徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    昔と今。

    おはようございます。 今日も素晴らしい一日となる目覚めがあり、そして自由に動ける素敵な日常の始まりです。 日本に生まれただけで幸せなのに、あれが無いこれが無いと言うのは現状に満足していない=もっと酷くてもいい、そう神様に受け取られかねないです。

    ただし、私自身がそういう人間だったので人のことは言えない、人のことを言えば自分に返ってくるブーメンランが多数なので、過去の行いが恥ずかしいと思いますが、やってしまった過去は消せないので、これからの行いでマイナスをプラスに変えて行くしかありません。

    昔を振り返ると恥ずかしいと思う人は成長した証とも言えますが、今より昔の方が良かったと言うなら今が昔より落ちぶれているなど、今の方がダメになっているとも言えます。

    私で言うと素敵なお客様方のおかげで、昔と今なら今の方が遥かに上で天国です。

    あの時代に戻りたいかと言われたら無理で、今さら県北で生活なんてできないし、東京と倉敷の往復する生活も捨てられないし、一番は素敵なお客様方とお会いできなくなるなんて信じられない不幸だと感じます。

    今は素敵なお客様とお会いできるだけで生きていて良かったと思える、そんな素晴らしい時間を与えて頂けるなんて奇跡そのもの、本当に幸せな時間を与えて頂いているのも全ては素敵なお客様のおかげです。

    人は人と生きるしかない、誰とも関わらずに生きるのは無理、電気~水道~お米に野菜に肉、これら全ては誰かのおかげで手に入るし使えるものばかり、自分一人で生きているつもりでも必ず誰かと関わっています。

    朝起きたら感謝、動けたら感謝、ご飯を食べたらお百姓さんや漁師さんに感謝、そうやって感謝感謝で過ごせるのが本当の意味で人生の充実かと思います。

    昔の私は食べる御飯が無くて、川へ鰻やナマズを取りに行ったり山へ山菜を取りに行ったり、それで夜のご飯のおかずにしていた時もあります。 今でも夜のごはんはおかずが一品あれば充分で、ほうれん草だけとかウインナーだけなど、余計なおかずが欲しいと思わないのです。

    今は東京へ行った時にすき家やはなまるうどんへ入れるなんて凄く幸せ、温かいものが食べられるなんて贅沢な話です。

    人は成長する度に生活が豊かになるのが本当ですが、その豊かとは経済的には勿論ですが、精神的にも豊かにならないと人生は幸せにはなれません。 お金だけあると傲慢になって偉そうになるかもしれない、そして嫌われたままお金はあるけれど孤独かもしれない、そうなると人生が幸せとは言えません。

    かと言って精神性が高ければお金は不要かと言えばそうでもなく、必要な時に必要なものが買えるくらいのお金はあると嬉しい、贅沢はしなくてもいいけれどたまにはケーキを買って帰りたい、そういうささやかな楽しみの為にもお金は必要です。

    経済的な豊かさと精神的な豊かさの両方があれば、鬼に金棒と言えるのかもしれません。

    今と県北を比べると一目瞭然で比較にならないくらい幸せなので、もう少し時計を進めて占い師になったばかりの時と今を比べても、実はお恥ずかしいと反省するばかりで思い出したら苦痛の時もあります。

    何故なら、占い師初期の頃の自分は酷い鑑定だったと恥ずかしくなるからです。

    自分でも思うのですが初期の頃は占い師として説明不足、そしていい加減だったように思えます。 今がきちんとしているとは言えませんが、あの時代は本当に話す内容や伝え方など酷かったです。

    気に入らない人は鑑定しないなどもしていましたし、鑑定する時間も適当でしたから、短い人だと15分くらいですし、長い人だと60分くらい、最高記録は4時間鑑定していたこともあります。

    そして居たビルが閉鎖になるので移転せざるを得なくなって、それから転々として今の場所へ来たんですが、今の場所へ来てからの初期と今でも相当恥ずかしいです。 実は今の事務所の初期は時間に異様に厳しくて1分遅刻しても鑑定しない、とにかく時間ピッタリに拘っていました。

    視方や伝え方が下手だった時代、時間厳守で鑑定しなかった時代、この二つだけ思い返しても恥ずかしくなります。

    そして東京でも鑑定場所を移転しましたが、初期の頃は五反田で鑑定していました。 それから赤坂へ移転したのですが、その赤坂へ移転した初期と今でも全然違い、当時が恥ずかしいと反省するばかりです。 赤坂の初期の頃は倉敷の時と同じく時間厳守で、1分遅刻したら鑑定しないと言う程だったので、今から思えば時間を短くして鑑定すればと思います。

    ただ、言い訳するなら東京では時間を短くしたら怒られる、遅刻しても30分でないとダメなケースが大半で、そうなると次の方の時間を奪うことになるから、それなら最初から鑑定しないを選んでいました。

    今は遅刻して短くなるのは構いませんと言うお返事を頂けるので、少し短くなりますけれどと言うことで鑑定しているから、次の方への迷惑も無いので凄く良い状態です。

    そして鑑定内容でも東京初期の頃と今では説明する内容と言うか説明の仕方が違う、よりわかりやすく伝えることに力を入れていると言うか、自分の独りよがりの良い悪いを相手に強制しなくなった部分があります。

    自分や世間の良いを伝えるのではなく素敵なお客様に取っての良いを伝える、それをすることでより幸せになれるのではと言う考えになり、やりたいことを後押しする感じが増えました。

    これら諸々のことを考えると昔と今では大違いで、特に占い師初期~中期の頃の皆様には謝りたい、東京初期~中期の頃の皆様には謝りたい、そう思うくらい恥ずかしい状態だったと今ならわかります。

    しかし、今では会えないから謝れないので今後お越しになる方々に誠心誠意の鑑定をして、過去の罪滅ぼしや反省をして行くしかない、だからこそ生は永遠に修行だなと思います。

    あなたは昔と今、どちらが良いですか?

    ♪サンキュッ (v^-^v)♪

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    東京鑑定:現在は11月の予約を受付中で、4~10月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    正義の味方。

    おはようございます。 虐められている人を助けることはしても、虐めた人を虐めてやれと自分が天罰を下す権利があるとして、正義の味方のふりをして自分が同じ虐める立場になる、そんな狂気の世界へ足を踏み入れていることに気付いていない、そんな方向へ進まないのが人としての知性や教養です。

    日本人は親切で思いやりがあって素晴らしい国民だと信じていますが、それ故に逆に正義の味方になりすぎて、その正義の味方が真実も知らずに今度は自分が虐める方になっている、それすら気付かず正義の味方である自分に酔ってしまう、こうなると話を聞かない正義の味方の出来上がりです。

    果たして、日本人はいつからこんなに正義の味方が増えたのかなと思うのですが、ネット上では次々と正義の味方がリプライなどへ正義の書き込みをして、知らない人が見るとなるほどと正義の味方の出来上がり、それを読んだ人が同じように責め始める連鎖が始まるけれど、それを電車や会社など公共の現場で同じことができるのかと疑問です。

    何故なら、岡山空港の女子職員人質事件ではたまたま居合わせた非番の警官が一人動いただけ、機内でCAさんを恫喝しているオジサンを止めたのは私だけ、コンビニでレジの女性に絡んでいたオジサンを止めたのも私だけ、私は絡まれている女性を助ける男を見たことが無いし、電車でイヤホンの音漏れを注意する人も見たことがありません。

    ネット上だと「電車で音漏れは常識が無いぞ!」と書き込むのに、実際には見て見ぬふりと言う現実、本人を目の前にして何も言えない、これがあなたの彼や旦那の正体だとしたら、それを「すてき! かっこいい! 嬉しい! 惚れ直した!」になるとは思えません。

    つまり、ネット社会の問題は誰もが気軽に匿名で意見を言うようになったことで、ダンテ曰く「汝の道を歩め、そして人々をして語るにまかせよ。」との言葉を知らない人程、知らない人の世界観に首を突っ込んであれこれ指図するモノです。

    家族が亡くなった、家族が病気になった、仕事をクビになった、転職に失敗した、フラれたや離婚したやデートしたなど、これらは全て自分に起きたことで通りすがりの人に八つ当たりする権利はありません。

    法律に違反しない~他人に迷惑を掛けない、その場合は何をしてもいいのが個人の自由の筈です。 分かりやすく言えば、自分が相手を愛する権利はあるけれど相手から愛される権利はない、これは自分が行動するのはいいけれど、相手に行動を強制する権利はないと言う例えば話です。

    正義の味方は正論にて他人の行動や権利を阻害していますが、自分は何もしていないのに他人にはしろと強要する、自分の存在を価値あるものとして存在を示したいだけ、気の毒な生き方ではあるけれど自分では気付けません。

    実話ですが大阪で救急隊員が搬送後に、自販機で飲み物を買って救急車で飲んでいたところ市民からクレーム、救急隊員のサボっているところを見つけた私は偉いでしょと、他人から認められたい思いが正義の味方になっていますが、とんでもないおかしな言動だと自分では気付けていないのです。

    こういう人は企業や公的機関にクレームを入れて謝罪の言葉を貰い、自分が正義の味方だと自己陶酔した経験が、余計に正義の味方として色々な所に目を配り、少しでもミスしたらやっつけてやろうと思い込んでいる、こうなると正義の味方どころか単なるクレーマーです。

    日本は自由な国ですから訳の分からないクレームを入れるのも個人の自由ですが、だからと言って訳の分からないクレームに必ず対処しなければならない義務もなく、ここまでくると正義の味方から転じてクレーマーです。

    正義の味方もやり過ぎると悪そのものになる、その怖さを感じ取っているなら正義や正論ばかり言わなくなる、それを間違えてしまうのが人間であり、思いやりが転じて虐めになることも多いので、そこを自制できるかどうかが成長でもあります。

    そういう私も人のことは言えないのですが昨年は一つ失敗をしていて、それは自分で決めたことを自分で守らなかったことです。 答えないと決めたら沈黙する、それを情に絆されて破ってしまった、それが私のダメで未熟なところです。

    今まで行方不明や誘拐事件にて少しでも手助けになればと、倉敷の誘拐や北海道の行方不明やカナダの邦人行方不明や千葉の誘拐などは、霊視したことに後悔はなく少しでもお手伝いできたなら嬉しいです。

    しかし、世の中には善意の人ばかりではなく、ある事件はTwitterに探してあげてとの連絡が入り、それでも沈黙していたら更に探してあげてと次々と連絡、ついつい情に絆されて沈黙を破りました。

    その結果、運命からしてはいけないとの暗示を受け取りましたが、類は友を呼ぶの例え通り相手にしてはいけない人を相手にしたら、痛い目に遭うのは自分のせいだと悟りました。

    私の予約は順番制で予約を入れた順に鑑定ですが、順番とは酷いじゃないかと言う意味が分からないのですが、TVで報道されている事件だけが事件じゃなく行方不明の捜索は他にもあります。

    TVで報道された事件だけ優先して他のは後回しにしろなんて、他にお待ちになっているご家族の思いを蔑ろにするなんて酷いことは私にはできません。 私は電話番号を公開しているのに当事者が電話してこない、それが運命で周りがとやかく言うことではありません。

    私は飛行機など移動中にTwitterの更新が増えますが、ツイートする時間があるなら視てやれと詰め寄る前に、移動中と言う相手の事情も分からないようでは誰かの役に立つのは難しいと思います。

    類は友を呼ぶの諺通り、虐める人の周りには虐める人が集まる、叩く人の周りには叩く人が集まる、結局は相手にしてはならない人たちを相手にしたら痛い目に遭う、それを痛感できたのは学びとして良かったです。

    最後に男子会は5月13日(日)に開催しますが募集は今月末か来月初め、その時はブログやツイッターで発表します。 昔と違って今は男性鑑定をしたい、それは素晴らしい男性に出会えることが増えたからで、今後も男性鑑定を増やしていけたらなと思います。

    あなたは正義の味方、どう思いますか?

    (^0^ゞ らじゃ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    必要とされる。

    おはようございます。 今日も素晴らしい朝が来た、そして素敵な一日で終わることを確信できる、そんな日常が本当は幸せと気付けたら毎日が楽しい、病気も怪我もなく自由に動けるのは本当に素晴らしい奇跡です。

    ただ、人には考え方の差があるので、正解や不正解とか正しいや間違っているなど個人的な思い込みが強い人は、攻撃的な態度を改めない限り周りから人がいなくなる、それを理解できず悩み苦しむのは自由ですが、寂しいのに意地を張るのは勿体無い話です。

    仮の話ですが、何事に付けてつまらないを連発する男性がいたとして、生きていても仕事をしていてもつまらないとばかり言う、それを何とかして欲しいと言うことならいくら相談されても無理で、つまらないと感じる最大の原因は自分がつまらないからで、自分が面白いなら~自分が楽しいなら、人生をつまらないと感じることはありません。

    例えば、歳を取ると友人が減る場合は友人を増やしていないだけ、それをたくさんいたのに減ったと表現するのは勘違いです。 真の友人とは歳を取ってからできるもので、学生時代の友人に期待するのはTVドラマを信じるのと同じです。 私は県北より県南に出てきてからの方が多くの人と知り合えていますから、何歳でも知人や友人は増えます。

    世の中には色々な考えの人がいる、それだけなのに、あぁ言われた、こうされたと、嫌いな人のことを話す人は意外と多く、嫌いなら記憶から消せばいいのに嫌いな人を何とかしようとして余計に記憶に刻み込む、私は嫌いな人は相手にせず好きな人を増やす方に全力を注いでいます。

    「また、会いたい。」と思う相手に「また、会いたい。」と思われる、これは自分にも相手にも魅力があるからこその話、縁が広がらないなら自分に魅力を作るか相手に興味を持つか、どちらもできないなら縁が広がらなくても仕方が無い、それをどうしてと嘆いても始まらないのです。

    対人関係に置いて沈黙を嫌う人は多いのですが、会話だけがコミュニケーションではありません。 話したいことがある時に話すし、話すことが無いなら黙って聞き役に回る、お互いに話すことが無いなら笑顔でにこにこのみ、沈黙も会話なのに余計な一言を言うと関係がこじれます。

    人間関係を簡単にする方法は縁がある人と付き合い縁がない人とは付き合わない、それをしないなら人間関係で苦労します。 ベクトルが違うのに同じにしようとするのは無理、人間関係で悩むのは違う方向を同じにしようと無理を重ねるからです。

    結婚も結局はするかしないかだけで、しない人はしない~する人はする、しないからと言って不幸とは限らない、したからと言って幸せとは限らない、恋愛でも結婚でも選択肢が減る=諦めることが増えるだけ、それをわからないと未来は変わりません

    彼を信じる、この言葉は凄く良い言葉ですが恋愛(結婚)終了の言葉でもあり、本当に相手のことを信じていたらでてこない言葉です。 この言葉は結果が出ていない相手に対しての言葉で、これからも結果が出ないであろうと予感がして不安から出る言葉です。

    夢を語るけれど実行力の無い男性と夢を語らないけれど行動力のある男性、どちらと結婚した方が幸せかの答えは行動力のある男性で、夢を語ると心地いいけれど結婚とは生活を続けていくこと、夢で飯が食えたらいいけれど生活を支えるのはロマンではなく現実です。

    これは絶対ではないけれど、そういう傾向があると言う話です。 私の所へ結婚前に彼と二人で挨拶に来た御夫婦は今のところ離婚ゼロ、この記録を死ぬまで続けたいと思いますが、挨拶に来れない状況になるのは運命からの暗示かもしれません。

    夢と現実は違うもの、ネット上でいいねをしてくれる人が1万人と、いつでも声を掛ければ一緒に食事へ行ってくれる人が10人、私なら食事へ10人の方が楽しいです。 しかし、いいねが1万人を好む人もいるから両方正解、これが最高と人に強要し始めたら人生がつまらない方へ行っている証拠で、どちらも正解で選ぶ人の自由です。

    また、必要とされること自体は素晴らしいけれど、誰に必要とされるかが問題です。 強盗団に力を貸して欲しいと言われる人生と、マザーテレサに力を貸して欲しいと言われる人生では、どちらも必要とされているけれど、どちらに価値を見い出すかはあなたの目の付け所です。

    昔の私はわかっていなかったと反省しきりですが、異論反論はいくらしてもいいし、自分の主義主張も大切ですが、今の自分の現状は異論反論や主義主張をしてきた結果です。 それは誰のせいでもないし、ちゃんと結果が出ているので、それを嘆いても仕方が無いのです。

    例えば、男とは働いてなんぼであり、家事を手伝えるのは暇な証拠です。 仕事をきちんとして家族を養っているなら、そんなに家事育児を手伝える訳がありません。 しかし、奥様より給料が低い、奥様より早く家に帰る、そういう場合は手伝うのが夫婦、敬意が無い夫婦はいざこざが多いです

    人生は何度でもやり直せますから今は凹んでいるかもしれない、今は燻っているかもしれません。 しかし、明日も明後日も同じとは限らない、その為にも自分で自分を変えることで、きっと未来は変えられます。

    私も鑑定に来る人が減り2014年7月に辞める気でいたところ、やけくそでやった倉敷の誘拐事件で居場所特定により、急に予約が増えて復活できたからこそ今があり、人生って何がどうなるか分からないいものだとしみじみ感じました。

    人の幸せはお金や物や自分中心ではないと言いつつ、行動を見ると逆なことが多く、それに気付いて戒める、その繰り返しが人生ですから何度でも人生はやり直せます。

    私のところへ鑑定に来る人は寄付やボランティアに縁がある、そして人に喜ばれる使命があります。 だからイベントでも楽しいや嬉しいがあり、私のところへ鑑定に来る方々は全ての方が素晴らしい天女だと胸を張って言えます。

    最後に春のお茶会のお知らせですが、4月15日(日)の午前8時50分にJR新橋駅のSL広場のSL前に集合して下さいませ。 流れとしては時間になったら集合写真を撮って、3グループほどに分けて、そのグループごとに自由にお店を選んでお茶へ行く、そんな感じになります。 (←雨天決行です)

    参加できるのは過去に鑑定へ来た方は誰でも参加OKで、現地にお手伝いスタッフがいるので、鑑定へ来たことがあるかどうかだけ確認して、後は説明して下さると思います。 これは気が向いたらなので強制でも何でもなく、和気藹々と過ごせるお茶会になればと思います。

    あなたは必要とされる人生、送りたいですか?

    d(⌒ー⌒) グッ!!

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop