徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    友人不要論。

    おはようございます。 今日も素晴らしい一日の始まりですが、それは神様から与えられた御褒美、事故も病気も何も無いのは幸せなこと、何も無いのはそれだけでラッキーだと気付けたら今日一日幸せです。

    さて、友人関係で悩む御相談は多いのですが、その中でも親が子どもの友人関係に悩むお節介部分での御相談は、親心とは言え子供心を傷付けていることに気付いていません。 例えば、私は友達の数を聞かれたらゼロと答えますが、それで恥ずかしいと思ったことはありません。

    子どもに対して「最近、Aちゃんと仲良くしてる? 前はうちにも遊びに来ていたのに、どうしたの、喧嘩したの?」と、こういう余計な言葉をかけると子どもの心に傷を一つ付ける、誰と付き合おうと仲良くしようと、犯罪に加担したり明らかに悪いことでない限り任せるが正解です。

    成人するまで友人は重要でもないし必要不可欠でもない、それを今日は解説していきたいと思います。 (←成人してから、特に35~40歳を過ぎたら話は別で、あくまでも成人までの話です。)

    勿論、社会に迷惑をかけたり法律に違反したりはいけませんし、社会と協調して生きるのも人として当たり前ですが、それと友人の有無や人数は無関係です。 逆に友人関係を保つ為に自分の意見や主義主張を引っ込めて、悪いことに手を染めるくらいなら必要ありません。

    社会に出て仕事をする上では当然ながら協調することは必要ですが、プライベートでは群れなくてもいい、休日に一人で過ごのも身体だけではなく精神を休めることですし、常に誰かと繋がっているはやめても構いません。

    それによく考えると友人は何も手助けしてはくれない、誤解されない様にして頂きたいのは全てではないけれど大多数と言う意味です。 人生で何らかのトラブルがあっても話を聞いて貰って終わり、しかも人によっては秘密の筈なのに拡散されたりします。

    そして昔と違い今はネットやSNSがあるので友人がいなくても情報には事欠かない、昔なら人から人へと伝わることがネットで検索したら出てくる、それに就職や結婚など色々なことで人間関係がくっついたり離れたりの繰り返し、仲が良くても話をしないことはあるし、仲が悪くても時には仲良くしたりと関係は変わり続けるのが普通です。

    友人関係は自分がどうこうではなく相手の変化や社会の変化でも起きる、昔の友人にいつまでもしがみつく方が新たな出会いを避けていることになります。

    今はSNSなどネットで繋がれる社会となったから付き合いが無くても、その気になれば検索してある程度の行動は見えてしまう時代、しかもDVDのネット配信やスマホのゲームやアプリでいくらでも暇潰しになります。

    社会には悪い人も良い人もいるので誰と付き合うかは自分が決めること、友人無しで過ごす人は協調性が無い訳でもないし、友人が多い人が素晴らしい人とは限らない、一つ言えることは友人がいなくても人は生きていけるし、かと言って一人ではなくコンビニでも会社でも毎日誰かと関わって生きています。

    占い的に言うと人間関係は変化することが普通なのに、変わらないと思い込んでいる人ほど変わったらダメージを受ける、親友なども思い込みの部分が多く、人生で一番の大親友と思っていて今でも付き合いが続いている方が少ないです。

    男もそうですが女性の方がより生活環境の変化があるので、60~70歳になった時に縁が切れないで続いているなら、それが友人と思うくらいで良いかもしれません。

    友人ゼロは恥ずかしいと無理に友人を作ると疲れてしまうだけ、人は生きている限り環境や価値観が変わるので、不愉快な思いをすることやくだらない話に付き合えないと思います。 そういう人と付き合うくらいなら一人の方がまし、伴侶だったり兄弟だったり趣味仲間だったり、自然体で話せる相手が1人いれば充分かと思います。

    どれだけ親密であろうとも人間関係とはあっさり終わるもの、縁を切ろうかと悩む必要はない位、相手はどうでもいいと思っていたりもします。 あくまでも人間関係は良好な方がいいに決まっていますが、友人のカテゴリーで悩んでいるなら相手はそれ程には思っていてくれないのも事実です。

    学生時代は社会へ出る前だから友人の多さはステータスで、学生時代は友人がいないのが恥ずかしいと刷り込まれます。 それが社会人になると友人とは疎遠になることがほとんど、仕事や家庭などに追われて友人を感じなくなると思います。

    つまり、日々思うのは自分のこと、学生時代は暇だから友人がいるけれど社会へ出ると忙しいから友人は必要ない、それくらい付き合いが変わる筈ですが、そこで初めて友人はそんなに重要な物ではないと気付けます。

    友人に限らず付き合いは自分の現在の環境や状況で変わっていくもの、自分自身の心の在り方がどうかの方が重要で、友人が自分の人生に影響したと言う人はそんなに多くありません。

    東大卒の林先生も私と同じ考え方で社会へ出るまで友人不要論を唱えておられますが、林先生の方が私よりも話に真実味が出ると思います。 現時点で30~40代の人で小学校の時に友人だった人と今でも付き合いがある人、中学でも高校でも同じですがほとんどいない筈です。

    稀に就職先が一緒や地元で子どもが同じ学校、他には同窓会など何らかの事情により接点がある場合を除き、社会へ出るまでに仲の良かった人と卒業して20~30年経った今でも付き合いがあるなんて、それは余程何かの事情があるか~変化が無くて同レベルのままでいる場合のみです。

    私は友人を聞かれたらゼロと即答しますが、その代わりに知り合いは多いかもしれないと言うニュアンスに変化しますが、それは立場や状況で人間関係は変化することを受け入れているからです。

    県北で過ごしていたら占い師にはならずに犯罪に加担しながら、ろくでなしの生き方をしていたと思いますが、今は素敵なお客様と毎日お会いできるから人生が充実しています。 素晴らしい方々と次々とお会いできて自分自身を磨ける、来年はもっと多くの方々とお会いできる、そういう素晴らしい出会いに感謝できるなんて本当に幸せです。

    あなたは友達不要論、どう思いますか?

    ☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    東京鑑定:現在は3月の予約を受付中で、10~2月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    バカにする心理。

    おはようございます。 今日と言う日を無事に迎えることができたのは幸せ、それを大袈裟だとか思えるなら今が幸せな証拠、今現在が何も起きていないから不平不満が出るだけで、西日本豪雨や北海道地震みたいに何かが起きたら何も起きていない生活が有り難く感じる、人は何も無い時こそ本当は幸せです。

    私は日本人に生まれて幸せですし、もしも神様にお願いできるなら次も日本人でお願いしたいのですが、日本人以外に生まれる選択肢はないと言っても過言ではありません。

    日本はダメだと言う人は日本以外のどの国なら良いのか、あれだけ日本を敵視して嫌がらせをしてくる中国や韓国ですら本音では日本が大好き、韓国など国が主導して日本へ集団で就職を斡旋していますが、日本を嫌いな人ですら日本へ住みたいと言うなんて、どれだけ日本が住みやすくて公平で素晴らしい国かを証明しています。

    日本はダメだと言う人は外国へ行ってもだめ、日本でモテない人が外国でモテる可能性は少なく、そこでモテるなら何かが目的であると言う現実を知らないと、犯罪に巻き込まれてどうにもならなくなって後悔することになります。

    今ある現状に満足しろと言う訳ではなく今ある現状に感謝して上を目指していく、そうやって今に満足した上で感謝していると次の扉が開く、それが運命からの暗示ですが、それに気付かず現状に不平不満を言っていると先へ進めなくなります。

    恋愛に例えるなら、不平不満を言いまくっている人と感謝している人では顔付きが違うから、自然と笑顔で朗らかな方へ引き寄せられますが、不平不満と感謝ではどちらが笑顔の人かは言わなくても分かります。

    自分が付き合って結婚したいと思うのは言わずもがなですが、中には陰でこそこそが得意な人がいて、そういう人は本人の前では良い顔をしたり何も言えなかったりしますが、陰に回ると攻撃する卑怯な性質があります。

    悪口を言う人は相手にしても仕方がないものですが、どうして相手にしても仕方がないのか、悪口を言う人の心理から解説してみますね。

    悪口を言う一番大きな要因は「自分を大きく見せたい」で、悪口を言う人は相手をけなすことで自分を大きく見せたいと言うくだらない精神の持ち主です。 これは指摘されても否定する人が大半ですが、自分でも気付かないうちに悪口を言って、自分を大きく見せようなどの意思はないと自分では思っています。

    例えば、「山崎って本当に当たらないクソ占い師、インチキだよな!」と言う人たちは遠まわしに、「山崎が馬鹿だと分かる俺様は、山崎より頭が良くてカッコイイ!」と周りにアピールしています。

    そうでなくとも誰かのことを「あいつは負け組だな!と言う人は、遠回しに自分のことを勝ち組だと自己主張しています。 堂々と相手に向かって自慢するとやり込められて怖いから、他人を見下して批判することで自分を上位に持っていき自慢しています。

    ところが本人が思うのとは裏腹に陰でコソコソ批判するタイプは、実際には大した実績もない単なる口だけ立派な人間と思われています。

    周りから大したことのない口だけ立派な人間と思われているのを自覚しているからこそ、一生懸命に自分を大きく見せようとして、自分の中にある劣等感を隠す為に悪口を言って自分を納得させています。

    悪口を言う人は嫉妬の塊で自分より相手の方が優れているのが悔しい、自分が手に入れたい能力などを持ち合わせていないから勝てない、そういう頑張っても勝てない自分の情けなさを隠す為に悔し紛れに悪口を言って攻撃する、それで自分の中のプライドを保っているのです。

    ネットを見ればよく分かるように、芸能人や有名企業の社長などの悪口を書きまくっている人は大勢います。 自分も有名になったりお金持ちになったりしたいのに、それもできずにやりたくない仕事をしている毎日に嫌気がさしているのにやめられない、芸能人や社長の華々しい生活に比べて情けないと感じてしまいます。

    その悔しさから一生懸命に相手を貶すしかない、とにかく相手をけなして安心しないと心の平穏が保てない、実際には相手が羨ましくて仕方がないからです。

    自分の劣等感が強ければ強いほど悪口が激しい現実があり、ネットで過激な書き込みをして逮捕される人の大半が無職で、自分は仕事にも就けず誰からも必要とされていない、だからこそ顔が見えない時は強気で偉そうに振舞えるのです。

    現実のステータスとネットの態度は反比例すると言われますが、あるスポーツ選手のことを誹謗中傷する人が逮捕されら普通のOLさんだったことがありますし、誹謗中傷を書き込んでいる人が逮捕されたニュースを見ると無職の中年オヤジが多いです。

    これこそが現実のステータスとネットの態度は反比例で、自分が惨めで情けないから輝いている人間を一生懸命に引きずり落とそうとします。 普通なら友人知人がいて話もできてストレス発散もできるけれど、悪口を言って他人をけなすことでストレス発散の人も存在します。

    自分の不安や不満を解消する為に人の悪口を言う、このタイプは心の底から他人を攻撃するのが楽しいから危険で、このタイプは実際に会うと礼儀正しくて一見するとまともに見える人が多いです。

    何故なら、恐怖を和らげる為に仲間外れの人を友達いないと馬鹿にしたり有名人を見下して攻撃します。 自分が次はああなるかもしれない恐怖を隠す為にはいじめるしかないし、手の届かない場所へいる人と関わり合いたいのに相手にされない悔しさ、その恐怖感を隠す為に相手を攻撃する人が多いです。

    言うなればヤンキーに絡まれて何もできなかった人が、いなくなったらボロクソに言って自分のプライドを保とうとする心理と同じ、心にある惨めな恐怖を振り払う為に必死で相手を馬鹿にします。

    あなたはバカにする心理、理解できますか?

    ★⌒(@^-゜@)v ヨロシクネ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    グルメ情報。

    おはようございます。 今日も素晴らしい一日の始まりですが、それは目の前にあることに感謝していれば更に充実する筈で、何も無いことをダメだと思うのは早計でです。 事故も病気も災害も何も無いことで一日が終わり、それに感謝して終わるのが最高に幸せです。

    電気や水道が使えるだけでも幸せ、住むところがあるだけでも幸せ、御飯が食べられるだけで幸せ、そうやって考えると日本に生まれただけで幸せですから日常は幸せの塊だと思います。

    今の日本は世界最高の贅沢ができる国ですが、大切な食べ物を上手い不味いと批評しているのは日本が一番うるさい、ご飯が食べられるだけで幸せな国がたくさんある中で、罰が当たるのではないかと言うくらい食において贅沢を言い放題です。

    先日、グルメな芸能人がTVで「そばを食べるならつゆにつけるのはほんの少し、香りとのど越しを楽しむ~」とうるさく蘊蓄を語っていましたが、そばを打ったこともないしそばを育てたことも無い、そんな人が農家さんや職人さんのことをあれこれ言うのは贅沢そのもの、それが許される日本は贅沢と言えます。

    今は1億総評論家とも言えますがネット上でもグルメを語る人の多いこと、ブログでもそうですがSNSで画像付きで批評して、そして食べるのかと言えば写真を撮って満足して食べずに捨てる、こんなことをしていると将来は食べる物が無くなっても自業自得です。

    ネットのステータスと現実のステータスは反比例しますが、ネット上であれこれ言う人ほど現実の世界では虐げられていることが多く、ネット上で有名な社長の経営方針をボロカスに非難していた人が逮捕され、正体が判明すると50代の無職のおっさんだったと言う情けない話もあります。

    食に関することで言うなら外せないのが食べログで、これはカカクコムグループが運営するグルメサイトで、かなりの人が一度は見たことがあると思いますし、こちらに口コミを書くのが命と言う人もいます。

    元々のコンセプトはランキングと口コミで探せるグルメサイトで、匿名ユーザーによる5段階の評価が掲載されているけれど、匿名なのでライバル店を攻撃など情報の出どころも怪しいです。

    そして余計なお世話なことに日本全国の飲食店を勝手に掲載しているので、勝手に掲載するなと裁判になったこともありますが、有料サービスにすると特典があるけれど無料ならないと言うのも差別的な話ですが、勝手に載せておきながら悪口を書いても削除しないとは酷い話です。 (この説明は後述します。)

    食べログは無料でアカウント作成できて口コミや画像の投稿ができ、口コミの採点は料理や味やサービスなど各種項目で評価されて、各店の細やかな傾向をわかりやすく伝えることを目指していると言う建前です。 (何故、建前かと言えば後述します。)

    店舗への口コミ採点は5点満点中3点を基準点として、ユーザーの口コミ採点により上下変動と言う話ですが、これが全く信用できないこともあるので口コミは信用できません。 しかも影響度の高いレビュアーが記載した口コミはピックアップ口コミとして、各店舗の口コミ一覧表示の一番上の行にて目立つように表示される仕組みがあるのも怪しいです。

    さて、ここからが本題ですが、2012年1月4日にユーザーが自由に投稿できることを悪用した、業者によるやらせ評価が発覚、業者に対して金銭を払えば5点満点を大量に付けるなど操作が行われていました。

    やらせへの対応策として食べログへの口コミに際して、レビュアーの実在性の確認としてレビュアー任意での携帯電話番号での認証を行うこと、点数算出アルゴリズムの大幅な変更を行ったことを発表しました。

    そして勝手な匿名投稿による風評被害もありまして、2013年5月8日に食べログに書き込まれた口コミで客が激減したとして、札幌市内の男性が運営会社を相手取り札幌地方裁判所に提訴しました。

    2012年2月に自ら食べログに経営する飲食店の情報を掲載、ところが料理が出てくるのが遅いやおいしくないなどの批判的な口コミを書き込まれ、直後に店を訪れる客は激減しました。 男性は食べログが原因と店情報を含めた投稿を削除するよう食べログに求めても拒否、店舗情報の削除と損害賠償220万円の支払いを求める訴訟をしました。

    しかし、札幌地裁は「口コミは営業権の侵害に当たらず、原告の要求を認めれば表現行為や情報が恣意的に制限されることになる」として男性の請求を棄却しました。 このように無断掲載も日常茶飯事で、店側が掲載を望まないにもかかわらず掲載されて訴訟に発展した例もあります。

    2010年9月に佐賀市内の飲食店の店主が食べログの情報削除を求めて、佐賀地方裁判所に民事訴訟を起こしました。 食べログに無断掲載されて内容が最新情報と異なるものだったにも拘らず、適切な注意喚起を行っているとして書き込みの削除を拒みました。 この一件は2011年1月に両者は和解、店主は訴訟を取り下げ店の情報は削除されました。

    2014年2月には大阪市内のバーが、食べログからの情報削除と330万円の損害賠償を求めて大阪地方裁判所に提訴、秘密の隠れ家がコンセプトで客にも店の情報を投稿しないよう求めていたにも拘らず、店側はバーの情報が掲載されていることを知り営業方針を伝えて情報削除を求めましたが、削除を拒んだので民事訴訟に発展しましたが原告の訴えを棄却と不可解な判決でした。

    更に有名レビュアー接待問題もありまして、週刊文春2017年6月15日号で、食べログ内での有名レビュアーうどんが主食が、飲食店より過剰接待を受けているとの記事が掲載されました。

    正直、世の中の単なる口コミを信用する方が間違いと言う時代ですが、記事広告と言って記事に見せかけた広告が氾濫しているので、雑誌に出ているお店やネットの媒体に掲載されている時点で、何らかの不正な力が働いたのかもしれない、そうやって最初から疑ってかかるのが常識の時代です。

    何も無いのに雑誌に掲載される訳がない、何も無いのにネットの媒体で取材される訳がない、何も無いのにテレビに出て宣伝して貰える訳がない、契約しているからこそ宣伝して貰える、それを知らないと嘘の情報を信用して騙される人生のままです。

    最後に秋のお茶会の待ち合わせ場所ですが、「東京ミッドタウンのキャノピー・スクエアに10月14日(日曜)の午前9時集合」で、素敵なお客様同士の交流の場として御参加下さいませ。 (所要時間は入るグループにもよるのでまちまちです。)

    あなたはグルメ情報を、本当に信用していますか?

    ...ρ(..、)ヾ(^ー^;)ヨシヨシ

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop