がロバを連れて町に向かって歩いていると、通りすがりの村人が「お前たち、バカだな。 ロバは乗る為にいるんだろ?」と言ったので、男は息子をロバに乗せて歩き出しました。

    すると今度は村人の集団に出くわしたら、その中の一人が「あの怠け者の息子を見ろ。 自分はロバに乗って親を歩かせてる。」と言った為、今度は男がロバに乗って息子に歩かせると二人連れの女を追い越した時、「あきれた、あのぐうたら男、子供を歩かせてるよ。」と嫌味を言われました。

    そこで今度は息子と男の親子二人でロバの上に乗って町へ進むと、今度は通りがかる人々に笑われたり指差されたりするので、男は立ち止まって彼らに理由を尋ねてみました。 すると「あんたら二人が乗ったんじゃ、ロバが可哀想じゃないか。 恥ずかしくないのか。」と言われました。

    親子はロバからおりて、どうしようかと悩んだ挙句、木の枝を一本切り落としてロバの足を縄で縛り付けてぶら下げ、それを二人で肩に担いで歩き出すとすれ違う人々に嘲笑されましたが構わず進むと、橋にさしかかった時にロバの縄が緩んで自由になった後ろ足で息子を蹴り上げました。

    その弾みで男は担いでいた枝を肩から落として、ロバは縄から逃れようともがいているうちに橋から転げ落ちて川で溺れました。 その時に二人の後ろをずっと歩いていた老人がぽつりと一言、「これで、わかっただろう。 皆を満足させようとすると、結局誰も満足させることはできんのじゃ。」と、言いました。

    この寓話でわかるように万人に好かれることは不可能、何かをすれば必ず批判されますから、あなたが情報発信(会社での企画や独立開業など)を行っている限り、必ず誰かに批判されるし嫌われます。

    しかし、誰かに批判されたり嫌われたりは裏を返せばファンも増えていることです。 あなたの価値観に共感できない人がいれば、それに対して共感できる人も出てきます。 情報発信では批判を恐れず色々と発信していくことです。

    会社でも目立てば目立つほど嫌われるしアンチも増えますがファンも増える、結局は強烈な何かを持っている人は嫌われる、アンチができればファンもできるが現実で、嫌われない人は好かれることも無い、どうせなら嫌いな人に嫌われておけば好きな人に好かれる道が選べます。

    芸能人の人気ランキングでも上位に出てくる人たちはアンチも多い、結局は好きも嫌いも表裏一体で、あなたの思想と相手の思想が近いと仲良くなれる、遠くなれば嫌いになると言うだけ、所詮は自分の考えと相手の考えが違うと言うだけです。

    これが仕事でもプライベートでも人間関係の基本で、あなたが何かをすればあなたのことを嫌いな人からは非難されるけれど、あなたのことを好きな人からは称賛されます。

    何にせよ、どうこうしても批判はされる、誰からも嫌われていない=何もしていないと言うこと、批判する人と言うのは自分の時間を使って、嫌いなくせに嫌いなあなたのことを気にかけている、そういう矛盾を抱えて生きている可哀想な人たちなのです。

    人生は短い、特に自分で色々と出来るようになってくると益々短く感じる、だからこそ無駄な時間を過ごさない為にも好きな人や尊敬する人と交流を持ち、そして更なる高みを目指して生きて行くのが人生としては正解です。

    嫌いな人は何をしてもあなたのことが嫌いですから、そんな人の為に時間を使うよりも素晴らしい人の為に時間を使う、それこそが大正解です。

    あなたは尊敬できる人を、相手にしていますか?

    ヾ(=^▽^=)ノ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    批判は無視。

    おはようございます。 昨日の雨と違って見上げた空が澄み渡っていると気分爽快ですが、同じ空の下で素敵なお客様も頑張っているかと思えば、私はもっと頑張らないといけない、もっと精進しなければならない、そうやって身も引き締まる思いですが、人はメンタルの強い弱いに寄っても浮き沈みします。

    このメンタルの弱い強いはどうやって決まるかと言えば答えはなく、人によるとしか言えませんが、あくまでも一般論として言うなら身体を鍛える、もしくは喧嘩で勝つ体験を味わう、決してお勧めはしませんがネタとして一つの方法論としてお読み下さい。

    県北時代の私が馬鹿だったのはやられるままだったこと、建設現場時代の後半では虐められなくなったのは行動したからで、紆余曲折ありましたが色々と自己主張したおかげで虐められなくなりました。

    つまり、建設現場時代の後半に虐める相手に虐めるのをやめてくださいと、その意志を色々な方法で相手に伝えただけで虐めが収まりました。 これで思ったのがどうしてもっと早く虐めないで下さいと意志を伝えなかったのか、今でもふと思い出すとやらなかった後悔はあります。

    素敵なお客様方も会社へ行くと嫌な上司や意地悪な同僚がいるかもしれないし、旦那の親に辟易しているかもしれないし、立場が変われば虐めっ子も虐められっ子になるし、私は虐められ続けて自殺まで考えたので、虐められる人の気持ちは死ぬほどよくわかります。

    そして占い師になってから鑑定の毎日で気付いたこと、それは人はどこかでストレス発散が必要と言う事実です。

    義母に虐められている人が会社で新人を虐める、上司にいびられている人が部下をいびりまくる、現実では虐められている人がネットでは嫌がらせコメントをして英雄気取り、この事実を視ることができたら腹が立たなくなる、可哀想な人を相手にするのもバカバカしいからです。

    最近の傾向はSNSなどネット上で匿名で嫌がらせをしてストレス解消の人も多く、会社でも嫌がらせは大抵が陰でコソコソ、現実に相手に文句を言える人は少数派です。

    素敵なお客様方を鑑定させて頂いていると変な人に会うのが難しい、素敵なお客様方は天女のように素晴らしい方々ばかりなので、悪口を言うとか嫌がらせをするなどのおかしい人に出会えない、それが私の日常を平穏無事にして下さっているので本当にありがとうございます。

    会社でもネットでも同じことなので共通として解説しますが、良い意見を言うと必ずアンチコメント(反対意見)が発生、自分だけが正しくて相手は全て間違いと言う人が必ずいます。

    不思議なことに自分の貴重な人生を他人を叩くことに使って幸せを感じる、そんなことを幸せと感じるから始末が悪い、会社やネットでは強気なんですが、同じことを外でやれと言ったら無理、日常生活では初対面の人にいきなり攻撃する筈もないのに、会社やネットだと相手が自分に向かってこないと余裕でいられるからです。

    つまり、会社だと上司の自分に歯向かえないだろうと言う安心感、ネットだと匿名でどこの誰だかわからないだろうと言う安心感、こういう自分を守ってくれる場所でしか自分の意見を言えないのが共通点です。

    こういう人たちは日常生活で抑圧されてるからこその行動で、普段から言いたいことを言って周りから認められている人は批判はしない、本音で生きてると自信満々でストレスなど溜まりません。

    現実では窮屈な生き方をしていると、絶対に反撃されない状態なら攻撃してストレス発散したい、そして自分勝手に相手のことを分析して、お前はこういう人間であぁだこぅだと言って御満悦です。

    会社でもネットでも被害者意識の強い自信家が他人を叩くだけ、自分の主張を丁寧にできる人は誰かを攻撃したり嫌がらせしたりはなく、他人を批判するしか能がない人こそ卑怯者です。

    素敵なお客様方は上司など誰かに批判されても気にすることはなく無視でOK、嫌がらせをする上司や誰かがまともな意見を言う筈も無くストレスをぶつける対象だから、そんな個人攻撃でストレス発散する人の話を真面目に聞くことに価値はなく、他人を叩きたいだけの人の意見はスルーでOKです。

    世間ではためになる批判もあるなどと尤もらしい意見を言いますが、自分が嫌だと思ったら聞く必要はない、いくら正論でも正しいことは苦しくもある、100の批判のうち1個良い内容があったとしても、99も叩かれたんでは1の良いことなど帳消しになります。

    ただし、批判されることに一つ意義を見い出すとすれば批判される人は格上、人はどうでもいい人は批判する気にすらならない、自分の感情を揺り動かす~自分より輝いている~自分よりも上に行くと確信~自分は負けている、そう思ったら相手を批判するしかありません。

    他人を攻撃する人は自信がないから相手を批判してプライドを保つ、批判をする時点で自分の中の価値観に影響した訳ですから、批判される人は相手の人生を変えるくらいのパワーを持っていると言うことです。

    他人を批判する人は自分の頭の中にある正しいかどうかに従って生きているだけ、全ては自分の価値観内のルールですから、人には違った価値観があることを受け入れられず、他人も自分と同じ価値観でなければならないと思い込んでいます。

    だから相手を服従させないと気が済まないから批判、この世に自分こそ絶対的な正義であると認めさせたい状態で攻撃しています。 他人を批判ばかりする人は周りから批判されて認められてこなかったからで、自己責任を果たしていない人ほど他人を批判します。

    批判する人って批判する相手が必要な人生になっていて、批判することで自分の居場所を確保しているから、批判する人は批判する相手によって生かされている悲しい現実、そういう人を見たら自分は同じようになってはいけないと反省です。

    あなたは批判を、ちゃんと無視していますか?

    アリガト♪(*'-^)-☆パチン

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    子どもの時。

    おはようございます。 今日は何の日と聞かれたら、幸せに過ごせる日と答えていいくらい、そんな素晴らしい一日の始まりとなります。 自由に動けるのは素晴らしいこと、けがや病気で不自由したら気付くのではなく、今と言う時間そのものが幸せだと気付いて下さいね。

    大袈裟に言うなら日本にいるだけで平和そのもの、女性が夜中に独り歩きしても平気なのは日本だけです。

    さて、世の中には酷い人がたくさんいて警察が無ければ犯罪は増える一方ですから、どんどんと人間は堕落して言っていると未来に不安を持つ人が増えています。 そんな質問がある度に悲しくなりますが、昔よりも人情が薄れてきて自分だけ得すればと言う人が増えているのは事実です。

    何故なら、人口の増加と共に無礼な人が増えるのは当たり前、分母が大きければ文句も同様に増えて行きますが、ここで数学的なことを言うなら100人に1人マナーの悪い人がいるのと、1000人に10人マナーの悪い人がいるのでは、どちらも1%だから同じとなります。

    これは数学的なことを言うならその通りですが、実際の人間のマナーの良し悪しに当てはめると大違いです。

    公共の場所で100人のうち一人がマナー違反をしても真似する人はいない、逆に顰蹙を買うだけですが、1000人のうち10人のマナーが悪いと話は別で、10人がマナーの悪いことをしていると、自分もしても平気かなと言う気持ちになります。

    これが世間で言う「赤信号、みんなで渡れば怖くない。」で、悪いことだとしても他の人がしているのを目にすれば、それも一人ではなく複数がしているのを見れば自分もしても平気、そういう心理になってくるので、同じ1%がマナー違反をしたと言う話になっても1000人に10人だと悪影響は広がるのです。

    素敵なお客様からの質問で、「人はいつから悪いことができるようになるのか?」は凄い質問で、宗教やDNAなどを全て吹っ飛ばす一言で、どこから悪くなるのかは誰にもわからないとも言えますし、それがわかって説明できる人はノーベル賞が余裕で取れると思います。

    子どもは生まれた時は純真無垢なのに、いつから悪くなっていくのか、占い師として答えるならいつの間にかとしか言えません。 風邪を引いた時にかかった瞬間と治った瞬間が誰にもわからない、いつの間にかなっていつの間にか治ったのと同じです。

    保育園や幼稚園にいる子どもを見るとほとんどの子どもが純真無垢ですが、5~6歳くらいになると既に悪い考えの片鱗が出ていたり、狡いことが平気で出来る基礎ができていたりします。 これが小学4~5年生になると万引きや暴行や窃盗なども平気でするし、変な言い方になりますが中学生ともなれば立派な犯罪者常習者もいます。

    またまた、占い師からの視線で言うなら子どもが悪くなるのは親の教育が全て、どうしてもそう視えてしまうのですが、子どもの時から愛情豊かで甘えさせてあげることと教えることを両方きちんとしていたら、悪くなることは無いように視えてしまいます。

    ただし、それには親自体の人間性や強要や人格なども影響するので、子どもが悪くなるのは全て親(系譜)のせいとも言えると思います。 難しいご質問なので結論は出ないと思いますが、それを考えて行くだけでも違うと思います。

    昔が良かったなんて言いませんし、時代が違うのも重々承知した上で言うなら、昔と今で特に違うのは公共の場における子どもの扱い方です。

    東京で鑑定していると帰国子女やインターナショナルスクール、そういう教育を受けた人々の話を聞くと日本の教育は本当にあかんと思えますが、学校の先生自体が君が代反対など反日教育をしているのですから呆れます。

    例えば、海外の人が公共の場での親や周りの大人の反応に違和感を感じていますが、それは子どもなら何をしても許されると言う考え方に納得いかない、そう質問されて返答に困ります。

    公共の場で子どもが騒いでいるのを親が止めないのに違和感、その子に注意したら親が怒るのに違和感、子どもがしたことは何をしても優先に違和感、外国の人を鑑定する時に聞かれて困る質問の一つです。

    日本だと公共の場で子どもが騒ごうと放置しないと心が狭いと思われる、そう答えているのですが、子どもだから仕方が無いなんて言おうものなら海外の方より、「公共の場では静かにすることを教えるのが教育ではありませんか?」と更に聞かれます。

    アメリカなどの高級レストランは子どもがお断りですが、それはマナーと教養を身につけて、その場にふさわしい行いができる大人になってからお越し下さいと言う意味です。

    しかし、日本でこのようなことをしたらクレームの嵐、差別じゃないかとか、こっちは客だぞと騒ぐ親が出てきて大変なことになりますから、子どもの教育は大人がすると言う当たり前が無くなっているのが今の日本です。

    親が無理を通したら子どもや奥様に良い顔ができる、そういう無理を通すことが自慢と言うレベルの話が巷に溢れている以上は、子どものマナーの低下は延々と続きます。 その子が大きくなって子どもを持つようになったら、同じようにマナーの悪いことしか教えないのですから、マナーの悪い大人がマナーの悪いこどもを育てるとしか言えません。

    その脈々と続く系譜をどこで断ち切るか、それは自分であると断言するなら断ち切れますが、親がしていたから悪いことでも正しいと言う考えでは断ち切れない、私は自分の親がしていたことはだめだと言い切れるし、県北の教師は子どもへ教える資格が無いと言い切れます。

    親や教師に注意できるか、上司や社長に注意できるか、昔の私はできないで今の私はできるです。

    あなたは子どもの時、純真無垢でしたか?

    キョロ (゚ρ゚≡゚ρ゚) キョロ

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop