徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    首の皮一枚。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様方にお会いできる、それが私に取っての喜びなので他に楽しみは必要ありません。 よく会社やサークルなど何らかの集まりにおいて、「趣味が無いの?」と人を小馬鹿にする人もいますが、私は聞かれても趣味はありませんと言えます。

    ただし、趣味に熱中している人は仕事も何もしてないとも言えるのですが、普通は働いたり家の用事や家庭サービスなど日常を趣味に打ち込める環境など無いから、それを趣味一本に熱中してやり続けるのはよほど暇人であるとも言えます。

    例えば、ポケモンGOが流行った時にいち早くモンスターを全種類集めた人がアメリカから来日して蘊蓄を垂れていましたが、それは単なる暇人だったからできたが答えです。

    もしも、心臓外科医で患者さんが大勢待っているならポケモンGOをしている暇はありません。 もしも、大繁盛しているお弁当屋さんなら毎日の仕込みや販売など待っているお客様の為に休むわけにはいかない、そうなるとポケモンGOで短期間にモンスター全種類を集めるなんて無理です。

    しかし、無職なら可能、好きなだけポケモンGOをやっていればいいから、責任も何も無くポケモンGOだけやっていれば良い、それなのにマスターと呼ばれて褒め称えられていますが、私からすると真面目に働いている方々の方が素晴らしいと思います。

    こうやって説明すれば分かるように趣味だけに打ち込める環境とは暇があること、仕事をしている人には無理な相談で、何があろうとも趣味をすると言うより他にすることがないからする、その暇な時間がポケモンを全て集める原動力ともなります。

    やることがないからやることを探した、それを趣味と呼ぶ人が意外といるので、それなら真面目に働いている人に「趣味が無いの?」なんて小馬鹿にする方がおかしい、趣味が無いと言うことで悩んでいる人は多いけれど、それは真面目で働いている人に多い相談です。

    真面目な人ほど仕事でミスしたら申し訳ない、その覚悟を持って働いているからこそ責任を感じる、昔の日本ではミスしたら切腹と言う作法がありましたが、その切腹の作法が確立した江戸時代以降でのやりたくない切腹、ようは刑罰としての切腹の話をして見たいと思います。

    まず、切腹の沙汰が下されたら該当する罪人に申し伝えられまして、そして正介錯人は切腹人に対して名を名乗り一礼します。 そして正介錯人は後ろに回りまして、介錯刀に水柄杓で水を掛けて清めて八双に構えますが、その構えには諸説あるので省きます。

    切腹人は検視役に黙礼して右から肌脱ぎして、左で刀を取り右手を添えて押し頂き、峰を左に向け直し右手に持ち替えて、左手で三度腹を押し撫で、臍の上一寸ほど上に左から右へ刀で突き立てまして、切腹人が刀を引き回す所で介錯人は首を皮一枚残して斬ります。

    この首の皮一枚を残して斬ることを抱き首と言いまして、この形に斬るのが介錯人の礼儀とされたようです。 抱き首の形にするのは首が飛んで落ち、土砂に汚れるのを防ぐ為の配慮とも言われ、身体を分割するのは親不孝との儒教思想の影響がある為とも言われます。

    また、胸にぶら下がる首の重みで体を前に倒す為との説もあり、討ち死には敵に頭を向ける前のめりの形が美しいとされた時代背景もあります。 このように首の皮一枚で斬る技は介錯人が相当な技量がないとできないので、多くは失敗して切り落としてしまうこともあった筈で、時代劇でも一刀両断が描写としてはあります。

    ですから、本当に首の皮一枚ではなくかろうじて繋がっている、その状態であれば介錯成功となったのを、首の皮一枚として表現するようになったとも言えます。

    つまり、首の皮一枚の語源となったものは「切腹」です。

    日本語には古くから使われている面白い言い回しのものがたくさんあり、それが慣用句になる首の皮一枚ですが、これは普段から首の皮一枚をぎりぎりで助かるのような意味で使っています。

    しかし、前述にて説明したように首の皮一枚の状態では既に死んでいるので、助かっていないにも拘らず使われるのは助かった場合の表現がほとんどです。 これは首が皮一枚で首がつながっている状態のこと、それはわずかな望みが残っていることを指し示しているので、今ではギリギリで助かる=わずかな望みとの意味になっています。

    先述の説明のように首の皮一枚を残して介錯するのは難しく、時代が進むのにつれて意味が変化してわずかな望みが残っている例えとして使われるようになりました。

    社会に出て働くようになると首の皮一枚なんてシーンはたくさん出てきますが、きちんと働いていたりすると逆に自分へ責任が来て追い込まれたりもしますが、そういう時は要領の良い人なら切り抜けられたりして、世の中は不公平だと思うこともあります。

    首の皮一枚なんて危機があったら、そこで考え方を変えてみるのもありだと思います。

    世の中には嫌なこともたくさんあるけれど、良いこともたくさんあのですから、良いことに照準を合わせて悪いことは素通り、そうやって多くの良いことを引き寄せる考え方でいると、悪いことの後には良いことが起きるの連鎖も始まります。

    ただし、自分が危機的状況になっているのに気付かない、それはまずいので首の皮一枚になったら対処する、そういう感覚だけは失わないで下さいませ。

    あなたは首の皮一枚、気付いていますか?

    o(・_・= ・_・)oきょろきょろ

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    東京鑑定:現在は11月の予約を受付中で、9~10月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    死にたい。

    おはようございます。 素敵なお客様方にお会いできる、それが私にとって一番の嬉しいこと、これさえあれば趣味が無かろうと平気、人と会えることが一番嬉しいし、もっともっと多くの人と出会いたいとすら願っています。

    それも生きていればこそ、絶対に自分で死のうなんて思ってはいけません。

    私は県北でいじめられて線路へ飛び込もうと思いましたが、やらなくて良かったと思いますが、それは素敵なお客様にお会いできる嬉しさが過去の嫌なことを洗い流してくれます。 だから当時は苦しくて仕方がなかったけれど、今では生きていること自体が楽しくて楽しくて、それも全ては素敵なお客様方のおかげです。

    よく死にたいと御相談でもお伺いしますが、だからと言って本当に死ぬ気があるかと言えば別物、今死にたいと言っている人ですら明日死ぬことを前提の人はいない、結局は誰でも生きること前提の行動しかしていません。

    武士道では死ぬことが美徳みたいになっていますが、あれは意味が違って死ぬ気でやるとか死を覚悟して相手に踏み込めなど、生きる為の標語みたいな部分もあります。

    本気でやれば大概のことは叶うのですが、今の日本でお金を稼ごうと思えばいくつかの道が開けていて、高学歴にて良い所へ就職して順調に突き進む道があります。 そして学歴が無くても技術を身に付けることで代わりがいない、そうなると自然にお金が入るようになります。

    後は誰でもできるけれど真面目にやれば成果が出る、そういう分野で頑張るのもありで、仮に中学卒業で社会へ出てもラーメン屋さんで5年修行して20歳、そこで独立してお店を出せば繁盛したら年収は約束されたようなもの、こういうふうに今の日本でお金を稼げないのはやる気がないか、真面目に働いていないか、どれにせよ怠けていると言う証になります。

    私は県北で工場や建設現場で働いていたのでよりわかりますが県北の収入は低い、工場時代は夜勤や残業をしてようやく手取りが10万円くらい、建設現場時代は日当3千円ですから1か月休みなしにフルで働いても9万円が最高でした。

    これは私に勇気が無くて県南へ出ることができなかった、この自分の情けなさに今から思うと馬鹿じゃないのと昔の自分に言いたいけれど、本当に県南へ早く出れば良かったのにダメダメでした。

    だからこそ辛くても死んではいけないと言えるのですが、死にたいと言う相談は誰でもかれでも簡単に言ったり聞いたりできません。

    自殺の危険の高い人は死んでしまいたいとの気持ちと同時に、助けて欲しいの気持ちもあるので、最後の手段にでるまで激しく揺れ動き続けています。 できることなら生きていたいが本音、自殺したいと言う相談とは止めて欲しいと言う相談でもあります。

    占い師とか何か特殊な職業でもない限り死にたいと相談されることは少ないと思いますが、もしも知人友人家族から打ち明けられたらどうしたらいいか、慣れないなりの対応の仕方を解説したいと思います。

    最初は聞き役に回ること、それも真剣に聞くことが大切です。 これは簡単なようで難しいけれど、相手の絶望感がひしひしと伝わってきて嫌な気持ちになることがほとんど、そして止めてやらないとダメだと使命感ではないけれど、思いとどまらせたい気持ちが強まってきます。

    しかし、そんな時でも相手の言葉を真面目に受け取る、そうしないと相手が大切にされていないと思い始めます。 そして聞いているだけではなく大変ねや辛い思いをしていますねなど、気持ちに共感してあげることです。

    私も今はできるけれど逆にきつい言葉を投げかけて発奮させる方法もあり、あなたが死んでも何も変わらないとやってみてもいいけれど、慣れてないと相手が余計に凹むか怒るかのどちらかです。

    実は真剣な態度で相対しているなら、自殺について質問しても自殺の引き金にはなりません。 本気で自殺を考えていると相手が自分のことをどう思っているか、その一点だけに集中しているので大切にしている感を出す、ようは一生懸命に誠実な態度をとり続けることです。

    自分の気持ちを素直に全部話すのが良いとは限りませんが、無理に明るく優しくをすると不自然になりますから危険です。 慣れて無い時は本人の気持ちに共感している、それを態度で見せると真剣に聞いていることが伝わり、それで心が通じ合う感じになれば引き留めることもできます。ます。

    そして多くは自分に都合が悪くなると黙りこんでしまうのですが、こんな時は何も言わずに沈黙の時間を一緒に過ごすのが自然です。 沈黙に耐えられずに何かを話し始めたくなりますが、気持ちを開くまではじっくりと待つことも大切です。

    自殺について話すと寝ている子を起こすことになると言う人もいますが、それは聞かされてる側の不安な気持ちを表しているだけ、先ほどから何度も言う真剣に聞いていることで危険は回避できます。

    自殺の危険の高い人が本当にやる時には、自殺を考えていることを内緒にしたり秘密にすることが増えます。

    それは自殺しか問題解決できない、そういう絶望的な気持ちになっているからで、精神科医を受診したら周りから何を言われるかわからないと心配する、それが隠すに繋がるので物事を秘密裏にしようとする人は本当に危険です。

    私が占い師をして気て自殺を防ぐ方法がいくつかありますけれど、それは長年の経験によりやれるだけですぐにすぐできる方法ではありません。

    しかし、自殺を止める方法があるのはあるので、もしも悩んでいる人を見つけたら真剣に向き合う、それだけでも少しは止められる可能性が上がります。 自殺する人は本来は真面目な人が多く、それに対して周りも真面目に向き合い姿勢が必要かと思います。

    私はいじめられたり親の借金も重なり線路に飛び込み死のうとしましたが、全速で向かってくる特急に恐れをなして踏切から飛び出して、それにより今では生きていて良かったと思います。

    あなたは死にたい、思ったことがありますか?

    ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    被害者意識。

    おはようございます。 今日の西日本は台風が来ているので、くれぐれも十分にお気を付け下さいませ。 あえて田んぼや川を見に行く必要はないので、危険な場所をわざわざ覗きに行かない自衛策も自分の責任です。 台風が金曜の午後にはいなくなるとの予報なので、十分にお気を付け下さいませ。

    今日も素敵なお客様方とお会いできるから嬉しい限り、生きている実感を得るのは人と出会えるからこそ、昔は書を捨て街へ出よと言いましたが、今ならネットを捨てて街へ出よとなります。

    これは本当に捨てるではなく、本やネットに凝り固まって人との触れ合いを無くす、それをやめようと言う意味ですから人との触れ合いは大切、それ自体が色々な人との学びです。

    人は良いことへ照準を合わせると良いことばかりが目につきますが、悪いことへ照準を合わせると悪いことばかりが気になります。 運を良くしたければ運の良い人と付き合う、それが一番の早道なのは多くの人が知るところです。 運が良い人は悪口を言わないし、運が良いと人のことを思いやれる、そうなるとますます運が良くなっていきます。

    では、どうして人の悪口を言言いたくなるかの原理は嫉妬がほとんど、それに加えて自分の思い通りにならないことが許せないですから、個人が精神性を高めて思いやりを持って相手のことを願える、そういう世の中になれば悪口は消えますが、そんなことはあり得ないので難しいと思います。

    何故なら、人は自分が満たされているなら少しは我慢できるけれど、自分が満たされていても相手の方が上と感じた時点で嫉妬が出ます。 だから人は自分中心で考えて自分がどう思うか、そこをコントロールできないと難しい部分があります。

    世の中は自分が普通で相手が異常と言う感じで皆が動いておりますが、普通は自分が異常なのかもしれないとは思いません。

    ほとんどの場合は相手が異常と考えますが、ここで自分が異常とは言いませんが間違っているのかも、そう考えることで少し冷静になれますから、嫉妬が心に起こって来たなら見ない聞かないで距離を置くのもいいかと思います。

    残念ながら生きて行く上でのルールとは100人いれば100通りなので、自分の考えこそが正しいからお前は間違っている、その考えにならないようにしないといけないのですが、それを受け入れられる自分はいても受け入れられる相手はいません。

    何か一つのことを巡る攻防については必ず起きるのが、自分にとっての満足は相手に取っては不満で、相手を満足させるには自分が譲らなければならないから、そうなるとなんでだと言う気持ちが強くなるので、どうしても嫉妬や不満が渦巻いてしまうのです。

    先日、TwitterのTLに流れてきたツイートは驚くべき内容で、「今日は東京都美術館のクリムト展に行って絵を見てたら、急に車椅子に乗った男に殴られた。びっくりしすぎて固まってたら、さらに無言で2〜3発殴られた。美術館の人に伝えると「常連のお客様で頻繁にトラブルを起こす方なんですけど、こちらでできることは口頭注意くらいです」とのこと。」と、こんなことがあるのかと思いました。

    私は寄付をしているけれど目の見えない人と子どもたちや障害者支援が中心で、後は災害が起きたらすると言うのが基本、車椅子だけは話すことも無いし一切触れていない、こういう風に書くまで車椅子関連に触れていないことに気付いていない方もいると思います。

    前述のツイートを読んで、私も同じような経験があるので車椅子だけは関われない、その根底にあるモノを見てしまったからすべらない話に転換すらできません。 車椅子事件については長くなるので、鑑定のああm理時間にでもお尋ね下さい。

    正直、昔の私がそうだったからこそよく分かるのですが、自分を正当化して被害者になって相手を責める、このような被害者意識がバリバリに強かったのは反省です。 だからこそ被害者意識の人の行動や言動や考え方がよく分かりますが、当時の自分に照らし合わせると僻みや嫉妬、それが全てだったと思います。

    つまりは、自分が不幸なのは人のせい、そういう考えだったと思います。

    攻撃したわけでもないのに勝手に攻撃したと解釈して激しく反発する、こういう情けない生き方をしていました。 普通の人でも時には怒り狂う時だってあるでしょうが、被害者意識が強い人の心理は並大抵と言うかまともではありません。

    普通の人でも被害者意識が強くなるケースは何か失敗した時、特に周りに誰かいる場合だと笑われている感じがあり、自分を非難や見下すと感じてキレることはありますが、それをしつこく延々と攻撃し続ける人は余りいません。。

    それによくある話ですが、知り合いや会社内での挨拶を無視されたら間違いなく嫌われていると感じますが、それは機会損失と言うか被害に敏感でもあり、自分が挨拶したのにされないのは損失と考える、これは被害者意識が強いと人は損失に敏感になるので、有形無形で自分が少しでも損をさせられたと感じたら被害を受けたと主張します。

    昔の私を穿り返すようで胸が痛いのですが、ようは余裕や自信が無いのにプライドが高いと言うことで、今から思うと自分の評価が低いから不満を持っていたとも言えます。

    悪口に敏感な人は実は自分への悪口にこそ敏感で、会社などで誰かが自分の悪口を言えば気になる、それが最初のうちは悪口だけに敏感ですが、アンテナを張り巡らしていると被害妄想が入り込んで来ます。

    言った方はジョークやいじりだと思うかもしれませんが、受け取る方はいじめや悪口に思う、この温度差が誤解やいざこざを招くのです。

    被害者意識を持つ人は他人の動向を絶えず気にする人で、常に他人が何をしているかが気になる人、他人の情報を取り入れて勝手に激怒する、それも取り込む情報量が多ければ更に激怒する、その人の幸せな情報が自分の不幸の元とすら考えます。

    今日は昔の自分の行いをほとんど書いたようなもので胸がズキズキしますが、被害に敏感~他人を意識しすぎ~人のせいにする、この3つが当てはまると被害者意識が強くなっていると考えて、少し許すと言うか他人と距離を置くようにしないとまずいです。

    あなたは被害者意識、どう思いますか?

    (p_;)\(^^ )

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定<

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop