徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    嫌いな人の幸せ。

    おはようございます。 いつも素敵なお客様方には、きっと良いことがてんこ盛り、悪いことなど一つも無いとは言いませんが、総じて良いことが多いと思います。 そう言い切れる、その理由は素敵なお客様方が、人の悪口を言わないからです。

    「お前が言うな」なのは重々承知の上の話となりますし、人のことは言えないと言うことが前提でのお話ですが、昔の私(県北時代)は人の悪口ばかり言っていましたし、もしもネット環境が整っていたなら、匿名で人の悪口を書きまくっていた筈です。

    県北時代はアルバイトなど無職も同然で暇でしたから、当然ですがアカウントを作って掲示板やブログなどに人の誹謗中傷を書き込み、そして自分の方が遥か下のくせに上から目線で、「あなたは馬鹿です~なんたらかんたら~」と、誹謗中傷をして悦に入っていたと思います。

    悪口を言うなと言われても悪口を言うのは楽しい、悪口を言うことでストレス発散、そういう側面があるのも否定はしません。

    しかし、私自身が悪口を言い続けてきたからこそ分かりますが、悪口を言うことで良いことなど一つもありません。 寧ろ、逆に自分へ悪いことが起こるのを気付けたなら、それで一つ成長できたとも言えます。

    私は占い師なので自分を運が悪いとは言いませんが、県南へ出てきてからは「私と縁がある人は強運の証拠」などと言ってきて、実際に私と縁がある人は運が良くなるとも信じています。

    さて、ここからが本題ですが、「では、どうして運がいいのか?」で、運の総量は決まっているから使えば減るし、どこかで補充しない限りは減る一方となってしまいますが、減る運を補充するならどこかからか運を持ってこないといけない、「じゃあ、どこから持ってくるの?」と、堂々巡りで分かっていませんでした。

    私は占い師として未熟者ですから常に勉強の日々ですが、この悪口に関することは2017年4月下旬くらいから気が付いたことで、「今頃気付いたの?」と言われるかもしれませんが、気付いてからと言うもの悪口は怖いと思うようになりました。

    運と言うのはキャパシティを上げない限り、100の人が50使うと残りは50、だったら50はどこから持ってくるのか、それについて私自身を例に取ると・・・?

    まず、「山崎は当たらない」とか「山崎は馬鹿」など誰かが悪口を言えば、その悪口一つに付き10の運が私へ貯まる、そして悪口を言われることに反論しなければ10貯まるから合計20、更に悪口を言われることで過去に犯した罪が一つ消えて、今現在の私に纏わり付くものを一つ浄化、これが運の貯まる仕組みの一つです。

    私は県北時代に虐められたので、小中学校で虐められた分の運、工場時代に虐められた分の運、建設現場時代に虐められた分の運、そして占い師になってからも事務所を借りる時に商店街や駅ビルや○○屋などから受けた嫌がらせの分の運、占い師としてリアルでもネットでも誹謗中傷された分の運、これらを足すと膨大な量の運が味方に付いていてくれます。

    それに冷静に考えると占い師になってからと言うモノ、一度も事故や病気や怪我に遭ったことが無い、もう10年以上も占い師をしているのに一度も休んだことが無い、これは自分の力ではなく目に見えない部分の助けがあったからこそ、私の誹謗中傷をしている人たちが身代わりになっているから、病気も事故もケガも何も起こらないと言う幸運が常にあります。

    そして微力ではありますが、素敵なお客様方を鑑定させて頂いた時、もしかして「良かった!」と思われた方がいるなら、その喜ばれた分だけの運が補充されます。 後は微力ながら寄付やボランティアなども、ひょっとして加算されているかもしれません。

    これらを全て足して(プラスで)考えてみると、私が運の良い占い師でいられるのも皆様のおかげで、これらを減らさないように使った分だけ補充する、そして幸運を素敵なお客様方にお裾分けして喜んで頂けるなら、もっともっと相乗効果でお互いが良くなれると思います。

    私は悪口を言われて辛いかと言われれば、正直、県北に比べたら天国みたいなもの、あの県北時代の地獄のような体験があるから悪口程度は人畜無害、鉄パイプで襲撃されたり周りを囲まれて殴る蹴るの方が余程嫌で、悪口を匿名で吠えているかまってちゃんなど幼稚園児がニコニコしている程度です。

    ここで悪口対処法と言うか馬鹿なことは止めましょうと言うお話ですが、あなたに取って悪意のある悪口を言う人がいたとして、それをわざわざ見に行く行為自体が愚かなことです。

    あなたの悪口を言う人は間違いなくあなたの悪口や誹謗中傷を言う人、その人に近付くと100%あなたの悪口を聞く(見る)ことになります。

    ここまで読んで分からないなら、もう一度、「あなたの悪口を言う人をあなたが見に行くと、その人は必ずあなたの悪口を言います。」と、これでも分からない人はいないと思いますが、あなたが自分で自分の悪口を見に行って(聞きに行って)気にしているだけです。

    基本的に悪口は人畜無害の理由ですが、あなたの悪口を信じる人は言う人たちと同じレベルだから元々仲良くできる人ではなく、逆に信じない人はあなたの味方なんだから今後もあなたの味方として仲良くできます。

    つまり、あなたの悪口を言う人たちは、そして悪口を信じる人たちは、あなたが一生関わらなくていい人ですよと教えてくれています。 そんな人たちと関わる時間が省けて助かった、そういう人たちが来なくて良かったが運命から見る真実です。

    私の運が良いのは素敵なお客様方と出会えたからで、その素敵なお客様方が幸せになることに全力投球で、私のことを嫌いな人は来ないから余計な力を余計な方へ使わなくて済むのは天国です。

    ここまで読んだら悪口を言われる方が幸せになる仕組みが分かったと思うので、今日から「悪口を言ってくれてありがとう、未来で起こる事故・病気・怪我などあらゆる不運を引き受けてくれて、ありがとう!」と、一日に好きなだけ言って感謝すると、ますます悪口を言われるだけで良いことが起こります。

    ホント、悪口は怖いと言うのを、4月下旬から視てしまったので怖いです。

    あなたは嫌いな人の幸せ、祈ることができますか?

    ハイ(^-^")/

    東京鑑定:現在は5月の予約を受付中で、9~4月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    自分へ返る~後編。

    おはようございます。 今日は昨日の続きなので、前振りは無しで始めたいと思います。

    周りに悪口を言う人がいない人生は楽しい、県北時代は別として、今の私の周りには悪口を言いまくり人の足を引っ張り、揚げ足取りや嫌がらせなどをして喜ぶ人はいない、素敵なお客様方も全てが良い人ばかりです。

    だからこそわかるのですが、私を虐めていた県北の人たちの今、そして占い師になってから数々の嫌がらせをしてくれた商店街やデパートや駅ビルの人たち、あれから10年が経ってみて悪口や嫌がらせは良くないと痛感します。

    その当時、私を丸裸で追い出した倉敷○○屋や駅ビルや商店街がどうなっているか、少なくとも働いている人たちを大切にしているようには見えないし、人に嫌がらせをした報いが返ってきているとも言えますが自業自得、あんな状態では既に相手にする必要も無いレベルです。

    もし、気持ち良く場所を貸してくれていたら倉敷○○屋でも駅ビルでも商店街でも、鑑定のついでに見て回る人が増えたかもしれないし、私がいることで遊びに行ってみようと思った人がいるかもしれません。

    今となっては頼まれたとしても、倉敷○○屋や駅ビルや商店街に入居はしませんが、わざわざ危険を冒してまで沈みそうな船に乗る必要がありません。

    当時、賃貸交渉に行った時に「あんたみたいな人間は、いつ、おらんようになるか分からん。」と、けんもほろろに追い返された時も懐かしいのですが、そう言った駅ビルは無くなりましたし、倉敷○○屋や商店街は気の毒な状態なので、働く社員さんたちの為に依頼さえあれば売り上げ改善のお手伝いをしたいです。

    だからこそ悪口は自分へ返ると断言できますが、悪口を言う人たちは例外なく不幸になっている、商売をしていなくとも恋愛や結婚で痛い目に遭うなど必ず戻りはある、悪口を言っていた人で結婚生活がうまく行っている人は、ほとんどいないと思います。

    10年後を視た時、良い相手とは上手く行かずにダメな人とは上手く行く、仕方なしに選んだと言うかもしれませんが、ダメな男と釣り合う位置に落ちていることに気付けないのです。

    悪口を言う人は例外なくダメな相手を選んでしまう、他人を見下した欲求が強いせいか、人を見下すことで自分を偉く見せて精神の安定を保っている、その悪い思考がこびりついてしまうから、10年経ったら自分が言っていた通りに自分がなっているだけです。

    仮に「お局様はうるさい」とか「ああはなりたくない」など、そんな風に見下げて悪口を言っていたとしたら、今度は自分が同じことを言われる年齢になってきています。 そうなると会社の後輩から全く同じことを言われて、どうして自分がこんなことを言われなきゃいけないのかと悩むようになります。

    つまり、毎日毎日、「結婚、どうするんですか?」や「この先の人生、どうするんですか?」など、自分が言ってきたことを聞かれ続けるのは辛くなって、会社を辞めて収入すら減る可能性も出て来る憂き目に遭います。

    今まで悪口を言って来た人たちは、ほとんどが貶していた通りの自分になっている、人のことを言ったつもりなのに自分がそっくりそのままになっている、自分が発した言霊が自分に返ってきてしまうのです。

    本当に言霊のパワーは凄い、良い言葉を使って相手を褒めたり喜ばせたりしたなら、その言霊はいずれ自分に返ってきて幸せになるのだと思います。

    私は相手を視る時にイケメンとか美人などと言う観点で視たことが無く、学歴や職歴でも視たことはなく、ただ、人としてどうかの人間性のみ、世間で揶揄する言葉の、ああはなりたくないなども考えたことすらないです。

    男性は馬鹿だの低能だの他人をこきおろす人が凄く多いけれど、占い師をしていると自分が一番と思っている男性に出会うのは日常茶飯事、とにかく自分の能力は絶対で相手は全て馬鹿か低能、そう考えている男性が大半と言っても間違いではないほどよく見ます。

    人間には向き不向きもあり、本人がコントロールできない生まれつきの部分について、他人が文句を付けるのはお門違い、人は何歳でも頑張って生きていける、間違いながら進んで行くのが人生、周りにいる人は全てが教師にも反面教師にもなりうるのです。

    基本的に良い意味での無関心が心のバランスを取りますが、相手にするから頭に来る、気にするから相手も逆らう、そういう嫌な相手にだけではなく、無関心でいてあげるのが時には優しさになる、失敗は見て見ぬふりをすることが優しさになるのと同じです。

    心が傷付いている時は触れないのが優しさ、それを一々取り上げて聞く、解決の手伝いと言うかもしれないけれど、そっとしておくことが優しさ、あれこれ聞く方が心の傷を広げます。

    言霊は本当に効き目があり、悪口を言うから悪口を言う相手が近寄ってくる、言わなければ近寄ってこない、これ一つ取っても言霊の効き目があることがわかります。

    言霊の恐ろしいところは、今は関係ないように思えても積み重ねていくと何が起こるか、良いことばかり言って相手を喜ばせていると、自分に取って良い発言をしたら叶う確率が上がります。

    つまり、相手の悪口ばかり言っていると自分に取って悪いことが実現しやすくなる、そして周りから悪口を言われても実現しやすくなる、ここまでくるとどうしようもない、過去の積み重ねを反省して下さいとしか言えません。

    私が「10年先を視ると~」と言うのも、1年や2年で結果はでなくとも10年経ったら間違いなく結果は出てしまうからで、結婚しなくても良いと選り好みばかりしていると10年先に選り好みをされるようなものです。

    悪口ばかり言って相手に嫌がらせばかりしていると、10年先には自分が同じようにいたぶられて躓くことになる、それは自業自得で誰のせいでもありません。

    自分がしたことは自分へ返る、それを経験したら人の悪口は言えないし、人への嫌がらせもできません。

    あなたは自分へ返る、経験したことがありますか?

    m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    自分へ返る~前編。

    おはようございます。 青空は誰の上にも公平にありますが、その青空はどこまでも広がるから、その空の下には自分が知っている誰かがいる、その誰かと同じ空の下にいる限り一人ではない、本当に一人なのは孤立して周りから疎まれている人です。

    今日は人の悪口ばかり言っている人のことについてで、今は会社の陰口ばかりではなくSNSなどで誹謗中傷や嫌がらせのコメントを残したり、そんなことばかりしているとネットだけではなく実社会からも運命からも嫌われます。

    昔から因果応報とか人を呪わば穴二つなど、誰かに嫌がらせをしたり悪口を言うと結局は自分に返ると言う、当たり前のことすら分かっていない大人(男)が増えたのは嘆かわしいことです。

    あなたの周りにも探さなくてもいると思いますが、いつも何かしら誰かの悪口を言っている人、何かと言いがかりをつけては自分が偉い気分になって、あれこれ上から目線の人など多いと思います。

    悪口は言った時はすっきりするような気がするけれど、自分の脳を攻撃してることを知らない人が多い、その脳への攻撃も長期に渡ると大きなダメージを与えてしまうので、リカバリーのスピードもどんどん衰えて脳の中は強大なストレスに侵食され、ネガティブな思考ばかりが自己主張し始めてしまいます。

    悪口は不運と同じく伝染性が非常に強いもので、伝染する→悪口を言えば言うほど自分の悪口が広まっていくだけ、どんどん伝染して~いつの間にか自分の居場所を失い、誰にも信頼して貰えない人生になります。

    正直、悪口の多い人は男女問わず嫌われるのに、それでも悪口を言う人は減らないまま、言えば言うほど自分で墓穴を掘ることに気付けないのです。 悪口を言うような口の汚れた人に心を開いてくれる人はいない、ようは綺麗な心の人は汚い心の人とは縁が無いと言うことです。

    悪口は聞いている方も、嫌がらせは見ている方も、どちらにしても気持ちの良いものではなく、しかも悪口や意地悪を聞かされ足り見せられたりの方は、同調すれば悪口を言ったことになるし、否定すれば自分が標的になると言う、どちらにしても損をする状態です。

    こうなれば悪口の片棒を担いだようなもの、決して気持ちの良いものではありません。

    悪口を平気で他人に聞かせられる人とは、それを聞いている相手が嫌な気持ちになってストレスを感じ、負のエネルギーに巻き込まれたりすることに一切の配慮はなく、こういう人はネガティブなエネルギーを発する迷惑な人です。

    悪口や誹謗中傷など意地悪な言葉やネガティブな行動ばかり、そして他人のSNSに嫌がらせを書き込んだり、相手にされていないのに匿名でしつこく攻撃するテロ行為、そんなことばかりしていると、その場ではスッキリしてもいずれは自分に帰る行いです。

    悪口やネガティブな言葉は社会全般、つまり、家庭でも同じこと、子ども前で夫婦喧嘩はダメですし、子どもの側からすると馬鹿な大人が幼稚な喧嘩をしていると見透かされます。

    妻(母親)が夫(父親)の悪口ばかり言うのも、その逆も間違いなくアウト、子どもに嫌な刷り込みをしているだけ、父親が嫌いとか母親が嫌いと偏った感情を作ってしまうだけ、それに悪口ばかり言っている人は顔が意地悪と言うか、醜く歪んでいることに気付けないのです。

    どんなに綺麗にメイクしても目つきも悪く、口が歪んで嫌味な顔と言うか、険のある怖い顔になり、そのストレスから更に悪口を言うから余計に口が汚れ、面と向かって言えない時は他人のSNSやブログなどへの誹謗中傷、そういう行いは全て自分へ戻ります。

    占い師をしていると、自分が発した言霊は必ず自分に返るがよく理解できますが、自分で努力せず、人にケチをつける人は、自分にケチを付けて文句を言っているのと同じ、それに気付けないといつまで経っても人のせいにし続けます。

    そういう人が他人に悪口や文句を言っている時の顔は、少なくともいい顔はしていないし、人に好かれる顔とも言えません。 本人の体内では良いアドレナリンが出ている筈ですが、周りから見ると鬼瓦のような顔になっているのが気の毒です。

    悪口の怖いところは自分で自分に、その言葉を浴びせているのと同じ、そうなると悪口を言う人の表情は、そういう鬼瓦みたいな表情で固定される、脳や潜在意識には悪口を言う自分の言葉も刻まれますから、いつかは別としていずれは実現してしまうのです。

    占い師をしていると悪口は実現する法則が視えてくる、悪口は言った通りになってしまうもの、恋愛や結婚を例に取ると20代で相手を探している時に周りの人の悪口を言った人たちは、それから年月が過ぎて30代~40代になった時、見事に自分が言っていた悪口の内容の通りになっている筈です。

    悪口を言う人で幸せになっている人は一人もいない、例えば、「あの人、スタイルも悪いし顔も悪い。」とか、「あれ、センス悪い、酷いよね~。」とか、「あのお局様、独身で捻くれて可哀想、あぁはなりたくない!」など、そうやって人のことを言う人は意外と多いのです。

    それを聞かされている方は気分は良くないし、そこまで言わなくてもと思う時もある筈ですが、それを嫌だと思う人は悪口から離れる人生になる、すると親しくなる人達は悪口を言わない人になって行きます。

    こうやって周りが良い人だらけになるなら人生は正解と言えますが、周りが悪口を言う人だらけになるなら、もしかして人生の歩み方が間違っているのではないかと思い直すのも、一つの学びになるかもしれません。

    長くなりそうなので、明日の後編へ続くです。

    m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    人間関係。

    おはようございます。 今朝も会社へ行く時に嬉しいと感じながら行くか、つまらないと感じながら行くか、同じ行くなら嬉しいと感じなければ運気下降、つまらないと思えば本当につまらなくなります。

    毎日をつまらないと思い始めると心に隙が生まれ、ろくでなしに引っかかったりしますが、男女関係で寂しさを埋めるだけの関係は危険です。

    今の時代はSNSでいいねやリプライをしてくれたら友達、昔なら通りすがりの筈が今は○○友達と表現する場合が多いです。 それらは良い時には友達と言うけれど、何か事が起きたら味方どころか悪魔になる、真の友人とは困った時に支えてくれる人のことです。

    人間関係で悩んだ時は冷静に、この人と一緒にいるだけの価値があると思えるなら引き続き付き合う、いいえやどうしようと迷うならば距離を置きなさいと言う暗示、心に無理しているか否かに自分で気付くことです。

    世の中には何でもかんでも理屈をつけてあれこれ批判する人がいるけれど、そういう人ほど沈黙しても批判する、多く語っても批判する、善を語っても批判する、悪を語っても批判する、結局は批判する為に批判するだけの存在で役立たず、強いて言うなら批判する人間の本性と底の浅さを学べることに感謝です。

    虎と兎が同じ場所で生活しないように、人間だって違う考えの人が同じ場所で生活すると息が詰まる、下劣で姑息な生き方しかできない人たちは心優しくて暖かい人たちと関わりたがるけれど、悪口と言う武器で応対してくる以上は下劣な世界で生きて行くしかありません。

    人間社会に恨みや妬みや嫉妬が起こるのは必然で、眠れない人に夜は長いし、疲れた人は道が遠く感じるし、常識を知らない人は悪いことがわからないし、正しい道を歩けない人に恨みや妬みや嫉妬は押さえられず、思いを開放するだけの人生に残るのはいつも空虚だけです。

    人生で躓くと人は他人に対して攻撃的になるもので、俺がこんな思いをしているのに何であいつは良い思いをしているんだなど、本当は自分に原因があるのに何故か原因から目を背け、恨みは他人に向けられ勝手にイライラしてドツボに嵌る人生になります。

    今は心が荒んでいる人が多いせいか、悪口で悩んでいる人の御相談も増えてきましたが、身から出た錆と言う言葉があるように、あなたを不幸な目に合わせる人は100%、他からも恨みを買っているので、そういう人を相手にするのは自分を大切にしていないと気付いて下さいね。

    私が寄付やボランティアについて語れば、「そんなの俺だってする気になればすぐにできる」と言う人がいるけれど、善をするのは早くしたもの勝ち、善をするのに理屈を付けてしないでいると、心は悪を楽しむようになり善自体を忘れます。

    「自分だけは大丈夫、天罰など来ない。」と人は思いがち、しかし、善行を舐めてはいけない、水一滴は僅かでも一滴が積もり積もれば水瓶を溢れさせる量になる、善なる人は小さな善を積み重ねて行くから幸運に恵まれてつきまくりの人生です。

    悪口を常に言っている人は悪口の存在が近くにあるから、常に悪口のある状態で生活する為、自分も言われているのではないかと疑心暗鬼になり人を信用できない疑念の生活のまま、人との共感を求める為に悪口仲間を作り自ら不安な状態を続けるしかない人生です。

    誰かの悪口を100万回言ってもあなたの人生は何一つ良くならない、悪口を言って人生を無駄に過ごすよりも悪口を言われる立場になる、その方が遥かに面白くて素晴らしい人生です。 悪口を言われる人は魅力があるから人を引き付ける、悪口も興味を持たれるからこそで、言われる人にはオーラやカリスマ性があります。

    悪口を言う人の中身は本当のことを直視は怖いから目をそらし、根本にある問題や原因を見ようとしない、その恐怖が他人への攻撃に向かう、誰かを攻撃~誰かのせい~それで問題から目をそむけ、俺は悪くない~アイツが悪い、そうして責任転嫁すれば自分が傷つかなくて済みます。

    単なる愚痴や単なる悪口と思っているのは危険信号、そういう愚痴や悪口を甘く見ていると火傷する、その小さな炎がどんどんと大きくなり、やがては周りにいる人全てを焼き尽くす、最初はたき火でも山火事になると手に負えない、傍にいると必ず巻き添えになります。

    どうしても悪口が出てしまうなら本人に直接言えないことは言わないが基本、直接言える勇気も根性も度胸も無いからこその悪口ですが、悪口を言うと楽しくて頭も心も身体も調子良いと言う方は別として、悪口は呪いで自分に返るから怖いです。

    悪口は楽しい人たちは本人がいないところで仲間と悪口、その時は楽しい筈なのに、その後に訪れる嫌な感じは、結局は無意味と言う暗示です。 その相手を腐しているようで実は悪口を言う相手に自分の心と時間を支配されている、すなわち、悪口とは言う方が負けているからです。

    気付いたら怖いことですが悪口って言うのは呪い、悪口を言う・恨む・妬む・僻むなど、これらは全て呪いに分類されるので人を呪わば穴二つと言われるように、悪口も呪いなので自分に返って来るので、100の力で悪口を言えば自分にも100で返ってきます。

    怠けている人は雲に隠れた月だから、今は怠けている人でもやり直しはきく、これから怠けないなら、遮っている雲から抜け出してきちんと照らすことができる、真の怠け者とは雲から抜け出すことすら放棄している人です。

    この世に生まれて来てくれて、ありがとう、この世に存在してくれて、ありがとう、この二つを言われることが人間の証明、私と縁が繋がる方々は全員が二つを満たしている、だからあなたは素晴らしい人、お会いできることが私には極上の幸せで、ありがとうございます。

    分からない人と交わるのは無理、無理に迎合しようとしても心が拒否する、本当に嫌なら相手にしないと言う生き方も必要で、人間関係を難しくしているのは実は自分かもしれないと気付いて下さいね。

    関わらない方がいい人とは関わらない、向こうが絡んできても無視、相手にするから縁が切れない、昔から○○は相手にするなと言いますから、わざわざ自分から○○をしてにする必要はありません。

    あなたは人間関係、無理していませんか?

    m(__)m

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    不幸な暇人。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様方にお会いできるかと思うと天にも昇る気持ち、お会いできることで私が元気を頂けるので、本当にありがとうございます。 素敵なお客様方のおかげで助かる人が大勢いる、それに対する運命の御褒美は必ずあると思います。

    さて、天女のような皆様には関係ないことですが、悪口大好きな人もいるのが人間社会の常、その悪口には二通りあり、事実を述べているが言い方に悪意があると、事実に基づいていない内容を悪意を伴って言うで、悪口とは後者が大半で悪口を完全に捏造は不可能なので、自分の持つ罪悪感から悪口を作るしかないので悪口=自分のことです。

    悪口を言えば言うほど相手を成長させてしまいますが、私が悪口を言われたら「だったら、私と縁がある方々に、もっと喜んで貰おう!」と、私と縁のある人を幸せにすることに燃える、その一つが新年会や食事会などの楽しい時間で、それを知る度に悪口を言う人たちが悔しがるだけです。

    世の中には悪口を言うのが大好きな人もいるから、それはそれで個人を尊重して悪口大好きも良いと思います。 その代わりに悪口が三度の飯より好きと言う人たちとは離れるし、悪口が好きな人は悪口仲間に入る、それだけの違いで難しく考えなくてもいいんです。

    悪口は盛り上がる→参加して盛り上がる人→同じ悪口を言う人→悪口が好きな人達が集まって盛り上がる→類は友を呼ぶとなり、似ている人たちは自然に集まるから自分の周りに悪口を言う人が多かったら、自分も同類の可能性が高いとも言えます。

    悪口は本人の前で言わない&本人に聞こえないように言う、今は悪口仲間たちと仲が良くて一緒に馬鹿にしているけれど、仲が悪くなったら今度は悪口仲間から自分の悪口を言われるだけ、今の関係が崩れたら今度は確実にあなたが標的となるだけの関係です。

    悪口を言う相手=嫌いの筈ですが、嫌いな人を頭に思い描くだけ嫌なのが普通ですが、悪口を言って自分から相手のことを思い描くのは変で、嫌いなら記憶から消す方が楽なのに嫌な思いを常に抱いていたい人だから、悪口を言う人はマゾ気質~ようはドMなんだから言わしてあげるのが徳積みです。

    他人の意見に振り回される人は愚痴が多くなりますが、悪口は不幸を呼ぶ呪文だから言ってはなりません。 相手の愚痴も一度目は聞くけれど、二度目からは話題を変えるのも思いやり、悪口とは意地の悪い人の慰めと同時に、あなたの身代わりに人身御供になる呪文です。

    何故なら、嫌いな人の悪口を言うことで嫌いな人の運を良くして、嫌いな人の不幸を肩代わりして嫌いな人の未来を良くする、こんなバカバカしいことをするより悪口は言わない、そして悪口を言われることに感謝して幸運を頂く、そうすると意外なほど好転は簡単です。

    この世は悪口で望みが叶うことはないから悪口を言っても良いことは何一つなく、悪口が無くなるのが理想でも完全に無くなることは100%無い、言われるのは嫌かもしれないけれど、悪口こそ自分を成長させてくれる言葉と思えば少しは気が楽になりますが事実でもあります。

    世の中は悪口や批判や罵倒で人は変わらない、人の心を動かしたり変えたりできる言葉は、いつだって優しい~誠実~丁寧と言った言葉で、自分の過去を振り返った時に悪口や批判や罵倒で心が感動したことは無い筈で、何かを伝えたいなら悪口を言わないのが絶対です。

    ただし、私の悪口はいくら言ってもいい、それでストレス発散のお役に立てて嬉しい限り、言われる悪口が少ないと未来で起こる幸運が減るし、過去の罪滅ぼしや自分の浄化もできないので悪口大歓迎、言われるほど予約が増えるから、わざわざの悪口は本当にありがとうございます。

    普通の人は悪口大歓迎はできないかもしれないので、馬鹿は相手にしないと言う気持ちでいること、人はあなたに向かってあれこれ言いたがるもの、人として肝心なことさえ守れば相手にしないでいい、おかしい人を相手にまともに反応して自分を追い込まないで下さいね。

    一生懸命な人は知恵や行動が出るけれど中途半端な人は愚痴や不平不満が出る、いい加減な人は言い訳や逃げが出るし、自分の周りにどのタイプの人が多いかを認識できたら、それが今の自分の立ち位置だから変える努力が必要です。

    誰だって人には言えない苦しみや悲しみはある、それを一々言わずに黙っているだけ、それを言えば愚痴になるから言わないだけ、自分が一番不幸だと思う人は家族や友人知人などに守られる環境だから、外の世界を見ずに済んでいるだけで本当は幸せそのものです。

    世間でよく使われる専門馬鹿と言う言葉は揶揄ではなく名誉、専門分野で秀れている人は専門外でも知識や教養のある豊かな生活を送れる、専門を極めている人こそ色々なことに興味が出る、一つで突き抜けると魅力が出るから、何か一つでいいから特委や専門を作るのが魅力になります。

    悪口を言う人は元少年Aと同類、元少年Aは自分に携わっていた人たち全てが、自分の顔や名前などの情報を漏らさないと過信して、あの異常な挑発行為をしていますが、自分がしたことは自分に返るので、自分が困ってから謝罪しても許されないのは自分の責任です。

    悪口を言われて悩んでいる人は気にするなと言っても気になるでしょうが、「人の悪口を言わない人は賢い人、不特定多数に向けて発信する人は不幸な暇人。」です。

    悪口も陰口も嫌がらせも暇人のすること、プライベートや仕事が絶好調で毎日が幸せなら、わざわざ他人のことをチェックしてケチを付けない、自分がうまくいかず不幸で暇だから悪口や嫌がらせをするしかない、不幸な暇人を相手しても損するだけです。

    あなたが辛い思いをしていて、仮に99人が敵だとしても私はあなたの味方です。 たった1人の優しさに慰められることもあるから、たった1人でいいから自分の味方を作る、99人の味方を作るのは不可能でも1人の味方なら作れます。

    なお、悪口を言う人の気持ちもわかりますが、人生の明らかな差を見せ付けられると悔しくて悪口を言わずにはいられない、周りに人が集まり、朗らかで、笑顔で、楽しそう、それを横目で見て悔しがる、そんないじけた人生の人は必ず悪口を言う、自分が惨めなのを認めたくないからです。

    あなたは不幸な暇人、相手にしたいですか?

    (≧∇≦)b OK

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    人生を変える。

    おはようございます。 今日も元気で健康で生きていける、それだけで幸せな人生なので、朝から感謝できることが起きていることに感謝、何でもかんでも感謝できる人生なのは日本だからこそ、今の日本に不平不満があるなら次の人生は遠慮なく外国に生まれて頂けると、日本へ転生の競争相手が減るので助かります。

    このようにネタと言うか、冗談の一つも言えないようでは、感動を巻き起こすことはできません。 笑いがあれば家の中が暗くなることは無いのに、家族間のごたごたがある家のほとんどは間違いなく暗い、笑いが無いから感動が無いと負の連鎖の中で家族がうまく行くことはありません。

    私は県北時代(学生~工場~建設現場など)に孤独であり孤立していた、だから、そういう立場にいる人の辛さや悲しみがわかります。 それに1人で豪華な食事をするより普通の食事を大勢で分け合いながら食べる方が楽しい、それに気付けたのは素敵なお客様方のおかげで、本当にありがとうございます。

    私は知恵遅れと言われていたから人と比べられることの辛さと無意味さがよく分かり、子どもの発達が遅いと気にする親御さんたちは、周りの大人たちをよく見ればマナーが悪くて子どもにも劣る行為の大人がたくさんいることに気付ける筈、だから比べる必要はないことに気付いて下さいね。

    いくら強がったところで孤独や孤立は修行でも何でもない、単なる一人ぼっちで誰にも相手にされていないのを言い変えているだけ、人の最大の不幸は誰にも必要とされないことや誰にも認められないこと、孤独と孤立は心の病の元です。

    人の本性は一瞬で分かるものですが、親が倒れた時に面倒を見ない人ほど面倒を見る人に文句を言う、そして親が亡くなった時に面倒を見なかった人ほど自分の取り分が一番多いのが当然と言う、それは親の教育がそのまま出ただけのことだから骨肉の争いとは教育の結果です。

    実力のある人、皆から認められている人、社会的地位のある人、お金持ちで余裕のある人、仲間が大勢いる人、知識や教養の溢れる人、こういう人で怒りっぽい人を視たことが無いので、怒る人=そうではない人たちなので怒る人は相手にするだけ時間の無駄です。

    占い師をしていると人の怒りのほとんどは自分を認めてくれないことで、俺を認めろ、俺を敬え、俺の言うことを聞け、これ以外に怒りはないことに気付く、自分のこと(思想・思惑・行動など)を認めない以外で怒る人は余りいないに等しいです。

    人間は知識(学校における勉強や社会的なマナーなど)を知らないのは、一度恥をかいて学んで次からしなければ済みますが、義理や人情を知らない(欠く)と言うのは一度であっても取り返しがつかない、人は相手を許さない生き物で怒りは抑えられないほど根に持つ原動力です。

    結局、運に乗りきれない人の特徴は怒りと同様に考えすぎること、食事に誘われたら「真意は? 裏には? 何の目的が?」と考えていると、「じゃあ、いいよ。」と誘いは無くなるだけ、単純に行けばいいのに後で行けば良かったは後悔の元です。

    人は感謝が無くなると運が下がる、例えば、コンビニなど色々なお店の24間営業は大変だと思うのであれば、あなたの心臓や肺や胃や腸、そして脳や目や耳や手足など、これらは全て24時間営業で年中無休、こちらも大変なことを続けていると感謝するべき、それでも感謝していない人がほとんどです。

    人は何も無い状態で生まれてきて、大きくなるにつれて色々なことを学んで身に付けていく、それがお金だったり、知識だったり、スポーツに関することだったり、しかし、元々は何も無かった、そう考えると失敗ではなく元へ戻っただけで、全ては失敗では無く挑戦です。

    ただし、運が悪い人は捻くれているのも事実で、病院で「身体の調子が悪いんですけど→どこが痛いですか→身体です」と、こういう話をしていると医師も看護師も皆が困る、これは笑い話じゃなく占いへ来ても、「運動のプロになれますか?」と、競技名を隠す人はプロにはなれません。

    夢を叶える人は自分の夢を語れる、あなたの夢を叶える最良の方法は自分だけの夢にしないこと、あなたが夢を語る度に周りから応援して貰える、それだけでも夢に近付く原動力になり、やがては一緒に喜んで貰える、それが自分だけの夢から皆の夢に変わった瞬間です。

    サッカーでプロになりたいなら自分の力がどの辺りなのかを把握する、そうしないと練習方法や指導者や行くチームなど何も決めることができない、キングカズくらい余裕で抜けると言うだけなら簡単ですが、そんな未来が無い人程、色々と熱く語るのが不思議です。

    足が速いのとボールを持っても早いのは違うし、クラスで一番と言われてもプロのスピードは桁違い、ですからキングカズくらい余裕で抜けるとを言う時点でプロを舐めている、本物を知らない人程、言うことは立派になります。

    人生とはおもちゃ箱を開けるようなもの、自分が好きなおもちゃを探して自分だけのおもちゃを取り出して、そして自分だけのおもちゃの世界を作り上げていく、それが自分の人生を作り上げること、自分だけの自分が好きなおもちゃを揃えることが幸せです。

    悪口を言う人や嫌がらせをする人を相手にしても仕方が無いのは、自分が正しいと思っているから無駄、自分こそ正しいと思っているから無駄、自分が正義だと思っている人の考え方を変えるのは無理、だから相手にするだけ時間の無駄なのです。

    気持ちが動けば行動が変わる、行動を変えれば習慣も変化する、習慣さえ変われば心も変わり人格にも影響が出る、ちゃんとした人格が形成されれば運命が悪くなる筈が無い、悪口を言わないだけでもあなたに運命が味方する準備は整っています。

    人って心の持ちようで変われる、のび太君はどうしてドラえもんを頼りにしているかと言えば、困った時に秘密道具を出してくれるからではなく、困った時にいつでも話を聞いてくれて慰めてくれる、だからドラえもんが一番の親友です。

    あなたは人生を変える、そうしてみたいですか?

    ( v^-゚)Thanks♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    夢が叶う。

    おはようございます。 素敵なお客様方にお会いできると思えば嬉しくて嬉しくて、鑑定を休むなんてありえないことですし、もっともっと多くの方々とお会いしたい、そして色々なことを学ばせて頂きたい、本当に素晴らしい方々とお会いできる今の環境は幸せです。

    私は県北出身で虐められていましたから、それも生半可な虐めではなかったので、ニュースに出る虐めをみると「それくらいは我慢していれば、きっといつかは良いことがある。」と、助言したいくらいです。

    以前、同僚らに睡眠導入剤入りのお茶を飲ませ殺害しようとした事件がありましたが、私は県北時代にH班長を始めとして多くの人々が、女性のお酒に睡眠薬を入れるのを知っていますから、目を放したらやられると言う警戒感は県北で生活する以上は普通でした。

    だから新年会や食事会で席を外した時、飲み物や食べ物に何も入れられないなんて、県南の人や東京の人はなんて礼儀正しいんだと思いましたが、素敵なお客様方曰く、「そんなの当たり前で、何か入れようと言う発想がおかしい。」とのことでした。

    今でも覚えていますが2010年の新年会にて、飲み物へ何か入れると言う警戒感の話をした時、隣に座った男性のMさんが、「山崎さん、ここにいる人たちは、絶対にそんなことしませんから。」と、普通は飲食の時に異物混入はしないとの話でした。

    今では笑い話ですが占い師初期の頃、素敵なお客様方から頂いたお菓子などを受け取る時に、県北の流儀では何かを混入させて渡すから、その疑いがかなり強かった時代があり、今はありがたく頂きますが当時は食べるのが怖くて怖くて、県北時代のトラウマとも言えます。

    例え話で言うと、私は全て見抜くから被害に遭ったことはありませんが、給食に消しゴムのカスやトイレの水を入れるとか、ファンタオレンジにおしっこを混ぜるとか、タコ焼きに兎の糞を入れるなど、これらは当たり前の話で警戒感が強くないと何を食べさせられるか分かりません。

    工場時代でも、食堂で配膳されるタクアンが月曜日は鮮やかな黄色でしたが、火→水→木→金と段々と薄くなっていき、土日のタクアンは白色です。 何故かと言えば節約の為、食べずに捨てたのを洗って配膳に付けていたので、色が徐々に薄くなっていたのです。

    他にも使ったつまようじは先を整えて元へ戻す、割り箸は割らない状態の割り箸を二本使って食べて、それもキレイに舐めてから元へ戻す、こういういたずらが行われていたので、私はつまようじも箸も、よく見て使う癖がついています。

    そんな環境でしたから、私は中学2年の時に首つり自殺を考えました。 余りにも県北での虐めがきつかったから辛くて辛くて、2階の窓から投げ落とされたり、毎日毎日、教室へ入ると罵詈雑言、もしくは殴る蹴る、それを教師も見て見ぬふり、あれを耐えられたから今があります。

    虐められて良かったこともありますが、それは県南や東京で人の温かさを知る、見て見ぬふりをしない~卑怯なことはしないなどを学べたこと、女子職員人質事件の時に見て見ぬふりをしていた男たちとは違い、ちゃんと動けたのも虐められたおかげです。

    ただし、経済(富)なら一人だけ独占せずに広く分配すべきも正解ですが、運は勝手に増減できないから一人勝ちが多々あり、地球全体で運の総量は決まっていますが、個人の運の総量は決まっていないのが怖いところ、運は1人に集中することが多々あるのです。

    例えば、人に食事を奢った時に御礼を言われないと何となくムッとしたり、お礼くらい言えよと思うかもしれませんが、そんなことは気にしなくて大丈夫です。 その人が言わなくても神様が見ているから運の貯金は出来ている、そんな人を相手に怒る必要すらありません。

    そんなことより自分の人生を楽しく、そして自分の夢を叶える方が先ですが、夢の叶わない人の質問と言うのがあり、誠に残念な人たちがいます。 その質問とは「運動のプロになれますか?」~「夢が叶いますか?」~{仕事で成功しますか?」で、これらは主語も何も無い質問で、これでは人に応援して貰えないと思います。

    もう一つ、例え話をすると、2009年頃に五反田で鑑定していた時、ある女の子が鑑定に来て、「日本武道館を満員にして、皆を幸せにしたい!」と断言、この女の子の夢は叶いましたが、こういう明確な質問をする人の夢は、誰もが共感して応援しやすいです。

    それに夢を叶いやすくしたいなら、自分のことではなく相手が笑顔になっているのを見て喜べる、相手が元気になるのを自分のことのように喜べる、そういうことが開運へ繋がっていくヒントで、自分だけ得すれば~自分だけ食べられたら、そういうのは空しさだけが残る気もします。

    人間と言うのは自惚れは簡単にできますが感謝は難しい、どれだけ立派な開発や研究でも、どれだけ凄い発見や製造でも、先人の知恵や失敗が無ければ存在できなかった、それなのに自分一人の手柄かのように言う男は、結婚相手には不合格だと気付くのが失敗しないコツです。

    それに男だったら自分が一番不利な状況でも、それでも劣勢を跳ね返して意地を見せようとする、あれがダメだ、これがダメだ、そうやってやる前から負けることを考えるよりも、今の自分にできる最善の努力をする、それが結果を出す男の生き方です。

    占い師になって痛感するのは、素晴らしい方々にお会いしていると県北時代の私の行いが恥ずかしくなる、惨めで卑屈で人としてダメな生き方をしていたのに、素敵なお客様方にお会いできることにより、私をまともな道へ導いて頂いたことには本当に感謝しています。

    あなたが夢を叶えるとは簡単でもあり難しくもある、それをどちらに思うかは自分次第、あなたの夢はあなただけのモノではなく皆の夢、そうしてしまうと夢は叶いやすくなります。

    あなたは夢が叶う、それを夢見ていますか?

    (^人^)感謝♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop