徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    文句。

    おはようございます。 毎日、素敵なお客様にお合いできることが幸せ、ついつい贅沢な気持ちになってしまう弱い気持ちを奮い立たせるには、素敵なお客様の為に何ができるかを日々考えること、自分の為には頑張れなくとも素敵なお客様の為には頑張れます。

    私もできないことが多いし至らないことも多いので毎日が反省ばかりですが、その反省もしばらくすると忘れてしまうのが情けないところ、私自身がはっきりとした意志を持てばいいのに、言わなくていいところで言ったり、言わなければダメなところで言わなかったり、それができるようになるには日々の修行と学びが足りないダメな私です。

    昔から「人のふり見て我がふり直せ」と言いますが、これは人の姿(やっていること)を見て自分自身を戒めよとの意味ですが、ここで言うふりとは姿や行いや態度のことです。

    本当に人のふり見て我がふり直せですが、自分が気になる癖は相手も気になる癖があると言うこと、上司が常に貧乏ゆすりをしているなら、実は自分もしているかもしれません。

    同僚が常に鼻をほじって机に擦り付けているなら、実は自分も同じように鼻をほじって机に擦り付けているかも知れません。 貧乏ゆすりや鼻をほじるはついやってしまうことが多く、自分はやらないようにしようと思っていても、貧乏ゆすり、説教、自慢の3つは必ずやってしまいます。

    これだけではありませんが、自分では気付かないだけで相手に嫌な思いをさせる癖は誰しも結構あるモノ、それを言うか言わないかと、気付くか気付かないかだけ、そんなに大差ないことが多いのです。

    本当に人のふりを見ていると悪いところがすぐにわかるけれど、それを自分がやっていないかを考えると、そうではなくやってしまっていることが多いです。

    あなたが嫌だと思うことを誰かがやっているのを見たなら、嫌だと思うと同時に自分も同じことをしていないかどうかを確かめるようにすれば、自分が嫌なことをしなくなるので自戒にもなります。

    上記の諺は素晴らしいけれど、誰かを糾弾する為にあるのではなく、あくまでも自分を戒める為にある諺で、実際は人の癖なんかどうでもよく自分の行いを見よです。

    馬鹿正直に相手に「あなたを見て、自分の悪いところが分かるのでありがとうございます!」なんてやる必要はありませんけれど、自分自身が人のふり見て我がふり直せを心に止めておくと、自分の行いを改めるようと自分に言い聞かせることにもなります。

    同じように他山の石と言う諺もありますけれど、他山の石は他人のどんな言動でも、仮に誤っていたり劣っていても、自分の知徳を磨いたり反省の材料とすることができる例えです。

    このように諺には自分の悪いところを直すと言う部分が大きいのも、それだけ自分の悪いところを直すのは難しいからだと思います。

    上司の説教が長いからと言って、それに対して長いから止めてくださいと言った所で、「俺はお前の為を思って言っているんだ!」と反論されて逆に怒られる始末です。 自分の悪いところは気付かないし認めない直さないの3ないですが、人のふり見て我がふり直せができれば少なくとも相手を怒らせる、他人が敵となる事例は減ると思います。

    人はついついやってしまいがちで私も人のことは言えませんけれど、文句を言えば言うほど自分が不利になるのに、それでも相手に文句を言ってしまう、その文句を言う時は自分が正しいとか、もしくは自分の要求を通して欲しいなどが大半で、それにより自分が不利になるのにやってしまうのです。

    私は占い師として鑑定している時は何を言われても我慢できると言うよりスルー出来ますが、プライベートで文句を言われるのは耐えられないので、文句を言う人とは関わり合いにならないようにします。

    文句を言う人の要求を飲めば更に要求がエスカレートしますし、飲まなければ更に文句を言われる、どちらにしても自分が困るので関わり合いにならないのが一番です。

    こういう文句言いは相手にすればするほど図に乗る、相手にしなければかまってちゃんとしてしつこく文句を言い続ける、どちらにしても相手にするだけ時間の無駄、上司や同僚など色々な場面があるとは思いますが、遠ざけて近寄らないのが一番の得策です。

    まさに人のふり見て我がふり直せなんですが、相手の言うことは自分が言っているかもしれないこと、相手の言うことが嫌なことなら自分が言うことも嫌なこと、そう考えておけば味方ができなくとも敵が増えることはありません。

    占い師として色々な方を拝見していると気持ちはわかるけれど嫌われるだろうなとか、言いたいことはわかるけれど通用しないだろうなあなど、本人は正当な主張のつもりでも相手からすれば受け入れられない、どちらも自分の立ち場では正解なら関わらないのが一番です。

    主義主張を通せば通すほど自分は気持ち良いかもしれないけれど、相手は自分の主義主張を潰されたのですから、それで相手とうまく行かないと言われても相手からすれば嫌いな人でしかありません。

    文句とは言えば言うほど自分が損するモノで、一時期10万カウンターごとの食事会の写真を掲載しなくなったのも、それを見て不快に思う人が出て来たからです。 (今は画像掲載は再開しました)

    言えば言うほど自分が不利になることが多いので、文句はできるだけ言わないでおくと後になってから得をすることも多いのですが、短期的には損でも長期的は得をすると言う部分が理解できると、自然と文句を言わなくなってきます。

    あなたは文句を言う、やっていませんか?

    σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    今が幸せ。

    おはようございます。 今日も素晴らしい一日の始まりですが、朝起きてつまらないと思う前に目が見えて自分で自由に動けることに感謝、不平不満は自分で動かなくていいことが前提だといくらでも言えるから、なるべく自分に言い訳を作らせないように考えておかないと、人はついつい楽をしてしまいがちです。

    私も怠けないように気を付けないと楽をする方へ逃げてしまいがちで、県北から県南へ出てきて生活が変わりましたが、例えるならご飯が食べられるようになると、今度は冷えた御飯じゃなく温かいご飯が食べたいとなりました。

    県北では貧乏だったので節約の為に炊飯ジャーは炊くだけに使い保温は無し、電子レンジなんてある筈も無くご飯もおかずも冷えたまま、それでも食べられるだけで充分でおかずが無かった時は苦しかったです。

    今でも夜の御飯のオカズは一品で充分、御飯とウインナーを焼いただけ、ご飯と焼きのりだけ、御飯と味噌汁だけ、とにかく一品あればそれだけで御飯は充分、それ以上欲しいと思わないので、食費はお米がほとんどとなります。 (なお、ご飯は逆に温かい物が好きで、夏でも冷えたご飯はほぼ食べないくらいです。)

    素敵なお客様方は理解できないと思いますが、家で温かいご飯が食べられるなんて幸せ、おかずがあるなんて奇跡、だから小学校で給食が始まった時は嬉しかったけれど、今度は給食代が払えなかったので、それを先生や同級生から言われて辛かったです。

    今は給食代を堂々と払わずに平気な親も多く、払って欲しかったらもっと美味しい物を出せと言える親子も増えていますが、私は給食費を払わないなんてあり得ないと思っていますから、家が貧乏で給食費が払えず周りから責められるのも辛かったです。

    ただし、県北で給食と言えば、消しゴムのカスやトイレの水を入れるなんてのは日常茶飯事でした。 県北では配膳している間は教室の外へ出ていて、準備が整ったら教室へ入って良いと言うルールの為、今から思うと中で何をされても確認できない恐ろしいルールでした。

    なお、県北の工場で働いていた時も給食でしたが、ここでも県北ならではのルールがありまして、月曜日に新品のタクアン(黄色)がついてきて、食べない人の分を洗って使い回しする為、必ず土日のタクアンは白色になっていました。

    だから飲み物や食べ物へ何かを入れる、そんなのは当たり前だから占い師初期の頃は他人から貰ったモノには口を付けない、まるでゴルゴ13のように警戒していた時代もあります。 (今は、そんなことは無く、本当に頂けるだけで感謝です。)

    そういう経験をしてきたからこそ思えるのが幸せの中身で、幸せかどうかを考えたら日本に生まれてきただけで幸せ、五体満足であるならそれだけで奇跡、日常で行えていることは全て幸せなのに、不自由になるまで気付けないことこそが不幸かもしれません。

    人には贅沢や怠け心は誰にでもありますが、それを理性で抑えて毎日行きたくもない会社へ行ったり、やりたくも無い仕事を我慢しつつもやっています。 私も贅沢にならないようにと自分を戒めるのですが、ついついすき家やはなまるうどんへ行って贅沢をしてしまいます。

    本当は食べたい時に食べたいものが食べられて、お風呂にはいれて布団で眠れる、それら全てがイイことづくめなんですが、それを当たり前に思いすぎると自分が贅沢な方へ行くと、私も思いあがった傲慢な気持ちが出て来る度に、、それではだめだと自分を戒める様にしていますが、それを忘れるのが自分のダメなところです。

    だからこそ、いつも鑑定していて感じるのは素敵なお客様方は素晴らしいと言えることで、私はいつも素敵なお客様方から学ぶことが多く、色々なことを教えて頂けることで私が人間としてまともな方へ少しずつでも進める、それには感謝しかなくいくらありがとうと言っても言い足りないくらいです。

    占い師をしていて思うのは人生を変えるのは難しくはないけれど面倒ではあるとも言え、何もしなくても自動的に人生が変わる訳も無く、何かをすれば成功もあれば失敗もあるけど必ず変わる、そこを何もしなくとも良い方へ進むとしてしまうと、何も良いことが無いと言う生き方になってしまいがちです。

    私自身が県北から県南へ出る勇気が無かった、それは難しいことではなかったけれど面倒だったからです。 県年へ出るには一から就職先を探して引っ越しをしてとなり、それをするのが勇気が無くて面倒だった、地元にいれば少なくとも何も変えなくて済むと言う逃げの姿勢でした。

    素敵なお客様には面倒でも動いて欲しい、そうすれば何かが変わるから今が変われば未来も変わる、何もしなければ何も変わらないから変えて頂けることで、恋愛でも仕事でも何かが変わります。

    時間は命で有限だから時間を守れない人は相手にしない、たった1回で判断できないと綺麗事を言う人がいるけれど、自分の愛する人が手術しないと助からない、そして輸血用血液を待っている、そんな時に遅刻してきてもたった1回と言えるのかどうか、遅刻は1回で見切っても間違いはありません。

    時間は命、現在40歳の人が75歳で亡くなるとしたら残りは35年しかない、その35年をどう生きて行くのか、そこに自分の生き方が現れるのではないかと思います。

    再度繰り返しますと、日本に生まれただけで幸せ、電気も水道も、スマホもパソコンも、飲み物も食べ物も、全てが揃っているなんてありえない奇跡の国、海外の人が日本人に生まれ変わりたがるのも無理はなく、私も神様に頼めるなら次も日本人でお願いしたいです。

    今回、西日本を豪雨が遅い、多大な被害が出ておりますが、水道が使えただけでニュースになる、これが如何に普段は贅沢なことをしているかの証明です。 日本に生まれただけで幸せ、電気水道が使い放題なのは奇跡、本当は今が幸せであることに気付くことこそ、幸せの本質ではないかと思います。

    あなたは今が幸せ、それに気付いていますか?

    (≧ヘ≦) ムゥ

    お知らせ:東京鑑定の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    上位5%。

    おはようございます。 素敵なお客様にとっての幸せとはお金や物なのか、それとも当たり前が奇跡と気付くことなのか、それにより行く末が決まると言っても過言ではありませんが、目の前にあるもの全てが幸せと言うことに気付くと幸せが増えます。

    人は自分だけが凄いとか、自分だけは特別と思いがちですが、そうではなく人は意外と他の人と同じことをしている生き物でもあり、俺だけは特別と言いながら仮想通貨で大損している人の多いこと、FXでぼろ負けで奥様や銀行に借金と言う人の多いこと、人と違うことと言いつつ同じことしかしていないのです。

    ネットワークビジネスと名前を変えてもマルチ商法はマルチ、それなのに未だに儲かると言われて話に乗ってしまう人がたくさんいて、そして損をしたら国に責任を取れと言い始める、儲けたら自分だけが得しようとするのに損したら責任取れなんて、自業自得と言う言葉を知らないのかなと思います。

    自分だけは凄いと思い始めたら危険信号ですが、自分だけが凄いなんてほとんどあり得ない話です。 何故なら、自分だけが本当に凄ければオリンピックで金メダルとか、一部上場企業を10社経営など、自分で自分を誇示しなくても周りから見て凄いと自動的に言われるからです。

    自分で自分のことを誇示しなければならないなら、それは凄くないと言うこと、そして凄くない人ほど上から目線で相手のことを貶す、ネット上にはたくさんいるのでわかりやすいのですが、本当に凄ければ匿名で批判や批評はしないモノです。

    私も同じで人のことは言えませんが、どうしても人間は自分だけが凄いと思いがちで、鑑定をしていても気付くのは「それって他の人にも言えることですよね」と、堂々と聞いてくる人もいる時代で、これを言い出すと結婚は難しいし出世も難しいと思います。

    何故なら、これは自分を特別扱いしろと言う本音が出ている台詞だからで、自分は人と違う人間だから、そんな一般論を言うなと命令しているのと同じです。 これを占い師にやるなら全然問題はないのですが、上司や彼や知人友人にやるとどうなるか、結果は相手にされなくなり一人ぼっちです。

    人生の勝ち組と言われる人は少数派ですし、会社でも上に行けば行く程、ポストは減るから少数派、世の中は少数派に入る方が有利なのに大勢が選ぶ方へ進むと安心するけれど、大勢が選ぶと言うことは他の人と同じであると言うこと、他と同じなら自分だけではないのに、それを正解と思ってしまうのが心の弱さです。
    しかし、実際には少数派<多数派で見ると、社長<社員・金メダリスト<メダル無し・レギュラー<補欠・総理大臣<国会議員・世界記録保持者<平凡な記録と、これを見たら少数派の方が結果を出していると言うか、普通の感覚が磨かれているなら何かを感じると思います。

    もし、子どもに教育するなら少数派になれと教えておけば出世や成功は間違いなし、人と同じことをしていたら今後のAI時代に置いて行かれて職にあぶれて路頭に迷うことになるから、どこに着眼点を求めるか、それをよく考えて行くと最後には人となります。

    人に好かれる、人に嫌われない、八方美人とか調子のいい奴など色々と言う人はいるけれど、人に嫌われるより好かれる方がいい、言いたい人には言わせておけばいいから人に好かれるのが最善です。

    多数派より少数派の方が成功する、それを分かっている人は多いのにやらない、何故なら、人と違うことをするのは躊躇してしまうもので人と同じでないと不安、そうやって自らチャンスを逃してしまうのは勿体ないです。

    私は生まれるのが早かったと思うことがしばしばあり、2018年の時点で16~18歳くらいだったらと思います。 そうなると学歴も資格も家柄も顔も身長も無視、ひたすら上司に受ける~周りに可愛がられる、それだけに驀進していきます。

    会社で出世する為に会議では上司の案に賛成するのは勿論のこと、上司の案のどこがいいかをゴマスリすると間違いなく可愛がられる、会社の会議室とは自分の案を述べる場ではなく上司の案を褒めちぎる場です。

    ただし、だからと言って勉強しない訳ではなく勉強はするけれど、それは相手と話を合わせる為には知識と教養が必要だからです。

    さすがに必要最低限のことはしないとダメですが、仕事なんかどうでもいいからゴマスリに走る、その為にも必要最低限のことは学んで突き進む、その結果がどうなるかと言えば地位と収入が他と比べても格段に良い筈です。

    上位1割と言うか~上位5%に入ろうと思えば人と逆を行けば大丈夫、人と逆を行くからこそ宝を見つけたりするのに、どうしても人は人と同じなら安心してしまいがち、人と同じ道を行けば行く程、安心感は増すかもしれないけれど宝を見つけた時、取り合いか山分けなので結局は美味しくありません。

    どんな素敵な人でも10人いたら必ず半分の人には嫌われる、逆にどんな嫌われ者でも嫌われ者同士で群がるから必ず好かれる状態が存在します。

    それが人間社会で嫌われる原因の半分は自分でも残りの半分は相手側の問題で、相手が自分を嫌う以上はどうしようもない、話の通じない一方的に嫌う人間は見事に落ちぶれるから、そんな嫌われ者を相手にするより好きな人と過ごすのが正解です。

    今の時代は文脈が読めない、行間が読めない、空気が読めない、根拠を求める、自分だけ特別、揚げ足取り、皮肉や嫌がらせ、これが得意な人が多いからこそ素直で明るく言葉使いも丁寧で腰が低い、そうなれば成功は約束されたも同然、悪口を言わないだけで未来は約束されます。

    つまり、不平不満や悪口や妬みを言う人の方が多いのですから、褒めて煽ててゴマスリしてと相手を良い気持ちにさせる、そうするだけで自動的に上位5%です。

    上位5%とは少数派、人が行かない道にこそ宝がある、頭のいい子に育てる秘訣も人がしないことをさせるだけ、世の天才と言われる子どもたちは人がしないことをしているだけで、人がしていることには見向きもしないと言うのが上位5%です。

    あなたは上位5%に、入りたいですか?

    (ノд・。) グスン

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7 

    PageTop

    不機嫌。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰って参りましたが、こうやって何事も無く過ごせるのは幸せなこと、もっともっとと自分だけのことを考えていた県北時代よりも、県南へ出てきて占い師になって分け合う考え方になってからの方が、遥かに楽しくて充実しているのでありがとうございます。

    今日も青空が広がっているように止まない雨は無いし明けない夜は無い、必ず不幸はどこかで終わりを告げて好転して幸福がやってくる、そうではなくては人は生きていても辛くて辛くて仕方がありません。

    あるお母さんが鑑定に来られた時にお子さんを連れて来ていたのですが、その時に子どもがぐずり始めたら、「あのね、今、お母さんは先生とお話しているの。 だから、もう少し待っていてね。 ○○ちゃん、自分の機嫌が悪いからと言って人に当たらない。 自分の機嫌は自分で取るのよ。」と、そう言って聞かせました。

    私は素晴らしいお母さんだと思いましたが、今の時代は不機嫌でいることが平気な大人が多い中で、子どもに教え諭すことができるなんて凄いです。

    確かに自分の機嫌が悪いのは自分のせいで、周りの人には何ら関係ないのに機嫌の悪い顔をして周りに不機嫌を撒き散らす、そんなことではどうにもならないのに、それもわからず周りの人を不快にする大人は子どもに恥ずかしいです。 (私も人のことは言えません)

    例えば、電車に乗っていて隣に知らないおじさんがいて、いかにも機嫌悪そうにしていて嫌な感じ、何かをされる訳でもないし何かを言われる訳でもない、それでも一緒に居ること自体が苦痛の筈ですが、不機嫌でいることは周りに迷惑を掛けると言うことです。

    家で嫌なことがあったのを会社で部下に八つ当たり、会社で嫌なことがあったのを家で八つ当たり、そうやって不機嫌でいると不機嫌は伝染するものです。

    今回の大雨により倉敷市でも甚大な被害が出ましたが、だからと言ってコンビニに品物が無いと店員さんに詰め寄る姿は見っともないし、自分は安全な所から被災者を誹謗中傷するもの見っともないし、一円の寄付も一つの支援物資もしないの偉そうなことを言うのも見っともないです。

    こういう行動に出る人は虐めっ子と同じ、虐めをする子は何らかのストレスを抱えて精神的に病んでいる子に多いのですが、親から八つ当たりをされる毎日のストレスを晴らす為に学校で弱い者虐めをするのかもしれない、そうなると親が子どもに八つ当たりをやめれば虐めも収まる可能性があります。

    そうやって不機嫌は伝染していく、結婚が決まった同僚を見て妬んで、それに嫌がらせをするのも精神的に歪んでいるからで、どうして歪むかと言えば悔しいなどの思いがストレスになる、そして不機嫌なままで過ごすことになるからストレス発散には嫌がらせ、そういうことでもあります。

    そういう私も思い返せば昔は酷かった、人に嫌がらせをして自分がほくそ笑むなんて卑怯なことをしていたし、もっともっと自分だけが得したいと言う気持ちでしたから、それを思うと恥ずかしくて恥ずかしくて穴があったら入りたいくらい、本当に酷かったと反省の毎日です。

    その当時は自分が不機嫌でも、誰にも迷惑を掛けていないと思っていた時代ですから不機嫌でいるのは当たり前、自分が不機嫌なのに人に当たるのは間違い、人には関係ないことなのに自分が不機嫌なのは人のせい、そういう歪んだ考え方では開運どころか不運なのも仕方がありません。

    私が不機嫌でいることで周りにピリピリした空気や、嫌な感じの雰囲気を作っていたことに今更ながら気付けますが、もっと早く気付けていたらもっと早く人生が変わっていたのにと、勿体ないと思う気持ちがあるからこそ素敵なお客様には早く気付いて頂きたいのです。

    自分に何かが遭って機嫌が悪くなったのも、それまでの行いを見直しなさいと言う暗示かもしれないし、もっと広い見地から心を豊かにしなさいと言う暗示かもしれない、不機嫌になるべき出来事は自分磨きの為の修行かもしれない、不機嫌をプラスに返るのが自分の心持ち次第とも言えます。

    不機嫌でいると周りが迷惑、これに気付いていない人が割と多く、電車でも本屋さんでもどこでも不機嫌な人は多い、特にコンビニへ行くと如実にわかるのですが、レジで店員さんへ暴言を吐いたり無理難題を言ったり、何が辛くて八つ当たりしているのかと言う酷い時もあります。

    コンビニじゃなくても会社でも同じですが、イライラして不機嫌な姿を見せてしまうと評判がた落ち、不思議なことに一度でも不機嫌な状態を見せてしまうと、それ以外ではにこやかにしていても実はあんな面があるらしいよと言われてしまう、たった一度のことなのに人は嫌な方を覚えています。

    逆に言うと不良学生が空き缶を一つ拾ってゴミ箱へ入れただけで、本当は良い子なのねと騙される人が続出します。

    悪いことをしている人が悪いことをしなくなっても当たり前のことで、元々良いことをしていた人がもっと評価されるべきで、悪いことをしていた人がしなくなって評価が上がるのは間違いです。 悪いことを10した人は良いことを20してトントン、悪いことの倍は良いことをしてトントンですから、多少良いことをしたくらいではマイナスです。

    話は戻りますが不機嫌とは伝染する、それも強烈に伝染するので不機嫌を撒き散らさない、そうしないと子供にも劣る行為を大人がしてしまうことになります。

    最初に書いたように、自分の不機嫌は自分で直す、自分の不機嫌を人に直して貰おうなんてとんでもない、人のせいではなく自分のせいであることに気付くのが大人と言うモノです。

    今回の大雨で被害に遭われた方々は不安な夜を過ごしているし、今後の生活がどうなるのかと言う思いもあるから、大丈夫ですかと言う声もかけすぎると逆効果なので、頼られたら応じると言うスタンスで行かないと、善意の筈が相手を不機嫌にしてしまう可能性もあります。

    自分は同じ目に遭ったらどうするか、それを考えながら行動すると、善意が善意として届けやすくなると思います。

    また、今回の災害では多くの方から電話やメールなどでお声がけ頂きましたし、支援の申し出などもありましたので、本当に素敵なお客様方は素晴らしい人間性で感謝してもしきれない程、お気遣い頂いて本当にありがとうございます。

    あなたは不機嫌な人、どうしていますか?

    エヘ(*^^)'-'*)ウフ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    自分の使命。

    おはようございます。 人は何の為に生きているのかを探し始める時期みたいなものがあり、その時に納得できる答えが見つかると第二の人生がスタートするし、見つからないなら探し続ける人もいれば、探すのをやめる人もいるので様々です。

    自分の使命と言うのは大袈裟ですが、この世に生まれてきた以上は誰かの役に立つ、誰かの笑顔の為に、そういう部分を持っていると違う生き方を見つけることもあり、私は県北と今では全然違う生き方をしているので、自分の生きるべき道を見つけたら楽しいことを体験しています。

    その為にもまずは感謝からで、奇跡は毎日起きていると気付く、朝起きて顔を洗い出勤するのが自分でやれて、トイレやお風呂に一人で入れる、これらは奇跡なのに当たり前に思うことがほとんど、未来で介護が必要になる人生が希望なら今に不満を言い続ければ叶います。

    自由だからこそ自由に気付けないモノですが、小児がんの子どもたちは学校へ行く~ラーメン屋さんへ行く~本屋さんへ行くなど、我々に取って当たり前のことが夢です。 病室から外へ出られるだけで幸せ、今のあなたが普通にしていることは、誰かに取っては夢のような日常だと気付いて下さいね。

    人は自分の力で生きている様に思いますが、本当は何かによって生かされているだけ、それは歳を重ねると自然に気付くから今は感謝できなくても、その時が来たら感謝できるから今を一生懸命に過ごすのが人として最低限の役目です。

    昨年の小林麻央さんの件でも分かるように人はいつ死ぬかわからないし、今まで元気でいたとしても病気や事故や災難があるかもしれない、それなのに嫌いな人の為に時間を割くのは勿体ないから、時間は有効に使う為にも好きな人に時間を使うのが正解です。

    私がアホだったのは嫌いな人を相手にしたこと、昔と違い今は嫌いな人がいないのも嫌いな人と関わらなければ嫌いな人はいなくなる、それ気付いたからです。 嫌いな人がいるのは自分が関わっているからで、関わらない=いないになるから嫌いな人とは自分が作り出すと気付いてからは楽です。

    運が悪くなる未来の人に共通するのは自分の思い通りにならないことへ文句を言うで、例えるなら自分の意に沿う答え以外は認めない人が知人など周りにいたら敬遠する筈で、こうなると寂しい人生は確定です。

    自分の未来を明るくしたいなら一番の方法は自分の未来に恋をすること、自分の未来を好きになれないのに、そんな人を好いてくれる人はいないとは言わないけれど少数派、自分の未来を好きになることが人との縁や輪を作り上げる秘訣です。

    私は鑑定中でもネタを話すことがあり、それは悩みに対しては笑うことで気が晴れるからです。 悩み自体はすぐには解決できなくとも笑うことは今すぐにできる、笑顔になれないなら仕方がありませんが、笑顔になれないのに人と仲良くなることは無理です。

    人は何事によらず毎日がホームランなんて無理ですが、それでも毎日を全力で生きることは可能です。 毎日がつまらないと思うのはホームランを狙って三振、そうなるとつまらないのは当たり前で、ホームランより全力を積み重ねることが人生に充実を与えます。

    だからこそ人を嫌いになるより人を好きになる方が幸せで、人を嫌いになったら必ず悪口を言う人生になります。 そして人を嫌いになったら大抵は自分の方も嫌われているので、まずは嫌いな人など存在しないと仮定して、自分の嫌う気持ちにこそ問題があると考えて努力中です。

    嫌いな人を増やすより好きな人をどんどんと増やす、それを1年〜3年〜5年と続けていけば、その人生が寂しいなんてことはあり得ない、許す心を持つ人は多くの人から許されて、最後には人の輪に囲まれる人生になります。

    少し見方や考え方を変えてみて全ての人が大事と思ってみる、誉めてくれる人も悪口を言ってくる人も家族も他人も全てが今の自分を形成して、未来を良くしてくれる為の大事な人、その大事な人のおかげで傲慢にも卑屈にもならずに済んでいることに感謝と考えてみると、嫌いな人を相手にする無意味さも分かると思います。

    身体の調子が悪くてなんとなく気が沈む、そういう時の特効薬は夢を叶えることで、ワクワクドキドキがあると人は落ち込もうとしても落ち込めない、素敵な人との出会いは身体の調子の悪さなんか吹き飛ばす、結局は人により元気になれると言うことです。

    キングカズ(三浦和良選手)に代表されるようにサッカー選手は好い人が多く、昔からサッカーは子どもを大人にし大人を紳士にするスポーツと言われ、心を教えてくれる指導者がいるFCに預けたら心技体が成長できると思います。

    サッカーには深い言葉も多く、お金持ちになりたかったわけではなくサッカー選手になりたかった、この言葉には純粋さを感じますが、金〜カネ〜金とお金のことばかり言う人には人を助けたり幸せにしたりはできません。

    サッカーは自分が楽しくなければお客様も楽しくない、勝てばいいわけじゃなく美しく勝つことも大事、卑怯なことをして勝つより胸を張って勝つこと、それが観客の心を熱くします。

    孤独と孤立は違うなど自己啓発などではかっこよく語るけれど、私は孤独も孤立も遠慮したいです。 素敵なお客様方に代表されるように、素晴らしい方々とのご縁があるのが幸せ、言葉のマジックに惑わされず孤独も孤立も無縁の人生が幸せだと思います。

    人生で一番辛いのは誰にも必要とされないこと、悪口を言えば種蒔きで色々な所に種を蒔く、やがて色々な場所で花が咲くけれど、その花こそが一人ぼっちで刈り取っても刈り取っても方々で花が咲き乱れる、そうなったら自分の蒔いた種で咲く花を自分で見続けるしかありません。

    あなたが生きていて誰かに助けられる、そしてあなたも誰かの助けになる、それが人との関わりが生まれてきた意味で、何か大袈裟なことを成し遂げるのではなく目の前の人を助けるのが使命です。

    あなたは自分の使命、気付いていますか?

    ♪サンキュッ (v^-^v)♪

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    理不尽。

    おはようございます。 今回も無事に移動できましたが一寸先は闇と言う言葉があるように、自分の世界の中で起きていないからと言ってあり得ないと決めつけるのは世界が狭いだけ、自分の中には無くても世の中にはあると言う考え方が無いといざと言う時に動けません。

    私の体験した虐めの話をツイートやブログで読んだ時に、話を盛り過ぎや大げさすぎると言う人は自分の世界の中だけで生きている小さい人です。 世の中には自分の常識の範疇を超えていることがいくらでもあるのに、二階の窓から投げ落とされたや首を絞めて気絶させるなんて県北なら当たり前です。

    もしも、私の話を盛り過ぎと言うなら誰かが話しているの横から聞いたと仮定して、次のような会話を聞いたらどう思うのかを想像してみて下さいね。

    「この前さぁ、東方神起のコンサートの帰りにね、新幹線で日帰りしたの、泊まると次の日仕事だから。 そん時にね、疲れてうとうとしてたら、なんか悲鳴が聞こえたの、何?と思って後ろを見たら、男の人が鉈を持って暴れてたの。 女の人が血だらけになっていて、何人も襲われていたの。 びっくりしてすぐに目が覚めた~etc。」

    以上のような会話を聞いたらほとんどの人が、「そんなことあるか! 話を盛り過ぎ!」と思うけれど、先日の新幹線での事件がおきた今となってはあの事件のことかなと思う筈、人は自分の中に知っていることなら信じるのに、自分の中に無いことは信じないと言う狭い世界で常に生きています。

    そういう狭い世界しか無い人と結婚したら大変で、特に男性に多いのが自分の頭の中以外のことしか認めない、岡山県北では普通にやるのが運転中に合流地点での後方確認をすると怒る旦那様が多いのですが、合流地点では合流することが分かっているのだから確認する必要はない、だから確認したら怒鳴り付ける男性が多いので他の都道府県から来た方は注意して下さい。

    このように自分の中に無いとすぐには信じられないし、いくら説明されても最初から無いと言う頭でいると相手の話は全て嘘に聞こえてきます。 だからこそ自分の世界を広げる為にも色々な話を参考にできると思いますから、今日は理不尽な話を紹介したいと思います。

    例えば、インフルエンザになったので会社に休むと連絡したら、休むなんて許さないから出て来いと言って出社させておきながら、皆がインフルエンザにかかるとお前が出て来るから皆にうつしたと責める上司、こういう上司が本当にいるのに信じない人は多いです。

    次にレストランでよくあるのが女性店員さんを狙ったセクハラ&嫌がらせで、出された食事の味が違うとクレームをつけて、自分の食べかけを差し出して食べないと怒る、そして店員さんが断ると金を払わないぞと怒鳴り散らす、こういう人が増えているので迷惑そのものです。

    また、イベント会場などでよくあるのが子どもをダシにして無料で入ろうとする親の多さ、小さいから~障害があるからと何かの理由を付けて入ろうとするのですが、それを断ると怒鳴るどころか暴れて受付の人の胸ぐらをつかんでビンタ、そういう人も増えています。

    占い師初期の頃の話ですが、今なら穏やかに話せますが当時は怒りを出してしまったことがあり、お孫さんのことで鑑定に来ていたのですが、障害を持っている孫は可愛くないと言い切った御年配の方がいて、これにはカチンときてしまったことがあり私も未熟でした。

    そうかと思えば、岡山のお土産を買って帰ったある素敵なお客様が桃太郎の話などをしていて、子どもに鬼の説明をする時に鬼は美しい女性をさらってしまうのと言ったら、その子が「どうしよう、ママがさらわれちゃう!」と抱き着いてきました。

    ここまでなら良い話なんですが、それを見た旦那様が「大丈夫、ママは絶対にさらわれんから。」と言ったので、夫婦喧嘩になったのはマズかったと思います。

    他にもコンビニに来て両替代わりの買い物をする人が多いと聞きますが、給料日やボーナスの時になると一万円を出して10~100円の間の物を買う、これは人としてどうかと思うのですがやる人からすると平気だそうです。

    会社の旅行などでもよく聞くのが霊感のある人の話で、旅館の部屋に入ると何かいると騒ぎだして、あそこへ黒い影がいるとか、風呂場へ行く通路に子どもがいるなど、本当に迷惑な話ですが祓えないなら言わない、視えているだけで何もできないなら言わないのもマナーです。

    そしてある雑貨屋さんと言っても服とか家具なども扱っているお店で働いていた人が、辞める時に給料も安いし腹が立っていたのでお店の物を色々と持ち帰り、辞める前の憂さ晴らしとしていました。

    するとオーナーが辞める当日に退職金(餞別)をくれた上に欲しい家具を一つやると言い出して家まで運んでくれて、更に食事へ連れて行ってくれたと言う話があり、その人は心が凄く痛んだそうです。

    最後に理不尽な話だけで終わっては後味が悪いので、ほのぼのした話で終わりたいと思います。

    看護師さんが注射を打つ前に消毒する為、患者であるお爺さんにアルコールは大丈夫ですかと聞いたら、「わしは飲むのが大好きなんじゃ!」と言われて「アルコール=お酒」と勘違いしているのに気付き、なんかほのぼのして気持ち良く注射を打てたそうです。

    理不尽には理不尽が返るし、ほのぼのにはほのぼのが返る、だから思いやりを持って素敵な人間関係を築けたらと思います。

    あなたは理不尽な目に、遭ったことがありますか?

    (≧ヘ≦) ムゥ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    面白いこと。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様方は幸せな一日の始まり、何事も無く動けるのは幸せなことですから、もっともっと幸せにではなく今が幸せと気付けるかどうかで、自分の人生をつまらなくも面白くもどちらにでもできます。

    世の中には良いことも悪いことも毎日起こっているけれど、それを受け止める方が良い悪いを決めることもできます。 よく言われるコップに水が半分も、もう半分しかないと、まだ半分あるでは違う、それこそが受け止め方の面白い所です。

    自分のことを棚に上げて世の中がつまらないと思うのは昔の私そのもの、そう言いたくなる気持ちもわからないではないけれど、面白くできないのは自分のせいでもある、そう考えてつまらないを面白くに変える努力も必要ですし、まずは毎日が面白いと嘘でも思うことから始まります。

    極端な例ですと、ユネスコの世界遺産にどんな形でも決まって欲しいと願うのは、実は観光収入がアップするからと言う欲が根底にある、今までは誰も見向きもしなかったのに世界遺産に登録されただけで長蛇の列、そういう情報に振り回される世の中と言うのも面白い所です。

    そのユネスコの世界文化遺産への登録が決まった沖ノ島を保護の為、毎年5月に開催してきた現地大祭を中止にして原則入島禁止にしましたが、これくらいしないと観光マナーの悪さは予測できるし、女人禁制は差別だと騒ぐ時代ですから男女入島禁止は英断です。

    世界遺産に決まらなければ島に上陸できていたのに登録されたら入島禁止、これこそが観光目的の欲丸出しではない本当の遺産保護で、遺産を保護するのが目的で世界遺産を決めるのであれば、認定されたら立ち入り禁止にするのが本当なのに、観光目的=お金が欲しいだからできない相談なのが実情です。

    それから私が県北時代の食生活にて以前にもブログに書いた昆虫食、これは人の話を聞いているだけなら面白い筈ですが、地球上で食料が足りなくなってきている現在ではいよいよ本格的な調査も始まっています。

    実は国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食について色々と発表しているようなので、私は県北で食べられなかったので無理なモノばかりです。 昔は好き嫌いが多いと虐められましたけれど無理なモノは無理、カブトムシ・カマキリ・コオロギ・タガメ・ハチ・ミミズなど、私には絶対無理と言えます。

    できることなら昆虫を食べるのは遠慮したいけれど、このまま人口は増え続けると仕方が無いとなるかもしれず、未来では昆虫食も避けられないのかなと思いました。

    また、人は30代→40代→50代→60代となれば友人は次々に減っていくから、友人は常に作り続けなければ自然と減ります。 だからと言って無理な友人関係を作り続けると息苦しくなる、だから友人ではなく顔見知りや仲間にしておく感覚が自分を救います。

    人付き合いを大切にしすぎると息苦しくなり友人関係が重荷になる、友人ではなく顔見知りや仲間と言う輪の中にいるけれど交わらない、その感覚を作り上げると人生は楽になりますが、人付き合いが面白いと人生は凄く楽で楽しくもなります。。

    生きていて楽しいですかと聞かれて楽しいと答えられる人は、今現在が何不自由のない生活ができて悪口や嫌がらせとは無縁の生活、人の悪口を言う人は自分が幸せじゃないからこそ言えるのです。

    幸せな人に多いのですが自分で言わなくとも人が凄いなど称賛してくれることが多く、自分が凄くない人は自分で言わないと認められない、本当に凄ければ自分から言わないし言わなくても認めて貰えるから、結局は人の悪口を言う人たちは小物となります。

    なお、自分の不幸が他人の幸せではないので、自分を虐げることで相手を幸せになんて傲慢です。 まずは自分が幸せになることで余裕が生まれますが、問題なのは幸せになった後の行動に人間性や本性が出るので、その後が注意となります。

    悪口や嫌がらせをする人の怒りが好例で、しつこく何度も纏わり付く怒りは怒りに憑りつかれた人間の愚かさが見える筈です。

    残念ながら悪いことや嫌なことは吸引力が強く、良いことや素敵なことは吸引力が弱いからこそ人は悪いことに惹かれていきますが、悪い方へ行けば行くほど良い方からは遠ざかるので、良いと悪いのどちらに吸引されたいかは自分次第です。

    運の悪い人は自分の考えこそ絶対と考えて人を認めず自分を神と思う、運の良い人は自分の考えなどまだまだと学ぶ姿勢を見せる、それだけ違いが未来を大きく変えて10年後の自分を視た時、どちらが惨めな姿になっているかは火を見るより明らかです。

    世の中は急がば回れで焦っている人は大儲けを狙っては損をするからこその諺で、うまい話に騙される愚者はいてもうまい話を人に教える愚者はいないと言い、世間で騙される人の相場は自分だけ儲けようと言う心に原因があります。

    お金が人を変えるなんて間違いで、お金持ちになって傲慢になる人はお金持ちじゃなくても根が傲慢でお金とは無関係、良い人はお金が無くても良い人ですし悪い人はお金が無くても悪い人ですから、お金で変わるのではなく元々そういう人だからです。

    世の中には楽しいことや面白いことがたくさんあるのに、寄ってたかって自分より上にいるのが気に食わないと僻み妬み、そして邪魔して引きずりおろそうと企む暇な人が多く、温かで穏やかな人生を歩く人とは無縁ですから相手にしないことです。

    面白いことに遭遇したければあきらめないこと、努力が長続きしないのは自分の才能を信じていないからです。 自分の才能を信じられないから苦しい努力をしても結果など出ないとあきらめる、このあきらめは怠けると同じことで自分の才能を信じないことこそ無能と言います。

    口がうまければ得なんて言うのは気の迷い、仕事ができない人は大抵が話し上手の筈で、何故なら自分の正当性を主張する為に言い訳がうまくなる、自分は正しいと誤魔化す為には話がうまくなるものです。

    予定調和の道を歩いているなら予定通りのことしか起こらないのは当たり前、それを面白いことが起きないと文句を言う方が間違いです。 面白いことを体験したいなら人とは違う道を歩く、その冒険心の無い人には予定通りのことしか起こりません。

    あなたは面白いこと、起きていますか?

    アレレレ!?(・_・;?

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop