徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    正義の味方。

    おはようございます。 虐められている人を助けることはしても、虐めた人を虐めてやれと自分が天罰を下す権利があるとして、正義の味方のふりをして自分が同じ虐める立場になる、そんな狂気の世界へ足を踏み入れていることに気付いていない、そんな方向へ進まないのが人としての知性や教養です。

    日本人は親切で思いやりがあって素晴らしい国民だと信じていますが、それ故に逆に正義の味方になりすぎて、その正義の味方が真実も知らずに今度は自分が虐める方になっている、それすら気付かず正義の味方である自分に酔ってしまう、こうなると話を聞かない正義の味方の出来上がりです。

    果たして、日本人はいつからこんなに正義の味方が増えたのかなと思うのですが、ネット上では次々と正義の味方がリプライなどへ正義の書き込みをして、知らない人が見るとなるほどと正義の味方の出来上がり、それを読んだ人が同じように責め始める連鎖が始まるけれど、それを電車や会社など公共の現場で同じことができるのかと疑問です。

    何故なら、岡山空港の女子職員人質事件ではたまたま居合わせた非番の警官が一人動いただけ、機内でCAさんを恫喝しているオジサンを止めたのは私だけ、コンビニでレジの女性に絡んでいたオジサンを止めたのも私だけ、私は絡まれている女性を助ける男を見たことが無いし、電車でイヤホンの音漏れを注意する人も見たことがありません。

    ネット上だと「電車で音漏れは常識が無いぞ!」と書き込むのに、実際には見て見ぬふりと言う現実、本人を目の前にして何も言えない、これがあなたの彼や旦那の正体だとしたら、それを「すてき! かっこいい! 嬉しい! 惚れ直した!」になるとは思えません。

    つまり、ネット社会の問題は誰もが気軽に匿名で意見を言うようになったことで、ダンテ曰く「汝の道を歩め、そして人々をして語るにまかせよ。」との言葉を知らない人程、知らない人の世界観に首を突っ込んであれこれ指図するモノです。

    家族が亡くなった、家族が病気になった、仕事をクビになった、転職に失敗した、フラれたや離婚したやデートしたなど、これらは全て自分に起きたことで通りすがりの人に八つ当たりする権利はありません。

    法律に違反しない~他人に迷惑を掛けない、その場合は何をしてもいいのが個人の自由の筈です。 分かりやすく言えば、自分が相手を愛する権利はあるけれど相手から愛される権利はない、これは自分が行動するのはいいけれど、相手に行動を強制する権利はないと言う例えば話です。

    正義の味方は正論にて他人の行動や権利を阻害していますが、自分は何もしていないのに他人にはしろと強要する、自分の存在を価値あるものとして存在を示したいだけ、気の毒な生き方ではあるけれど自分では気付けません。

    実話ですが大阪で救急隊員が搬送後に、自販機で飲み物を買って救急車で飲んでいたところ市民からクレーム、救急隊員のサボっているところを見つけた私は偉いでしょと、他人から認められたい思いが正義の味方になっていますが、とんでもないおかしな言動だと自分では気付けていないのです。

    こういう人は企業や公的機関にクレームを入れて謝罪の言葉を貰い、自分が正義の味方だと自己陶酔した経験が、余計に正義の味方として色々な所に目を配り、少しでもミスしたらやっつけてやろうと思い込んでいる、こうなると正義の味方どころか単なるクレーマーです。

    日本は自由な国ですから訳の分からないクレームを入れるのも個人の自由ですが、だからと言って訳の分からないクレームに必ず対処しなければならない義務もなく、ここまでくると正義の味方から転じてクレーマーです。

    正義の味方もやり過ぎると悪そのものになる、その怖さを感じ取っているなら正義や正論ばかり言わなくなる、それを間違えてしまうのが人間であり、思いやりが転じて虐めになることも多いので、そこを自制できるかどうかが成長でもあります。

    そういう私も人のことは言えないのですが昨年は一つ失敗をしていて、それは自分で決めたことを自分で守らなかったことです。 答えないと決めたら沈黙する、それを情に絆されて破ってしまった、それが私のダメで未熟なところです。

    今まで行方不明や誘拐事件にて少しでも手助けになればと、倉敷の誘拐や北海道の行方不明やカナダの邦人行方不明や千葉の誘拐などは、霊視したことに後悔はなく少しでもお手伝いできたなら嬉しいです。

    しかし、世の中には善意の人ばかりではなく、ある事件はTwitterに探してあげてとの連絡が入り、それでも沈黙していたら更に探してあげてと次々と連絡、ついつい情に絆されて沈黙を破りました。

    その結果、運命からしてはいけないとの暗示を受け取りましたが、類は友を呼ぶの例え通り相手にしてはいけない人を相手にしたら、痛い目に遭うのは自分のせいだと悟りました。

    私の予約は順番制で予約を入れた順に鑑定ですが、順番とは酷いじゃないかと言う意味が分からないのですが、TVで報道されている事件だけが事件じゃなく行方不明の捜索は他にもあります。

    TVで報道された事件だけ優先して他のは後回しにしろなんて、他にお待ちになっているご家族の思いを蔑ろにするなんて酷いことは私にはできません。 私は電話番号を公開しているのに当事者が電話してこない、それが運命で周りがとやかく言うことではありません。

    私は飛行機など移動中にTwitterの更新が増えますが、ツイートする時間があるなら視てやれと詰め寄る前に、移動中と言う相手の事情も分からないようでは誰かの役に立つのは難しいと思います。

    類は友を呼ぶの諺通り、虐める人の周りには虐める人が集まる、叩く人の周りには叩く人が集まる、結局は相手にしてはならない人たちを相手にしたら痛い目に遭う、それを痛感できたのは学びとして良かったです。

    最後に男子会は5月13日(日)に開催しますが募集は今月末か来月初め、その時はブログやツイッターで発表します。 昔と違って今は男性鑑定をしたい、それは素晴らしい男性に出会えることが増えたからで、今後も男性鑑定を増やしていけたらなと思います。

    あなたは正義の味方、どう思いますか?

    (^0^ゞ らじゃ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    必要とされる。

    おはようございます。 今日も素晴らしい朝が来た、そして素敵な一日で終わることを確信できる、そんな日常が本当は幸せと気付けたら毎日が楽しい、病気も怪我もなく自由に動けるのは本当に素晴らしい奇跡です。

    ただ、人には考え方の差があるので、正解や不正解とか正しいや間違っているなど個人的な思い込みが強い人は、攻撃的な態度を改めない限り周りから人がいなくなる、それを理解できず悩み苦しむのは自由ですが、寂しいのに意地を張るのは勿体無い話です。

    仮の話ですが、何事に付けてつまらないを連発する男性がいたとして、生きていても仕事をしていてもつまらないとばかり言う、それを何とかして欲しいと言うことならいくら相談されても無理で、つまらないと感じる最大の原因は自分がつまらないからで、自分が面白いなら~自分が楽しいなら、人生をつまらないと感じることはありません。

    例えば、歳を取ると友人が減る場合は友人を増やしていないだけ、それをたくさんいたのに減ったと表現するのは勘違いです。 真の友人とは歳を取ってからできるもので、学生時代の友人に期待するのはTVドラマを信じるのと同じです。 私は県北より県南に出てきてからの方が多くの人と知り合えていますから、何歳でも知人や友人は増えます。

    世の中には色々な考えの人がいる、それだけなのに、あぁ言われた、こうされたと、嫌いな人のことを話す人は意外と多く、嫌いなら記憶から消せばいいのに嫌いな人を何とかしようとして余計に記憶に刻み込む、私は嫌いな人は相手にせず好きな人を増やす方に全力を注いでいます。

    「また、会いたい。」と思う相手に「また、会いたい。」と思われる、これは自分にも相手にも魅力があるからこその話、縁が広がらないなら自分に魅力を作るか相手に興味を持つか、どちらもできないなら縁が広がらなくても仕方が無い、それをどうしてと嘆いても始まらないのです。

    対人関係に置いて沈黙を嫌う人は多いのですが、会話だけがコミュニケーションではありません。 話したいことがある時に話すし、話すことが無いなら黙って聞き役に回る、お互いに話すことが無いなら笑顔でにこにこのみ、沈黙も会話なのに余計な一言を言うと関係がこじれます。

    人間関係を簡単にする方法は縁がある人と付き合い縁がない人とは付き合わない、それをしないなら人間関係で苦労します。 ベクトルが違うのに同じにしようとするのは無理、人間関係で悩むのは違う方向を同じにしようと無理を重ねるからです。

    結婚も結局はするかしないかだけで、しない人はしない~する人はする、しないからと言って不幸とは限らない、したからと言って幸せとは限らない、恋愛でも結婚でも選択肢が減る=諦めることが増えるだけ、それをわからないと未来は変わりません

    彼を信じる、この言葉は凄く良い言葉ですが恋愛(結婚)終了の言葉でもあり、本当に相手のことを信じていたらでてこない言葉です。 この言葉は結果が出ていない相手に対しての言葉で、これからも結果が出ないであろうと予感がして不安から出る言葉です。

    夢を語るけれど実行力の無い男性と夢を語らないけれど行動力のある男性、どちらと結婚した方が幸せかの答えは行動力のある男性で、夢を語ると心地いいけれど結婚とは生活を続けていくこと、夢で飯が食えたらいいけれど生活を支えるのはロマンではなく現実です。

    これは絶対ではないけれど、そういう傾向があると言う話です。 私の所へ結婚前に彼と二人で挨拶に来た御夫婦は今のところ離婚ゼロ、この記録を死ぬまで続けたいと思いますが、挨拶に来れない状況になるのは運命からの暗示かもしれません。

    夢と現実は違うもの、ネット上でいいねをしてくれる人が1万人と、いつでも声を掛ければ一緒に食事へ行ってくれる人が10人、私なら食事へ10人の方が楽しいです。 しかし、いいねが1万人を好む人もいるから両方正解、これが最高と人に強要し始めたら人生がつまらない方へ行っている証拠で、どちらも正解で選ぶ人の自由です。

    また、必要とされること自体は素晴らしいけれど、誰に必要とされるかが問題です。 強盗団に力を貸して欲しいと言われる人生と、マザーテレサに力を貸して欲しいと言われる人生では、どちらも必要とされているけれど、どちらに価値を見い出すかはあなたの目の付け所です。

    昔の私はわかっていなかったと反省しきりですが、異論反論はいくらしてもいいし、自分の主義主張も大切ですが、今の自分の現状は異論反論や主義主張をしてきた結果です。 それは誰のせいでもないし、ちゃんと結果が出ているので、それを嘆いても仕方が無いのです。

    例えば、男とは働いてなんぼであり、家事を手伝えるのは暇な証拠です。 仕事をきちんとして家族を養っているなら、そんなに家事育児を手伝える訳がありません。 しかし、奥様より給料が低い、奥様より早く家に帰る、そういう場合は手伝うのが夫婦、敬意が無い夫婦はいざこざが多いです

    人生は何度でもやり直せますから今は凹んでいるかもしれない、今は燻っているかもしれません。 しかし、明日も明後日も同じとは限らない、その為にも自分で自分を変えることで、きっと未来は変えられます。

    私も鑑定に来る人が減り2014年7月に辞める気でいたところ、やけくそでやった倉敷の誘拐事件で居場所特定により、急に予約が増えて復活できたからこそ今があり、人生って何がどうなるか分からないいものだとしみじみ感じました。

    人の幸せはお金や物や自分中心ではないと言いつつ、行動を見ると逆なことが多く、それに気付いて戒める、その繰り返しが人生ですから何度でも人生はやり直せます。

    私のところへ鑑定に来る人は寄付やボランティアに縁がある、そして人に喜ばれる使命があります。 だからイベントでも楽しいや嬉しいがあり、私のところへ鑑定に来る方々は全ての方が素晴らしい天女だと胸を張って言えます。

    最後に春のお茶会のお知らせですが、4月15日(日)の午前8時50分にJR新橋駅のSL広場のSL前に集合して下さいませ。 流れとしては時間になったら集合写真を撮って、3グループほどに分けて、そのグループごとに自由にお店を選んでお茶へ行く、そんな感じになります。 (←雨天決行です)

    参加できるのは過去に鑑定へ来た方は誰でも参加OKで、現地にお手伝いスタッフがいるので、鑑定へ来たことがあるかどうかだけ確認して、後は説明して下さると思います。 これは気が向いたらなので強制でも何でもなく、和気藹々と過ごせるお茶会になればと思います。

    あなたは必要とされる人生、送りたいですか?

    d(⌒ー⌒) グッ!!

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    悪口を言う心理。

    おはようございます。 倉敷と東京で鑑定できるのは凄く幸せなこと、無事に移動できるのも素敵なお客様方のおかげで、それは本当にありがたい奇跡、この奇跡は素敵なお客様のおかげなので、素晴らしい皆様との出会いは幸運を招きます。

    そんな天女のような素敵なお客様方と違って人の悪口ばかり言う人もいて、会社でも学校でも地域でもネットでも同じ、そういう人の脳の構造は暇さえあれば批判の対象を探している状態です。

    こういう人たちのことを突き詰めると、ようは時間がある人=暇人としか考えられないのが普通で、悪口を言う原動力は暇だからとしか言えません。 もしも、病気で苦しんでいると、借金に悩んでいると、恋愛や結婚に悩んでいると、仕事が忙しいと、時間を使えるのは対象となるモノだけで暇がありません。

    人の悪口ばかり言う世界の人々は基本的に誰もが同じ思考や行動で大差なく、虐めの理由で一番多いのは「面白いからや楽しいから」で、人を攻撃する理由は楽しい以外になく、とにかく人を攻撃して楽しいと思う、人を攻撃して死んだらもっと楽しいと思う、そして死んだのも自分には関係ないと割り切れる、こういう人が悪口を言う中で一番多いです。

    この楽しいから虐めるや死んだら嬉しいなどは、もはや人として扱うレベルの話ではないので、分類も解説も何もできないから人間とは違う生き物や生命体としか言えません。

    残念ながら、この虐めると楽しいが一番多いからこそ、虐めなど永久に解決できる筈がありません。

    その次に多いのが妬みなど嫉妬心や負けず嫌いから来るモノが多く、占い的に視ると下の人が上の人を攻撃する場合がほとんどで、上から下を攻撃なんてほぼあり得ないことですから、自分が負けていると思ったら攻撃すると言う単純なことです。

    例えば、同僚のAさんが何かのコンテストで優勝したのを周りの人々が褒める、すると仕事をサボって練習ばかりしてと貶し始めますが、Aさんは仕事をサボっている訳ではないのに、知らない人からするとAさんはサボって練習していたのかと誤解します。

    その誤解する人たちは悪口を言う人と同類なので、Aさんからすると痛くも痒くもないのですが、確実に悪口仲間が形成されて行きます。

    悪口仲間の特徴としては、決して自分が何かを成し遂げることはなく今のまま変わらないまま過ごすこと、人は行動すれば変われるのに何もしない道を選んでしまうのが悪口仲間の特徴で、行動したら今度は自分が悪口仲間から攻撃される宿命を背負って行動できなくなるのです。

    その根底にあるのはプライドで、あんな人より自分の方が優れていると言うプライド、日の当たる人が許せない、あいつより俺の方が凄いと言いつつ何もしていないしできない、だから悪口の最後には必ず「こんな奴の何がいいのかわからない」で終わります。

    こういう人への対処法は、「あなたは優れているからやって見れば? 私なんかよりもっと上に行けるわよ!」と、自分よりあなたの方が凄いと褒めることで相手のプライドを満足させると同時に、やってもできない実力を認識させると悪口を言って来なくはなりますが、面と向かって言わず陰口となって余計に誹謗中傷になるケースもあります。

    資格試験に合格した人、コンテストで優勝した人、スポーツ大会で勝利した人、ビジネスで成功している人、そんな人が身近にいたなら学べる相手で、素直に教えを請えば気持ち良く教えてくれる人が大半、中には自慢して上から目線になる人もいますが、そういう人は一時的ですぐにいなくなります。

    また、被害者意識の強い人も悪口を言うようになりますが、自分と関係あることは勿論ですが関係ないことにも怒りまくる、関係ないことなら八つ当たりとしか言えないけれど本人には自覚がありません。

    アフリカで飢餓で亡くなる子どもたちがいると言っても、共感は出来ても実際に自分のこととして思えることはない、それは食料がいつでも手に入る日本で食糧難など想像できないからです。

    つまり、人は自分と無関係なことで怒ることは難しい、それはすなわち自分の過去の体験と照らし合わせて怒る、頭の中&自分の中にあるからこそ怒れるし悪口が言える、自分の中に無いモノは想像できないし無関心でいるのが人間ですから、悪口とは自分を投影してしか言えないモノなのです。

    正義の味方が鬱陶しいくらい騒ぐのは、自分の体験と照らし合わせて責める、それは不幸な過去や自分が納得いかないことが多い人に多い現象、今が幸せな人は悪口を言わないと言うのも、自分の中に不平不満が無いから悪口を言えないのです。

    そして寄らば大樹の陰の如く悪口を言う人は承認欲求が強く認めて欲しい&褒めて欲しい、俺は敬われて当然の人間と言う考え方が自然と身に付いていると言うより、その考えで全てが形成されているから疑いの余地すらないと言えます。

    何故、寄らば大樹の陰かと言えば、悪口仲間に入ると悪口を言えば言う程、悪口を言う人たちから褒められたり認められるからで、そうなると悪口を言った人を自然と褒めたり認めたりするから、悪口から抜け出せない構図の出来上がりです。

    安全な所から石を投げて虐める、そしてよくやったと褒められる、一緒に石を投げている人と一体感が生まれる、この解説でわかるように「虐めること自体が楽しい」となり、決局は虐めを楽しいと思える人が虐めをすると言うことです。

    悪口を言う人を相手にしてはいけないのは、人から言われたことを真に受けず、その対象となる人物の言ったことで判断する、そんな人の方が知性も教養もある素晴らしい人間だからです。

    誰かがあなたをアホと言っても信じる人は少ない筈、もしも信じる人がいるならそれは言った人と同レベルだから近寄ってこなくなり助かる、自分とは違うレベルの人が近寄ってこなくなるのは好都合なのに、反論することで燃料を与えてしまうのは勿体ないことです。

    あなたは悪口を言う心理、理解できましたか?

    v(*'-^*)-☆ ok!!

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお願い申し上げます。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    悪口で開運。

    おはようございます。 毎日、素敵なお客様方にお会いできるだけで幸せ、お会いすることで感動や慈愛など色々なことを学ばせて頂き、私の未熟な生き方に修正を加えて頂き、人として大切なことを教えて頂き、そんな素晴らしい皆様に鑑定でお会いできるから年中無休でやるのも当たり前です。

    私が占い師をしているのは素敵なお客様方と会えるからが全て、素晴らしい魅力の皆様方とお会いできて人間の素晴らしさを教えて頂ける、お会いできるだけで喜びを与えて頂ける、そんな毎日は極上の幸せで本当にありがとうございます。

    ただし、私自身が未熟者で偉そうなことを言える立場ではなく反省の毎日ですが、素敵なお客様方のおかげで至らぬ私の心には反省と平穏が訪れるので、いつも助けて頂き本当にありがとうございます。

    このブログを読む方々は少なくとも高貴な考えで素敵な方々、誰かの役に立つ人生だから私に不快感を感じないだけで、寄付やボランティアが心に無い~不平不満だらけで現状に満足していない方々は、私のブログやTwitter見るだけで腹が立ちますから、しつこく悪口や嫌がらせをしないと気が済まない人生です。

    昨年も一年通じて色々と学べましたが、色々な事件でもどうして幼い子が犠牲になるのかや、悪口を言うと自分に返ってくるなどが凄く学べた一年でしたが、リアルでもネットでも人の悪口を言ったり書きこんだりしてはいけない、それは恐ろしいほど自分へ跳ね返ってきます。

    その良い例が嫌いな芸能人ランキングで、売れてきたら誹謗中傷がネットでもリアルでも増えますが、それは「人気がある・勢いがある」からこその悪口で、誰も知らない芸能人の悪口なんて誰も言わない、悪口を言われることでますます売れるとなるのが悪口の不思議なところです。

    お金が生き方の基準の人ならお金がある方が偉いでOK、それを否定はしないからお金優先の世界で生きれば良いのに、お金が基準の人ほど自分を誉めて欲しいと求める自己顕示欲が凄いから、あれこれと人に自分の考えを押し付けて相手にされない時は大激怒して悪口攻撃になります。

    悪口を言う人は自分のことが嫌いで悪口を言われる人は自分のことが好き、これは自惚れではなく相手に笑顔で明るく出来るのも相手に礼儀を守れるからこそ、悪口を言う人は自分が嫌いだから自分で自分を卑下する人生だから礼儀などありません。

    会社や学校やネットなどでの悪口は1人じゃ言えないので必ず誰かと言う、悪口を言う彼には悪口を言う彼女がいてお互いが悪口を言って毎日を過ごす、そしてどんどん不幸になり今度はお互いの悪口を言い合う、人は同じレベル同士が付き合うし結婚します。

    私自身が良い例で、県北では小中と悪口だらけ工場や建設現場でも悪口だらけ、占い師になってからも他の占い師さんから悪口攻撃や嫌がらせは数多くあり、それなのに私は今も占い師を続けて嫌がらせをする占い師さんの方がいなくなる、この怖さを知っていると悪口は絶対に言えません。

    昔の私の運が良くなかったのは当たり前、人のことを妬み人のこと僻み自分の実力の無さを人のせいにして、人間関係がうまく行かない⇔皮肉ばかり言うの悪循環、それを反省することができるのも素敵なお客様方のおかげで、皆様の生き方は私に取ってお手本です。

    人は完璧じゃないから誰かに嫌な思いをさせたり間違いを犯したり、それを悔い改めたくても気付かなかったり連絡できずに謝れなかったり、それを今さら謝れないし解消もできずに溜まっていきます。

    その解消できない犯した罪を一気に浄化してくれるのが悪口を言われること、悪口を言われても反論せず受け流すと自動的に浄化されます。

    運=銀行で考えると悪口を言えば払い戻しになり悪口を言われれば貯金できる、悪口を言えば言うほど借金が増え、悪口を言われれば言われるほど貯金ができる、そして貯金が増えると願いごとが次々と何個でも叶う、これが運=銀行の考え方です。 (誕生日会がもの凄く楽しかったのも、このおかげかなと持ったりします。)

    占い的に怖いのは悪口を言うことで自分の運を相手に与えること、嫌いな相手の悪口を言うことで自分の運を嫌いな人に与える、そして嫌いな相手の罪まで被ることになる、それをわかっていると人の悪口なんて怖くて言えません。

    悪口を言われてその悪口を信じる人がいたら凄くラッキーなこと、その悪口を信じる人は悪口を言う人と同じレベルだから、そういう人を遠ざけてくれるのはトラブルを未然に防げてラッキー、ここでも悪口を言ってくれてありがとうです。

    悪口を言われた時に言い訳すると悪循環、人から悪口を言われるのは運命的にはこちらの罪を悪口を言う人が吸い取ってくれて、自分の代わりに罪を背負ってくれるのですから、悪口を言ってくれてありがとうと感謝してもいいほどです。

    悪口を言われた時に反論したい気持ちはわかりますが、それに反応して反撃したり萎縮したりするようではダメ、悪口を言われるのは浄化で自分の犯した罪が消えて行くだけ、自分が受け流すだけで浄化されるのは努力もいらず楽です。

    人のせいで自分はこうなったと思う人生だと人間関係は末期癌状態で完治は難しく、誰かに悪口を言われても気にしない人と気にする人がいて、実は人の悪口ばかり言う人は自分が悪口を言われるのが怖くて気にする人ばかり、心が狭く気が小さいのが悪口を言う人の特徴です。

    言葉とは自分の中にあるモノにしか響かない、愛を説いて響く人は心に愛がある、ボランティアを説いて心に響くなら心に善意がある、同じように悪口ばかり言う人は悪口が心に響くのだから、心にあるのは砂漠のような荒んだ悪口だけです。

    高学歴だろうと知識があろうと家柄が良かろうと一部上場企業勤務だろうと、人として根底に優しさが無い人の言葉には重みも真実味も無い、嘘で塗り固めた人生だから人の悪口を言って相手に刺激を与え、自分に振り向いてもらうのが関の山となります。

    あなたは悪口で開運、喜んでいますか?

    ヾ(@^▽^@)ノわはは

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    根拠の無い自信。

    おはようございます。 素敵な朝が始まり素晴らしい一日だったとも井ながら眠りにつく、その繰り返しが本当は幸せなことなのに不平不満は勿体ない、何も起きないのは幸せなこと、当たり前の日常は何も起きないからこそで、事故や病気が起きれば途端に右往左往します。

    さて、根拠の無い自信は意外と重要で、私は自分のことを強運と言っても根拠は無いけれど、10年以上無休で病気も事故もケガもないし、飛行機も必ず飛ぶし、寄付も続けられて、占い師も続けられる、これも当たり前ではなく強運に感謝でありがとうございますとなります。

    私は県北時代、知恵遅れで~馬鹿で~暗くて~対人恐怖症でと、自分でも虐められたことが分かる気もしますが、それがどうして立ち直れたのかとよく聞かれますが、それは心に感動の芽が少し残っていて、それが発芽して今のようになったとも言え、人は感動があると生き方を変えられます。

    人は人との出会いにより変わるから良い占い師に巡り合いたいなら、長く鑑定している+多くの人を鑑定している=良い占い師とも言えますが、もう少し捻ると世の中には長く隠すことができないモノが3つあり、それは太陽と月と真実と言われますが、長く占い師をするには真実が必要不可欠です。

    仏陀御曰く、1000本の蝋燭を1本の蝋燭で灯すことは可能、火を分けて蝋燭が短くなることは無く、それと人生は同じことで幸せを分かち合うことで幸せは減らない、幸せな人が周りに増えることで、自分自身もより幸せな気持ちになれるから幸せのお裾分けは開運に繋がります。

    空気を読むのは開運には大切で、スキンヘッドの人に櫛をプレゼント、歩ける人に車椅子をプレゼント、それで人の役に立っていないと悩む人は多いのですが、人に迷惑を掛けずに生きているだけで人の役に立っているのに考えすぎですが、私と縁のある人は必ず誰かの役に立つ素晴らしい人だから縁があります。

    素敵な彼や幸せな結婚を願うなら恋における真の失敗をしないことで、唯一無二の相手を逃して後悔する人の特徴は目の前の幸運を理屈をつけて断ることで、これは常日頃起きる恋の失敗です。

    鑑定していて「それって他の人にも言えますよね」と言う人は、自分は他の人とは違うと言う意識がありありで、自分には何か特別な人間と考えているから、普通の人と普通に出会えなくなるだけ、悪口と思わなくても悪口はたくさんあります。

    男女限らず結婚したい人は結婚すればいいのに、どうしてできない~もしくはしないのかと言えば理由はあるにはありますが、そこのところをうまく説明できる占い師さんは凄い、そこがうまくできない私は伝える技術が未熟だと反省しています。

    人は過去を追い掛けたり未来を思い描いたりですが、過去は既に終わったこと~未来は来てもいないこと、だから今ある現実をクリアするのが大切で、勉強でも仕事でも恋でも今を揺らぐことなく大切に過ごす、明日死ぬかもしれないのに今を大切にできないのが不幸です。

    自分が考えていることを言葉にした時、それが真実で優しいなら相手の人生を変える程の言葉になるし、それが嘘で酷い言葉の場合は相手を傷付けるだけでなく、自分に跳ね返る戒めは大ダメージで言葉は使い方で刃となります。

    人を差別する心は人間が作り出すもの、学歴がどうとか一流企業に就職がどうとか、その人の人間性とは関係ないところで評価する、空に東西南北の区別はないのに人間が勝手に境界線を生み出し、それを真実だと吹聴して盲目的に信じてしまうのは最悪です。

    誠意のない邪悪なことしか考えない人と付き合うならば、それは悪魔と友人になるのと同じ、野生動物に遭遇したら傷付けられるかもしれないけれど、誠意のない人と遭遇したら間違いなく心を傷付けられるから関わってダメです。

    悪口を言う人=あいつがうまく行くのはどうしてと文句を言う人、その理由は自分がうまく行かないのはおかしいと文句を言うからこそ、うまく行く人はそれなりの理由や努力があることを見ようとしない、努力の部分を見られるのに見ないなら怠け者です。

    同じ話を何回も聞かされる時、それは潜在意識に刻み込まれるべき言葉や内容とも言え、その言葉や内容が必要な場面に遭遇した時に浮かびあがるから、繰り返し言われる=自分に必要なことです。

    悪口と褒め言葉、自分が言われて嬉しい方を自分の口から発することで、自分が言われて嬉しいことを言ってくれる人が集まる、悪口を言う人たちは悪口が楽しいから、それはそれで間違いではありません。

    悪い言葉を発する人には悪い雰囲気が纏わり付いて悪いことが起こる、良い言葉を発する人には良い雰囲気が纏わり付いて良いことが起こる、これを信じるも信じないも自分次第で強制ではありません。

    占い師をしていると素敵なお客様から学部ことで反省することも多いのですが、知ると理解は別物で良い言葉を知った所で表面的だと理解はできていない、仮に良い言葉がプリントされたTシャツを着た所で理解とは程遠い、大切なのは知っているではなく理解しているに思えます。

    私も人のことは言えませんが自分を正しく整えてから他人に指摘する、そして他人に指摘したことは自分も実行する、いくら理想を語っても実践しなければ単なる怠け者で、他人の成果を自分の物として吹聴すると同じです。

    占い師をしていて感じるのは、行いによって幸運になる人と不幸になる人は決まっているとも言えるので、それは抗えない神の領域で逆らっても無理、従うか~改善のお願いをするかでもしない限り幸せと不幸の取り換えはできません。

    ただし、悪口を言う人には選択権すらなく、自動的に不幸になるような未来は確定済みです。

    自信に根拠はいらない、良いことが起こると思い続ければ起こるし、自分にはできると思えば成長の速度も違うし、素敵なお客様は可能と信じることが物事を可能にします。

    あなたは根拠の無い自信、ちゃんと持っていますか?

    (-_-)ウーム

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    注意。

    おはようございます。 朝起きてから幸せなことを実感して感謝する、それだけでも良いことが始まる一日となり、感謝できるのは幸せなことです。 自分の悪い所を教えて貰えるのが注意、それを聞き入れていると自分の悪い所を直せるので、更に成長できると思えば注意も有り難いと感謝できます。 (ただし、注意に見せかけた悪口は無視です。)

    しかし、今の時代は注意すると些細なことでも逆切れする人が多く、場合によっては殺人にまで発展するのでやたらと注意もできない、正直者が損をする時代でもあります。

    昨年の11月に水泳の代表合宿で炊事当番に遅刻した後輩を先輩が殴った事件も、殴ったことは先輩選手が悪いけれど、時間に遅刻した後輩選手が全面的に被害者だと言うのも、それはどうかと思います。

    先輩が準備し終わった頃に現れて遅刻しなかったと言うのも、集団生活の中ではおかしな感じもしますし、殴られて顎が痛くて口も開けられない状態と言うのに、記者の質問にはぺらぺらと話しまくる、これは正直者が馬鹿を見るに当てはまる気がします。

    他にも東名高速で違法駐車している男に注意したら逆切れして追いかけられ、挙句の果てには追い越し車線で停止させられ死亡してしまった家族、これなど注意してもダメな人間がいることを如実に表しています。

    基本的に日本人は礼儀正しく規則を守る国民ですが、そうではない人が増えてきているので純粋なる日本人の志はどこへとも思いますが、結局は団塊の世代など上の教育が悪かった、若い人たちの責任ではなく50代以上の人たちの教育や行いが、今のような日本にしてしまったような気もします。

    昔なら残業も当たり前でしたが今は残業したらブラック企業、上司が注意したらパワハラ、もう手かせ足かせで何も注意できずに業績駄々下がり、それでも給料だけは欲しい若い人たちが増えたのも、それは50代以上の野蛮で非常識な行いが原因ではないかと思えてきます。

    残業が多ければブラック企業とすぐに非難しますが、その残業があるおかげでローンが払えたり学費が払えたりしている人からすると、残業が減らされるのは死活問題となりますから、一部の意見を取り上げて全てがブラック企業と言うのもおかしな話です。

    ただ、占い師をしていて気付くのは注意することの無意味さで、注意はしても無駄だと気付けます。 何故なら、注意して直る人は最初から注意されるようなことをしない、注意しても直らない人が注意されることをする、だから人材確保とは最初が肝心で、結婚も最初から良い漢としないと修正はできません。

    ここで時代に即した注意についてですが、今は少し注意したらパワハラとして訴えるか、もしくは自分優先で何を言われてもプライベートはプライベートと、自分の予定を優先して平気だったりします。 今は昔と違うことを念頭に注意しないとダメですが、昔ながらの思い込みを無くすことことも重要です。

    厳しく注意すれば結果が出るなんて無理な話で、叱れば懲りて真面目にするなんてありえません。 上司からするとあいつはダメだと思うかもしれませんが、今の時代は恨みを買うだけで何も解決になりません。

    どういうことかと言えば、酒を飲みすぎたら翌日辛いことが分かっているのに飲んでしまう、早寝早起きが良いことは分かっているのに昼まで寝てしまう、知っていることと実行することは別物です。

    結局、罰を与える行為は無意味、何の効果も無いことを心理学でも証明されています。

    例えば、ダイエットの為にケーキを食べないと決めても、誰かからダメと言われても、その時だけは落ち着いて行動を止めれますが、誰もいない時は自分との戦いになるので、明日からダイエットすればいいやとケーキを食べてしまいます。

    その罰として体重が増える(減らない)となりますが、だからと言って特別困ることはないから、体重が増える(減らない)と言う罰は全く効果が無いとなります。

    ケーキを食べたらだめだと思いつつも、それを今食べなくても明日なら良いのか、どこまで我慢すればいいのかを自分では気付けません。 ゴルフのスイングをコーチがダメだと言うだけでは分からないのと同じで、スイングのフォームなのかスイングのスピードなのか、どこがどうダメなのかを言わないと気付けません。

    いつ食べたらいいのかを分からない限り、ケーキがある以上は欲しいと言う行動になるだけ、仮に体重が増えても痛い訳じゃないし~死ぬ訳でもない、それなら食べたいから食べようが今の時代です。

    50代以上の教育が問題なのもここからで、隠れて悪いことをしてもバレなければいいと言う教育、誰も見ていなければ何をしてもいいと言う教育、自分が得することならしてもいいと言う教育、そういうことを当たり前だと思って行動してきた世代が、今の若い人たちに注意なんてブーメランで聞ける筈がありません。

    今の若い世代は否定されてきた耐性が強く注意慣れが起きていて、怒られても相手を馬鹿にしているから怖くない、会社を辞めても次の働く場所があるし、無ければ派遣でもアルバイトでも良いし、どうせ親がいるから食っていけると豊かさが余裕を生み出しています。

    それに下手に注意すると何もしないと言う行動に出ますが、怒られない為には何もしない、もしくは言われたことだけする等、嫌がらせ(仕返し)をする可能性があるので、下手に注意すると逆恨みを買うだけです。

    それに注意されると自分を全否定されたと感じる人が増えているので、注意しただけで根に持ってしつこくしつこく嫌がらせをする、それも自分がされたことの100倍くらいして初めて気が収まると言う自己中な人間も増えています。

    歳を取れば分かることですが、注意される=褒められるです。 褒められる人は注意されて気付き改善することでより褒められる、注意されて怒る人は誰も注意しないからより褒められない、それのどちらが良いのかとなります。

    ただ、今の時代は注意自体が無意味、注意しても直らない人が注意されることをするだけで、結婚も最初から良い相手としないなら修正は難しいからこそ、人を見る目がますます重要な時代に入っていきます。

    あなたは注意の無意味さ、気付いていましたか?

    v('▽^*)ォッヶー♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    寂しい生き方。

    おはようございます。 一日の始まりは朝の目覚めからですが、その目覚めが当たり前と思うこと自体が贅沢で、目覚めることができるのは奇跡で幸せなこと、本当にありがたいことなのに当たり前と思ってしまう、そんな贅沢を言っていると運命が味方をしてくれなくなります。

    今日も変わらない朝と思っているなら間違いで、今日は人生の中で二度と来ない大切な日、変わらないように見えても今日は今日だけのこと、大切な一日をだらだらと過ごしていると、明日もだらだらと過ごすだけの時間潰しになるのは勿体ないです。

    だらだら過ごすから毎日をつまらないと思うだけで、つまらないのではなく自分が面白くできないだけと考えてみる、それをせずに世間が悪いと内に籠るから余計に楽しくない、つまらなく見えても自分には思いもよらない楽しさがある、そういうことを発見出来たら嬉しいと思います。

    人生は短いから、その短さの中で前半と後半のどちらが幸せを選ぶかと問われたら、多くの人は後半を選びます。 それは人生が30代後半から勝負できる証、人生の前半は生まれた環境で形作られますが、後半は自分のしてきた結果で作られるから、人生は後半からでも勝負できます。

    褒められない=注意されない、褒められる=注意を受ける、この法則を理解していると注意を素直に聞けるようになり、目の前で注意してくれるなんてありがたいと思います。 そうなれば良い方向へ進みますが、誰でも嫌いな人には注意しないしミスしていても教えません。

    ただし、注意する時に優しく丁寧に注意しないと誰でも人に図星を言われると痛い、だから褒めながら注意の流れにすると相手を怒らせる確率が減るので、今の時代は注意する側の人間性も問われ、正しくても非難される場合を考えながら注意が正解です。

    誰かに注意されたら直すだけで更に良くなる暗示、今は許容範囲が狭い人が増えて注意されたら全てを否定されたと逆恨みする人も多く、素直さを心掛ければ教えてくれてありがとうとなる筈なのに、誰からも注意されない生き方だと裸の王様は確定です。

    その良い例が、教師や親が子どもへ注意する時の態度で、子どもなら何を言っても良い訳ではありません。 ダメな大人が大人と言うだけで子どもに注意するのは嫌な思いが増えて大人に失望します。 その捌け口がネットに匿名で誹謗中傷など卑怯な弱い者虐めで、子どもたちには素晴らしい才能や未来があるのに、誰か師匠に会えれば人生は好転できるのに勿体ないと思います。

    大人になって行く過程や歳を重ねる過程で恩師と呼べる素晴らしい人物に出会えたり、二度と会いたくない最低の人に出会うことで人はどちらも学ぶ、生きて行く時間の中で良い人や悪い人に出会う、それなら良い人(素晴らしい人)と出会う人生の方が素敵です。

    周りにいる大人たちの都合に振り回されないことを悟るのは早い方が良く、感情次第で態度を変える大人はどこにでもいるから、そんなくだらない大人に自分は振り回されないと決めれば、余計な被害に遭わないことを意味します。

    相手の知性や教養を見抜くのは簡単なこと、その良い例が相手を貶すことは誰でもできるけれど、相手の長所など色々なことを褒める(認める)のは難しい、目の前にいる人を褒めて褒めて喜ばせる、相手の悪口なんて嫌な思いをさせた上に自分の運まで悪くします。

    人生には限りがあるので時間とは自分の命そのもの、その大切な時間を嫌いな人の為に使うより好きな人の為に使う方が幸せです。 自分の未来を夢や希望で埋め尽くすのは良いけれど、わざわざ妬みや嫉みや僻みで一杯にしなくていいと思うのです。

    基本的に鑑定で悪いことを言わないように努めているのは、悪い未来を回避する方法が無い場合が多く、悪い未来が回避できないなら言うべきではない、手からパワーが出て癌を治せるなんて淡い期待を持たせる方が酷な話で、できないなら言わないのも思いやりです。

    目の前の人(親・兄弟・友人・恋人)が明日も生きている、その保証は誰にも無いのに「また、今度でいいか?」と思う人が多いけれど、映画やドラマなら時間を巻き戻してくれますが、実際の時間とは通り過ぎていくだけ、目の前にいる大切な人を今大切にして欲しいです。

    人には色々な考えもありますが、病気の子供たちや辛い状況の子どもたちに芸能人のサインを貰いプレゼント、それで元気が出るなら良いことだと思いますが、それを批判する人たちが必ず一定数以上いて、それを見る度に自分が貰えないから妬んでいるとしか思えませんが、そんな狭い考えにならない様にと自分への戒めとして良い学びです。

    人は未来を知りたがりますが、自分の好きな人に振られることがわかる、自分の好きな人が亡くなるのがわかる、自分が貧乏になって苦労の連続になるのがわかる、未来を視るとは必ずしも良いことばかりではなく、そういう不幸になる未来を視ることにより、それを回避できないことを受け止める覚悟も必要です。

    好きな人が亡くなっていく未来に対して何ができるのかと言えば、それは思い出を一緒に作って行くこと、それも良い思い出だけではなく苦労も試練も含めた素晴らしい思い出作りを一緒にする、お金や物では埋められない思い出を一緒に築き上げていく、それが悔いの無い生き方のお手伝いでもあります。

    思いやりは貯金できるもので、おまけに運を良くすると言う利子まで付くもの、そして引き出す時には誰かを喜ばせる為に使えますから、心に思いやりが無い人とは関わる必要が無く思いやりが溢れる人と縁を繋ぐと吉です。

    寂しい生き方をしている人には陰がある、それも人を不幸にする為の怨念がおんねんで、その陰険で卑劣な精神を持つ人と関われば自分も返り血を浴びることになるので、人の悪口を言う人が寂しい生き方になるのは自業自得です。

    あなたは寂しい生き方、どう思いますか?

    ☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop