徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    善と悪。

    おはようございます。 今日も朝起きて自分で準備して外へ出かけることができる、これがどれだけ素晴らしいことか、できないこと以外は全てできると何かの漫画でのセリフにありましたが、できることに感謝していればできることの幅が広がり、いつの間にかできることが増えている筈です。

    私も占い師になってから10年が過ぎて、0からのスタートで今は100のうち3くらいには進めたのかなと思うのですが、もしかしたらマイナスかもしれず、自分の生き方は自分では分からないままで、評価とは誰かの思いにより決まるから自分で自分のことは評価できないのです。

    この評価とは勝手な生き物で、同じことを言ったりしたりでも、相手の受け取り方で評価は全く違います。

    私は県北時代に盲導犬やマザーテレサのことを言っても、工場や建設現場では全く相手にされなかったのに、県南で占い師を始めると良い話ですねと言われる、まさに0か100かの状態で真逆です。 (県北の教師たちはマザーテレサのことを知らなかったのもあります)

    また、行方不明についてブログやTwitterで発信する時も以前はインチキとか、後から書き換えたとか、とにかく認めたくない人が多かったのに、昨年のある行方不明では予約を受けないなんて酷いと評価が変わりましたが、予約を受けないのが酷いと言うなら能力は本物と認めた証拠になるのに不思議です。

    倉敷も東京も予約はすぐに取れない状態で、しかも行方不明はTVで報道されている事件だけではなく、他の行方不明の関係者はきちんと予約を待っているのに、TVで報道された事件だけが重要と思い込む人が多いことに驚きで、報道されない事件はどうでもいいなんて恐ろしいと思いました。

    その時、東京~岡山の移動中(電車~飛行機~バス)の約4時間ほどの間にツイートしたら、更新する暇があるなら鑑定しろなど無茶を言う人もいました。 電車や飛行機の中で鑑定は無理と子どもでも分かるのに、働いた経験の無い人には分からないから仕方がありませんが、働いている人なら通勤でも出張でも移動中は無理だと分かります。

    このようなことはどうして起こるかと言えば「我こそは正義の味方」と、自分こそ正義で悪い奴をやっつけていると自分の正義に酔っているからで、これは虐めをしている加害者と同じ心理だと気付いていない、ほぼ犯罪者と同じ行動をしています。

    残念なことに無職で社会問題に興味のある意識の高い人は正義の味方と思いがち、能力はあるので良い方へ使えば素晴らしいのに悪い方へ使うのが問題で、正義の味方のつもりでいるから加害者になってしまいます。

    親鸞曰く、「善人なほもつて往生をとぐ。 いはんや悪人をや。 しかるを世のひとつねにいはく、悪人なほ往生す。 いかにいはんや善人をや。」で、ようは「善人でさえ浄土に往生することができるのです。 まして悪人はいうまでもありません。」と言っています。

    世間の人の常識では「悪人が往生するなら、善人は当たり前。」と言う解釈の筈で、善人が救われるなら悪人も救われて当然と言われたら逆だと思う筈です。

    実は親鸞は本当の善人などいないと考えていましたが、正直、占い師を始めてから言葉の意味が理解できましたが、どんなに努力したところで人間は生きている以上は人に迷惑をかけて、他人を傷付けて、動物を殺して肉を食べ、魚や野菜など他の生命を奪って生きています。

    全く誰にも迷惑をかけず、何も悪いことをしていない人なんて存在しないのに、自分は誰にも迷惑を掛けていないと言い切る人が多いのは傲慢とも言えます。

    本当に多くの人が自分を善人と考えていて、何一つ悪いことはしていないと言い切りますが、嘘を吐いたことの無い人などいないのと同じ、自分が正義である=自分に都合の言い分だけ認めると同じで、それを正義と勘違いしている人すらいます。

    つまり、親鸞の言う悪人とは自分のしている悪いことに気付いた人とも言え、その気付いたことに対して悪いと言う気持ちを持ち続ける人こそ悪人となる理屈です。 悪いと言う気持ちのある人が悪人で、悪いと言う気持ちすら無い人が善人ですから、悪人の方がましと言う話です。

    屁理屈を言う人は悪人を言葉そのままに受け取って、犯罪を犯してもいいんだなと解釈しますが、人の物を取ったり人を殺したりと悪いことを悪いと認識してする人を親鸞は悪人と言っていない、あくまでも悪いことをしていると気付いた人を悪人と説いてあります。

    話は戻りますが、こう考えてみると正義の味方は悪人より悪いとなりますが、親鸞の言う悪人になることが本当は正しい方向ではないのかなと思えてきます。

    虐めをしている人を見て虐められている人を助けるまではいいけれど、虐めている奴は悪い奴だから虐めてやれになると、今度は善意のつもりが悪意になる、正義の味方から加害者になると言う矛盾が発生します。

    痴漢に遭っている女性を助けるのはいいけれど、それが犯人と決めつけて押さえつけて息ができなくして昏倒に追い込む、そこまでしたら善意でもやりすぎで犯人じゃなかったらどうするのかとなります。

    これが日本人の良い所なので失って欲しくないとは思いますが、そして思いやりと優しさからの行動と認識してはいますが、TVで報道されたら優先で他はどうでもいいはやりすぎで、数多くの行方不明事件が起きているのに他は無視しろと詰め寄るのは、お店の行列に横入りする人と同じです。

    私は電話番号を公開しているの予約を取りたければ電話すればいいだけ、周りが勝手に騒ぐだけで当事者は占いなんて信じていないのに強制する、相手が嫌がることをしていることに気付かずやれやれと言うのは、自分が同じ立場ならどう思うかです。

    親鸞からすれば正義の味方とは、自分が他の人に迷惑を掛けていることに気付いてないだけの人、このように解釈できます。

    あなたは善と悪、どう思いますか?

    (≧ヘ≦) ムゥ

    東京鑑定:現在は2月の予約を受付中で、8~1月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    病んだ。

    おはようございます。 お盆休みも終わりましたが、休みの人も働いている人も暑い毎日ですから体調などにお気を付けて、元気で健康で素晴らしい一日の始まりと明日への英気を養う素晴らしい休息、これの繰り返しを行って毎日を無事に過ごして下さいね。

    人は調子が良い時に無理をして休養せずに疲れが取れないままでいると、いきなり折れてしまったりして急には元へ戻れないので、身体の不調が来る前に、精神が病んでしまう前に、休息をして英気を養うのも大切です。

    自分が病んでしまうと周りに迷惑をかけることになるし、何より自分で自分の人生を間違った方向へ進めてしまう、だからこそ自分も休養が必要な時は休むし、病んでいる人に巻き込まれないだけの精神力と跳ね返す力が必要です。

    病んでいる人は自分が迷惑をかけていることに気付けない、話し合いとか注意とかではどうにもできない、そこの所を思いやりや優しさでどうにかできると思わないことです。

    ここから病んでいるについてのお話ですが、周りにいたならどう対応していいのかを自分でも日頃から学習しておかないと危険で、相手の波長に引きずり込まれたら付き纏われます。 そして同調し始めたら終わり、傷の舐め合いから一緒に死のうまで様々ですが、同じことを繰り返すようになってしまいます。

    いくつか例を出していきますが、医師や看護師の方なら見慣れていると思いますが、肘から手までの間にリストカットをしまくりの人、まるで洗濯板のように段々がついて硬くなっている皮膚、あれを見たら普通はえっと思ってしまいますが、本人は真剣に悩んでリストカットしているのです。

    そして病んでいる人で多いのが人に指摘する人で、必ずこうしなければならないや必ずこうした方がいいのに言うことを聞かないなど、自分の想像した通りにならないならいつまでも根に持つ人がいます。

    例えば、仕事のやり方がA→B→Cでないと機嫌が悪い人は、効率など考えずに自分が思った通りが正解、B→A→Cの方が良くてもA→B→Cしか認めないので、勝手にやり方を変えようものなら怒りまくるのが病んでいる人です。

    街を歩いていても他人の家の花壇に自分の頭にある花壇と流儀が違うと文句を言う、人の家の花壇だから言う権利はないのに、ここにはバラを植えて~etcとしつこく言って、変えないなら人の言うことを聞かない奴だと怒りまくる、病んでいる人は自分勝手と言う特徴もあります。

    そして意外と身の回りで見かけるのが買い物中毒や通販中毒、どうしても買わないといられないけれど買っても使わないとか、買うだけで箱すら開けないなど、お金を使って使って借金だらけと言うのも、実は病んでいるに入るので注意しないと危険です。

    また、お部屋と言っても汚部屋の方は病んでいる証拠で、衛生的にも大問題の部屋に住める時点でおかしいとなりますが、ごみを溜め始めるきっかけはホンの些細なことが多いので、まずは部屋の換気と清潔にすると言うことを徹底していると汚部屋にはなりません。

    ここまでは生まれて来た環境や親や性格もありますから、周りの支えでどうにか脱出できる場合もありますが、ここから先は本当に病気で医師などの適切な治療を受けた方がいいかもしれません。

    外国の話になりますが普段は温厚で周りから尊敬されている男性がいて、その人が急に女児に興味が出てきて年下ばかり付き合う、それも小学生ばかりに手を出そうとし始めたので家族も心配になり病院へ連れて行きました。

    すると、脳に腫瘍ができていて眼窩前の部分を圧迫、それにより社会性をコントロールできなくなっていました。

    つまり、異常に年下に興味があるロリコン男性は、もしかして眼窩前の脳の部分に何らかの異常があるかもしれないので、検査して貰うと性犯罪を起こさない可能性もあります。 ただ、その病院へ行くと言うのが難しく、本人が同意するかどうかが難関です。

    先程の男性も将来、腫瘍が再発したら再びロリコンになる危険性が高いので、病気の治療は早めにした方がいいです。

    次に30~40代の働き盛りが突然死と言うのもよく聞きますが、これは過労死と言うより遺伝子から紐解くと分かってきてはいるそうですが、だからと言って防げるわけではないのがタマにキズです。

    30~40代・不整脈の血縁者がいる・失神したことがある・寝ていてうなされる、この4つに当てはまる人は突然死の可能性があるので、注意と言っても注意できませんけれど、記憶に留めておいて下さい。

    他にもよく聞くのは摂食障害ですが、これも食べられるかどうかの好き嫌いもありますが、ある一つの者しか食べられないと言うSED(選択的摂食障害)は病んでいる部類に入ります。

    ただし、一つ気になるのはSEDの場合は栄養価の高い(世間的においしい)ものがほとんど、ウコンしか食べられないとかニガウリしか食べられないはなく、ピザやアイスやカレーなど美味しいと思われるものだけなのが不思議です。

    あと、珍しいのは恐花症と言って花が怖い病気、これは意外と多くの人が掛かっているかもしれませんが、何かの花を見た時に寒気がするとか気持ち悪くなるなど、広い意味では病気になっているとも言えるかもしれません。

    ストーカーや収集癖なども病んでいるうちに入りますが、それが人に迷惑をかけないなら他人から見たら興味無しで終わるだけですが、ストーカーとして追い掛け回すとか収集癖として下着泥棒など、こうなると犯罪なので病んでいるうちに入ってしまいます。

    あなたは病んだ人を、見たことありますか?

    オオーw(*゚o゚*)w

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    冷やかし。

    おはようございます。 今日も無事に元気で健康で素晴らしい未来が待っている一日の始まりで、目の前にあるもの全ては誰かのおかげで揃っているからこその感謝、全ては自分だけの力で成り立っていると思えば感謝が無くなり、やがては運命からのご加護も無くなってくると思います。

    常日頃から感謝は大切ですが、その感謝を忘れると後でしっぺ返しが来るので注意ですが、何も悪いことが起きていないのに次も感謝はなかなかできにくいです。 病気など何らかの不幸が遭った時点で反省したり思い返したりが人間で、何も無い時に反省するなど不可能に近いです。

    占い師をしているとお店の売り上げの問題などもよくお伺いしますが、売れないのは自分の過去にしてきたことの積み重ねとしか言えませんが、どんなお店であろうとも急に売れなくなることなどありません。

    徐々に売り上げが落ちて行って目に見える状態になってから慌てるのが基本的な流れで、それまでに気を付けていれば大丈夫だったのに、ダメになってから反省しても盛り返すには遅かったりします。

    例えば、同じ立地条件にあるA店とB店の売り上げに大きな差ができるとしたら、極端に言うなら通行している人たちがお店の中に気軽に入って来るかどうか、お店に人がいなければ売り上げなど発生しないのです。

    お店が繁盛する為に必要な条件とは人がお店にいること、すなわち通行人が気軽にお店に入ってこれるかどうかで、それは自由に冷やかせるかどうか(見るだけでOK)と言うことでもあります。

    昔は商店街で今は複合テナントビルとなりますが、普通はお店とは道に沿って存在するモノであり、その道とは行きと帰りでは目的が違うから異なる二つの往来を結ぶ空間にこそ、人の購買意欲を掻き立てる何かがあるとも言え、肉~魚~服など目的別に必要とされるものがある空間に、大勢の見知らぬ人々が自由に行きかうことができる空間でもあります。

    ようはお店とは道ありきで人が歩いていなければ成り立たないことが大半で、お店の本質は通り道にあり自由に見ることができるが基本、商店街などは顔見知りになってお客様と店員が個々の結び付きにより接客を行っていたので、お客様は自由に商品を選べないこともあるし逆にお買い得を回して貰えたりもしました。


    このようなお店には初めから買うことを決めたお客様しか来ないから、お店に入ったなら何かを買わないと帰ることができないと感じる仕組みでした。

    現代のお店では買う買わないに関係なく自由に商品を見たり試したり、それでこそのお店でないとダメな時代で、買うことを決めているお客様を大切にするのは当たり前で、売り上げに貢献してくれるのですから丁寧な扱いも必須です。

    しかし、ネット販売が幅を利かす現代では買わないかもしれないお客様客も買う気が無いお客様も、全ての人たちを取り込むお店でないとダメな時代です。 大勢の人たちがお店を訪れてくれて、それでこそ最終的に多くの売り上げが見込めることを忘れているお店も多いです。

    お店にとって冷やかしとは売り上げを得る第一歩、ところが冷やかしでも自由に出入りできる雰囲気のお店は少なく、大抵のお店は買わないなら入ってくるなと言うお店作りをします。

    お店は店員のホームなので冷やかしに限らずお客様はアウェーだから、その中は強いなわばりを感じて萎縮します。 だから、なわばり意識を解除して冷やかし客が自由に出入りできるようにしない限り、そのお店はじり貧になっていくのにお客様を撃退するなんて馬鹿丸出しです。

    昔と違いネットのある今は冷やかし大歓迎にしないと流行らない、流行っていないお店は確実に冷やかしを邪険にします。 お店にお客様が入ってきても買いそうな気配がないと分かれば、買わないなら帰れと冷たい視線と態度の店員さんが多いです。

    流行らないお店はしょうがない接客しかしませんけど、「買わない=客ではない」と考えるのはアウト、その時は冷やかしかもしれないけれども次は買うかもしれない、その見込み客を失う接客しかしてないから流行らないのです。

    冷やかしは買わないお客様のことですが、買うつもりはなくて見に行っただけなのに欲しくなって買ってしまったとか、次のボーナスがでたら買おうと言う気持ちに持っていくのが本当の接客です。

    お店の前を通り過ぎていく人より冷やかしでも入ってくる人が神様、道を歩いている人に呼びかけて売るのは難しいけれど、冷やかしでもお店に入ってくるなら売る為のエネルギーは少なくて済む、それすら考えないから冷やかしに冷たくしてしまうのです。

    一つ例を出すと、SHIPS銀座店の斜め前の方にTと言う有名な靴屋(セレクトショップ)さんがありまして、昔は勢いがあったけれど今ではイオン傘下になったお店ですが、ここは「試し履きしたいならデパートへ行け」と言い放ちます。 (私もネタになるから行ってみると、見事にデパートへ行けと言われました。)

    また、お客様に専門用語を並べ立ててわからない時は、こんなことも知らないの?と馬鹿にしますが、そういうことをするから売り上げ低下でイオンに助けて貰ったのに、イオンに買収された事実を隠して上から目線の接客を続けています。

    昔に比べて銀座が売れなくなったのは高いからではなく、今でも上から目線で自分たちが売ってやっていると言う接客が多いからで、有楽町の阪急メンズ館と伊勢丹新宿メンズ館を比べたら伊勢丹新宿メンズ館の勝ち、それは阪急メンズ館の方が明らかに不快になる接客だからです。

    私は本当に良い物を買いたい時は新宿へ行きますが、銀座や日本橋でノルマ達成の為に架空の売り上げを作り新宿へ流す、その流した品物は正規にも拘らず2~5割引きで売っている、全く同じ品物が安くて良い接客で買えるなら銀座より新宿へ行くのは当たり前です。

    冷やかしを大事にする、無茶苦茶良い接客をしろと言うのではなく普通に対応すればいいだけ、それもできないお店で嫌な思いをしたくなければ直営店へ行くこと、ヴィトンが欲しけれは並木通りのヴィトン直営店へ、ネットの時代のセレクトショップの役目は終わったような気もします。

    あなたは冷やかし、大切にしていますか?

    (;"ε")σ アナタ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop