徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男心の活用法~28。

    おはようございます。 素敵なお客様方の歩んで行く道とは自分で決められる、その代わりに決めたことの責任は自分で取る、それだけのことを難しく考えていると、素敵な人との結婚は逆に難しくなりますから、あなたが抱きしめたい人は、あなたを抱きしめたいと思ってくれる人、それが理想ではあります。

    さて、今日も男心の活用法ですが、結婚するしない以前に好きかどうかや愛があるかどうかなど、それにしつこく拘る人はそれで構いませんが、拘って独身のままなら受け入れるしかない、自分が独身なのを誰かにぶつけるのはお門違い、極論で言うと結婚とはできる人はできるし、できない人はできないのです。

    昔と今は時代が違う、それをスマホなど家電ではわかっているのに、恋愛となれば時代は関係ないと思い込む、それがそもそもの間違いです。

    今の時代は終身雇用も無ければ年功序列も無い、そして男も女も結婚できない割合だけは増えていく、今の時代に結婚して良い見極めポイントは何と言っても「仕事」で、男は働いてなんぼ、稼いできて家族を養う、それに家族が感謝して男はやる気が出る、この繰り返しが理想です。

    世間でマスコミが訳の分からないことを言っていますが、横並びで男も家事育児を手伝えとか、イクメンと言う仕事を休んで育児を手伝宇野が当たり前など、これを声高に言う人々にお伺いしたいのですが、「どんなレベルの旦那様と結婚されていますか?」と、これに答えて欲しいのです。

    例えば、年収1000万で朝から晩まで働き詰めで休日出勤は当たり前、奥様は専業主婦、この夫婦の場合は家事育児を手伝えと言う方が無理です。

    しかし、男の方が無職で一日中家にいるとか、アルバイト生活で奥様より早く家にいるなど、男の方は稼ぎが無くて奥様より早く家にいることが多い、これなら家事育児を手伝うのは当たり前、この二つのケースをひとまとめにしているのが間違いです。

    こんなことは旦那様を尊敬していたら最初から言う必要が無いし、尊敬される旦那様なら稼いでくるか、最初から手伝うか、どちらにせよ、「女の幸せは男によって決まる」と言う部分を理解できていない女性が、男も家事育児を手伝えと言っているだけです。

    結婚の時に贅沢な条件ではダメですが、ある程度の経済力は条件に必ず入れておかないと、愛だの好きだのと惚れた腫れたで結婚はできない、夫婦間の揉め事はお金の比率が年々高くなってくるから、新婚の時は愛さえあれば貧困も耐えられると思っている女性が、年々亭主の稼ぎが少ない~亭主がお金を使い借金だらけ、こういうのに嫌気がさしてくること間違いなしです。

    もしも、定年後に働かずお金を使うだけの旦那がいたら、それを養う立場の奥様はげんなりする筈、独身の時にはわからないことですし、ろくでなし系の旦那を捕まえている人にもわかりませんが、男は働いてなんぼです。

    TVドラマなどで「愛はお金じゃない」と言うのは、終身雇用や年功序列があった時代の話です。

    その当時は我慢して勤めていれば給料も人並みに上がり、車も家も持てた時代ですから良いけれど、今はそれなりに稼ぎがあることが幸せの前提、欲しい時に欲しいモノと言う贅沢ではなく、必要な時に必要なものが買える経済力は必要です。

    今の日本でお金とは頑張ればある程度は稼げるもので、長く働く方法もあれば、特殊技術や資格により稼ぐ方法もあるので、どれが良いかは個人別ですが、本人の努力次第でどうにでもなるもので、贅沢を言わなければ夫婦仲良くは無理な話ではありません。

    しかし、貧困が前提の結婚(恋愛)は難しい、それなのに愛だの好きだの言っていると、気付いた時には手遅れと言う場合も多く、もっと言うなら貧困な恋人や夫婦のほとんどが手遅れです。

    結婚前に貧困と言うことは、結婚後に生活の面倒をあなたが見る覚悟が必要で、今お金が無くて貧困なのに、どうして結婚後にお金が湧いて出て来ると言うのか、今貧困な彼は結婚後も貧困です。

    ただし、彼が寄付をしてお金が無いなど、ちゃんと働いているのにお金が無い理由があるなら別ですが、その理由も大抵は恋をしている当事者以外はバカバカしいレベルがほとんどで、キャバクラやギャンブルでお金がないと言うのが大半です。

    自然の中で自給自足生活や、節約生活でメイクも服も野生のままでいい、そういうことであれば貧困生活も大丈夫ですが、愛だの好きだの言っても蛇も虫もおかずにするのは厳しいと思いますし、すぐに日本人としての平均的な生活が懐かしくなると思います。

    非情に思うかも知れませんが、心の中で計算しながら付き合うのも言あmの時代はあり、年收が350万だから東京では生活費がなどの計算ができて、それで二人で仲良く食べているるなら万々歳で言うことなし、共働きでも仲良くやれる為にも稼ぎが悪いなら、労働時間が短いなら、家事育児を手伝うことで更に仲良くできます。

    しかし、霊視カウンセリング山崎へ鑑定に来ている男性陣のように、朝から晩まで仕事をして~休日も仕事に出ていき~年収1000万~専業主婦など、こういう状態で家事育児を手伝えは無し、そういう要求をすること自体が考え違いも甚だしいとなります。

    男性の中身を見るとは現実を見ることでもあり、できる時にできる方ができることをすると言うのは幻想、できるの意味は広いし、できる時の意味も広い、それをお互いが言い始めると喧嘩の元、それよりも男は働いてなんぼ、家族の為に頑張るのが一番楽なのです。

    奥様が旦那様のことを尊敬するしかない、そういう人間性と稼ぎがあるならイクメンなどと言う言葉が生まれる筈が無い、奥様の稼ぎに頼ろうとするから、こういう言葉が生まれるのですが、そういう男性が良いと言い始めた女性にも少しは責任があります。

    あなたは男心の活用法~28、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    東京出張:現在は4月の予約を受付中で、7~3月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    皇居の中。

    おはようございます。 素敵なお客様にはお世話になりっぱなしで、私なんかが鑑定させて頂けるなんて本当に嬉しい限りで、本来ならばお会いできる筈もなかった人生が、一変して素敵なお客様方にお会いできる人生は不思議です。

    さて、東京のパワースポット言えば「皇居」が最高、ここは天皇陛下の住居でもありますが、風水的には富士山と秩父山系の霊力が流れ込んでいる龍穴とも言われていて、日本で最も強いパワーを発する龍穴の上にあり、天の気と大地の気を結んだモノが大地から吹き出ている場所に当たるようです。

    風水師たちも推薦する霊的磁力の強い場所と言え、どんな悪霊が憑いていても皇居に入った途端に全てが弾かれると言われています。 皇居は江戸城でもあり風水で守られた聖地、築城の際に風水術を徹底して施されていた為、良質な気が満ちている場所です。

    江戸は風水的に恵まれた土地ではなかったけれども、徳川家康のブレーンである天海僧正が土地に様々な細工をして、富士山や秩父山系からの生気を江戸に集めて、生気の終着点が江戸城に集まるように設計したと言われます。

    鬼門(東北)の方角にある上野寛永寺は鬼門封じの意味があり、裏鬼門(南西)の方角にある増上寺は裏鬼門封じの意味があり、五色不動を配置して守りとして現在では東京スカイツリーが鬼門、東京タワーが裏鬼門のライン上にあります。

    更に大きな輪で見ると、北の守りは日光東照宮(日光三山)で、鬼門(北東)の守りは筑波山~鬼怒川~利根川で、裏鬼門(南西)の守りは大山、東の守りは房総半島の山並み、西の守りは秩父山系~高尾山系~丹沢山系、南の三浦半島が朝山で気が漏れるのを防ぐと言われています。

    江戸城が建てられた場所は仙掌格という吉相の地で、江戸城周辺が渦巻き型になっているのは富士山からの地龍を穴に向かわせる為です。

    ご利益としては、「万能のパワー、全体運アップ、自分の能力アップ、気力回復、頭スッキリ、邪気を浄化、驕り高ぶりを静める、感謝を深める、生命力アップ、日本や世界の為に貢献したい気持ちが湧いてくる。」など、色々なパワーに溢れていると言われています。

    東京駅からも歩いてすぐの皇居は日本人だけでなく海外の旅行者も含め、多くの人が訪れる観光名所ですが基本的に皇居の中は立ち入り禁止、ところが事前に予約をすると皇居の内部に入ることが出来たりします。

    予約をすれば通常は入れない宮殿や宮内庁庁舎の建物など、皇居内の一部を見学できるので、一度は応募して許可を得て散策してみて下さいませ、色々な意味で天皇陛下のご苦労が少しはわかると思います。

    当日は「桔梗門」前に集合場所して受付、受付は参観開始時間の30前からで、受付の桔梗門前で皇宮警察係官に名前と住所を言い、この時に免許やパスポートなど本人確認が必要、身分証明を忘れずに持参して下さい。

    そして集合の後は窓明館と言う場所でビデオや説明を聞きますが、この奥宮内庁生協があり、この生協ではお土産を購入することができます。 このタイミングでしか窓明館に入るのは無理、宮内庁生活協同組合と言う内緒のお店の、そこでしか購入できない皇居土産を買うと、ちょっと優雅な気分になれます。

    私も2回応募して入ったことがありますが、その当時の私は行けば行くほど運気が悪くなったような気がしていました。 今から考えれば当たり前ですが、皇居の中のパワーが凄くて受け止めきれない、それが当時の私の現実だったと思いますが、今は入って試したいけれど行く時間が全く取れません。

    平日の日中の午前と午後の2回しかチャンスが無いので、その時間帯に参加すると鑑定時間が半日潰れてしまいますが、その当時は暇で暇でいくらでも時間がありましたから、今から思うと嘘みたいです。

    以前にもブログに書きましたが、私が小学生の頃に聞いた話ですが、県北で皇居の掃除ツアーがありましたが、皇居内へ掃除の名目で入り皇居内を見学できる内容でした。 ただし、一応は掃除と言う名目なので門から建物内(御所など)へ行く道などを、草取りや落ち葉拾いなど少しは掃除することになりますが、天皇家の方々が通る時に間近で見れるのが特典でした。

    そして県北の人たちが掃除をしていると運が良いのか悪いのか分かりませんが、ちょうど浩宮様(皇太子徳仁親王)が御戻りになられました。 車から降りた後はSPが浩宮様の周りを警護しながら、県北の人たちが掃除をしている道を門から建物の方へ歩いてきます。

    係の人は「みなさ~ん、これから浩宮様が御通りになるので、道の両側へ整列してくださ~い!」と声を張り上げ、参加者たちは作業を止めて道の両側へ並びました。 初夏で暑い日差しを避ける為に帽子を被っている人も多かったのですが、さすがに整列した後は帽子を脱いで御通りになるのを待っていました。

    そして浩宮様が徐々に近づいてくると参加者たちは、「おぉ~、本物だぁ~。」と思ったかどうかは分かりませんが、取り敢えず道の両側へ整列して御通りになられるのを見ていました。

    その時、係の人がタオルを頭に掛けている男性を発見したのですが、その男性はタオルを頭に掛けて顎の下で結んでいました。 浩宮様が近づいてくるのにタオルを頭に掛けたままですが、それに気付いた係の人も道の反対側だから浩宮様の前を横断することもできません。

    焦った係の人は「被り物を取れ~!」と叫んだのですが、それに驚いた男性は慌ててタオルの結び目を掴んで、「えいっ!」と引っ張り、勢いよくタオルを頭から外しました。

    すると引っ張った反動でタオルが頭から外れると同時に、カツラも一緒に外れて空中を「ポ~ン!」と飛んで浩宮様の前に「ぽとん…。」と落ちました。 係の人も飛ばした本人も真っ青になったのですが、浩宮様は落ち着いてカツラを拾い上げて男性の元へ近寄り、「どうぞ。」と静かに手渡ししたそうです。

    これ、政治家・官僚・世間一般の男性サラリーマンなどは、笑って馬鹿にするとか~罵詈雑言を浴びせるなど、人として気品溢れる行動は取りませんが、浩宮様は気品溢れる行いで男性に恥をかかせないよう、静かに手渡しして何事も無かったように建物内へお入りになられました。

    皇居と言うのは、まさに品格ある人がいる場所なのだなと、つくづく思いました。

    あなたは皇居の中へ、入ってみたいですか?

    OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    孤独な時間。

    おはようございまず。 今日も生きていることに感謝、朝、目が覚めるのは奇跡であり、それを当たり前と思っているなら病気になると慌てることになる、何かトラブルがあると不平不満を言うようになる、それは自分を戒めると同時に褒めてあげることで防げるようになります。

    さて、急がば回れと言う諺通り、占いの予約は早く取れることがイイ訳ではなく、その人に取って最適な時に取れるものです。 実は予約を入れてある日時に向かって、運命が屋物事が動いたりするので、少しでも早くと欲を出して卑怯なことをしていると、逆に痛い目に遭ったりします。

    たまに東京の方が倉敷へ予約を入れますが、大抵は遅刻か無断キャンセルで、仮に来れても鑑定内容に納得が行かず怒りだしたり、鑑定後に何らかの事象を発生させたり、他の方が守られているルールを破るのは自分の損です。

    人は想像力があるから素晴らしい、それをマイナスに使うのは勿体ない、想像力はプラスに使ってなんぼ、誰かを疑う為ではなく誰かを信じる為に使うなど、想像力を良い方向へ向けると人生は嬉しいことや楽しいことで溢れますから、犯罪者よりも一般の人を優遇する世の中になって欲しいです。

    犯罪者を擁護する人たちがよく言う、「セカンドチャンスが与えられるべきだ」と御高説を講釈されますが、犯罪も犯さず真面目に働いて、きちんとした生活を送りながら勉強など努力もしている、そういうちゃんとした人にこそ、「ファーストチャンス」を与えて欲しいと思います。

    また、会社や学校で人間関係に悩む人は多いけれど、好きでもない仲間たちと偽の笑いで我慢するよりも自分一人でいる方が心の平穏で勉強になる時間、人に気にいられる為に我慢してレベルを下げるより高い位置へ早く到達して上の人たちの仲間になる、偽りの仲間内で精神的孤独の方が苦痛で惨めです。

    残念ながら孤独は人生の本質ですが、孤独を知っていると自殺は無理、孤独でいた人程、家族や恋人~新しく出会う人々、そういう誰かと出会った時の喜びを知っているから、自ら人生に絶望なんて無理、本当に孤独を知っている人は自殺なんかできません。

    自己啓発本やセミナーなどでは、孤独を楽しめるようにならないと人は不平不満を抱えて生きるようになる、孤独は怖いモノでもないし嫌なモノでもないと言いますが、私は孤独も孤立もごめんなさいで、トイレ~通勤~買い出しなど一人のシーンはあったとしても、孤独も孤立も御免被るです。

    自分で動かない限り孤独の総量は常に平等、人は自分だけが特別に孤独だと感じがち、その考えに固執すると人は自棄になる、人生は孤独との戦いと言うけれど戦うから辛いだけ、仲間にして付き合えば戦わずに済む、忘れるのも良し、しれっと生きるも良し、それが大人です。

    ただし、一人の時間と誰かと一緒の時間は両方必要、一人の時間が長すぎると寂しくて嫌になる、誰かと群れてばかりだとうざくなる、意識的に切り替えないと心に影や不満が出てくる、両方を切り替えながら生きていると心にも生活にもメリハリができてきます。

    人を喜ばせるって楽しいこと、何も考えなくても自動的に気持ちがワクワクする時間、病気の子どもへ芸能人のサインを貰って渡してあげたら喜ぶだろうな、そう考えるだけでも幸せな気持ちになれる、それを邪推して誹謗中傷する人は、誰にも相手にされない寂しい人生なのは容易に想像できてしまうので、可哀想な人生だなと気の毒に思います。

    人は生まれてきた以上は誰かの役に立つ人生の方が楽しい、寄付もボランティアも理屈をつけてやらない人は多いけれど、相手を喜ばせる楽しみの分からない人は喜ばせて貰ったことが無いのか、もしくは喜ばせて貰ったことを忘れているか、どちらにしても寂しい生き方のままです。

    たった一人の人間が、たった一人だけで良いから笑顔にして行けば、笑顔の連鎖がある内は戦争など争いが起こらない、戦争が起きる根っこの部分は主義主張、自分の考えを認めない奴は皆殺し、譲り合う社会(国)には戦争は起こらない、だから世界中の戦争はほぼ宗教が発端です。

    結局、宗教とは相手を認めない考えの集合体、相手を認めることができる人は器が大きい、相手の凄さがわからない人は自分が相手と同じレベルに達していないから、相手の凄さが理解できない、相手のレベルを理解できるのは自分も到達できる、もしくは既に到達している、相手を認めることのできる大人はカッコいいです。

    どうにもならないことの連続が人生、そのどうにもならないことに悩んでも意味が無いから、できることを積み上げていくのが人生、できないことは考えるだけでできないまま、できることを続けるとできる範囲が増えてくるから、そうなるとできなかったのが嘘みたいに解消です。

    自分が注意されないのは道を間違える元、親~上司~友人~色々な人に注意されるのは素晴らしい、出世や成功により力を持つと人は変わる、それを変わらぬまま過ごせる人が、俗に言う「温厚・腰が低い・変わらない」と言う評価、ふんぞり返っても偉くは見られません。

    それに他の人の言うことは気にしない、「Aさんがね、あなたのこと、○○って言ってたよ。」と言う場合の「Aさん」=言ってきた本人です。 「おまえなんか、世間が許さんわ!」と言う場合の「世間」=自分、卑怯な人は匿名性を好み、「自分はいいけれど周りの人がね~」と言いたがります。

    努力を表す言葉に「流した汗は嘘を吐かない」とありますが、それはドラマや映画で言う現実を知らない人の空虚な言葉、努力は頭を使って方向性を見い出して、その上で動かないと努力ではなく徒労に終わるだけ、俳優志望の人が声優の事務所へ入っても仕事はありません。

    そして最悪なのは時間を守らないこと、これは人間の信用を無くす行為で時間にルーズな人は心も生き方もルーズ、人を待たせて相手の時間を奪ってもいいと言う驕りが定着、時間を守らない人とは深く関わらない、それがあなたの時間を守る唯一の手立て、時間=命の重みのわからない人は心が粗悪なままです。

    今日は時間と人間関係に関する内容でしたが、人は時間と人間関係を大切にしていれば、大抵の危機は乗り切れます。

    あなたは孤独な時間、扱えていますか?

    (゚∇^)]モシモシ?

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop