徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    出会い。

    おはようございます。 雨が降ろうと晴れようと、目の前にあることは全て受け止める気持ちでいると、それはあなたにとって素晴らしい幸運を呼び込むきっかけ、何も無いことは幸せな証拠、日々の生活は幸せだから当たり前に感じてしまうのです。

    残念ながら人はどうしても自分中心でモノを考えますが、自分が好きだった相手のことを変化したと言う前に、相手だけではなく自分も変わったと考える柔軟性も必要で、相手ばかりを責めても仕方が無いのです。

    人はついついやってしまいがちですが、自分こそ被害者と思い込んで相手のことを非難する、被害者だと言いながら相手を責めている時点で加害者になっているのに、それこそ二枚舌と言うか嘘吐きと言うか厚かましい話で、被害者の顔をした加害者こそ一番たちが悪いです。

    生きていると自然にネガティブな方へ行きがちですが、わざわざ嫌いな人の言動や態度を見に行き勝手に怒りまくるのは自業自得、嫌な人を見に行くより好きな人の言動や態度を見に行けばいいのに、嫌いな人のことに時間を使って怒るなんて損をしています。

    人生を変えたければ楽しそうだと思う場所へ勇気を出して参加してみる、趣味でも興味のあることでも良いから飛び込んでみる、そして参加している人と話をしたら世界が広がるかもしれない、新たな考えになったり友好関係になったり自分の世界を少しでも変えることができます。

    例えば、私のHPにあるデジカメの小部屋、あの画像の数々を見たら一目瞭然で、参加する人は世界が広がって笑顔になっています。

    私がイベントを開催したら、そこに参加された素敵なお客様方は笑顔で楽しい時間を過ごしているのが分かります。 不幸な未来の人ほど捻くれた見方をして、笑顔で楽しそうにしている人たちのことを非難する、そういうことをするから余計に孤独や孤立になります。

    嫌いな人の発言を気にしながら生きていると人生の損失で、自分のことを好きでいてくれる人より自分のことを嫌いな人の存在を考えてしまう、そんな生き方は普通に考えると人生を損しています。

    すぐに理解は無理かもしれませんが、会社でも学校でも虐めに遭っている人は、とにかく自分が幸せになること、虐めっ子は自分が相手にされず虐めていた相手が楽しそうにしていると悔しくて悔しくて、夜も寝られないほど虐めていた相手のことばかり考える、それが一番の物言わぬ最高の仕返しです。

    世の中の会社でも学校でも国会でも、仲の良い人は優遇⇔仲の悪い人は冷や飯、これは全ての人間関係に該当する事実です。 自分を好きでいてくれる人こそ重要で、自分のことを嫌いな人の存在は無視でOK、嫌がらせをする人の幸せを気にかけるよりも好きな人の幸せを祈る方が幸せです。

    昔から別れは出会いの始まりで、さようならの次はこんにちわで、人が一生のうちに出会える人数は余程の努力をしない限り物理的に決まっていまず。 さっさと次へ目を向ける方が自分の人生を有効活用できますが、やはり、「はじめまして!」と言える回数が多い人生は楽しいです。

    誰もが同じですが、30代くらいまでは「はじめまして」が多く、歳を取れば「さようなら」が増える、その歳を取ってからのさようならは永遠に会えなくなるさようならで、学生時代の気軽な「またね」ではないから縁を増やしておく必要があるので、嫌いな人を相手にしている暇はありません。

    恋愛でも難しくしてしまうのは好きかどうかの気持ちではなく、成就するかどうかの成否でもなく、真の難しさは「次がいるかどうか」で恋の難しさは決まってしまう、いくらでも次がいるなら人は恋に難しさを感じません。

    人は彼(彼女)がいない時、まずは出会いさえあればと出会い求め、出会いがあれば「イケメン(美人)」を求め、イケメン(美人)と付き合えれば性格や収入を求める、つまり、どこまで行っても最高の条件は揃わないものなのです。

    人は基本的にできないことを普通にできるようになるのは難しい、短所を治すよりも長所を伸ばすことで更に上のレベルを狙う方が簡単、付き合えない人と付き合おうとするより、付き合える人を自分好みにする方が簡単とも言えます。

    現実とネットの最大の違いは、現実での対面では相手の言動や態度や外見などで好き嫌いを判断しますが、ネットでは「自分の法律(考え、思考、法則)に逆らうかどうか」が全て、ネットは自分が裁判官になれる世界だからこそ危険で寂しい世界です。

    昔なら書を捨て街へ出よと言いますが、今ならネットを閉じて誰かと会うで、社交性とは才能では無く努力により身に付けられるものです。 嫌いな人と仲良くする努力より好きな人に気に入られる努力、これが社交性を身に付けるコツで、人には相性があるので合わない人に気遣うのは無駄な努力です。

    また、チャンスとは今がチャンスで、次をチャンスとは言いません。 食事に行きたいと思えば今誘う、今誘えばYESかNOかはその場で分かる、YESならすぐに楽しい時間が確定、NOなら二度と誘わなければいい、多くの人は後で誘って断られるを繰り返すけれどチャンスはその場限りです。

    会えて嬉しいならその場で嬉しいと言わなければそこで終わりかもしれない、それなのに次のチャンスと言う余裕があるのが不思議、次があるかどうかわからないのが縁、人との縁はどんどんと薄くなってきますから素直が一番です。

    人は一度のチャンスや縁を無駄にしすぎだから一期一会の大切さをお話することが多い、その時にしか会えない人なのに次に会った時とか準備ができた時など、そんなことを言う暇があるなら今希望を伝えれば良いだけ、会えた時がチャンスです。

    ただし、相手と親しくなりたければ礼儀正しくする、それを堅苦しいと言う相手には要注意で、緩い感じで話して許される社会は無い、馴れ馴れしくなったら危険信号、大切な人が出来たなら大いに親しくする代わりに礼儀正しくを崩さないことです。

    堅苦しい言葉は抜きでなどと口調が丁寧なのを制する人は、それじゃあと無礼講にしたら一生根に持つ人です。 親しき仲にも礼儀ありではなく、全ての人に礼儀ありで行かないと人間関係を築くことは無理、一時的には受けたところで継続する関係にはなれません。

    あなたは出会いを、大切にしていますか?

    (≡^∇^≡)ニャハハ

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    東京鑑定:現在は6月の予約を受付中で、10~5月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    ゲスなこと。

    おはようございます。 いつも素敵なお客様方にお越し頂けて、本当にこの世は天国だとしみじみ感じておりますが、県北で味わったことは何だったのか、それを思い返すと嘘みたいに幸せな毎日で、これも全ては素敵なお客様方のおかげで本当にありがとうございます。

    さて、H班長シリーズを再開すると意外に好評で、堅苦しい内容ばかりではなくお笑い系の内容も少しは必要と思いました。 ただ、人の振り見て我が振り直せで、自分の至らないところを人の行いにより反省できる、それにはH班長はうってつけで、反面教師として最高の人材かと思います。

    では、H班長の従兄弟の話からで、これはH班長が「あいつは、うめぇことやるのぉ、わしも、あんな風に儲けてぇわ。」と、工場で話していたから知った話ですが、仮にAさんとします。

    このAさんは30代後半の借金を繰り返すダメ男で、借金をしては親に頼るの繰り返し、仕事なんかしたことが無い生粋の無職男で、更にお金を使うのは一生懸命なので、借金が膨れ上がるだけの人生です。

    Aさんは親に頼れなくなると親戚の間を借金して回りますが、そんなことを繰り返すとどうなるか、当然ですが誰にも相手にされなくなります。

    すると奥の手を発動で、県北の某所には谷と谷の間に橋を掛けて下を見るだけで恐ろしい高さの橋があり、ここは自殺の名所でもある為、警察や地元自治体の人が定期的にパトロールをしいますが、それを利用するのです。

    つまり、自殺の名所で自殺をすると見せかけて、善意の第三者に止められるように仕向け、そして事務所や交番にわざと保護されるのです。

    そこで自分の借金で親族に迷惑を掛けてと涙ながらに熱演、すると善意の第三者の人々はAさんの家族(親族)に連絡して、「大事な息子さんなのに、それは、あんまりにも可哀想、もう一度、チャンスを~。」などと信じ込ませ、それで家に戻り借金を肩代わりさせると言う作戦です。

    こんなAさんでも親の葬式にはちゃんと出席して、「わし、どれくらい遺産が貰えるかのぉ!」と、親が死んだことをウキウキしていたそうです。

    身内でも容赦ないのが県北ですが、それらの現実を知っているからこそ、親だからと言って守る必要はないとか、縁を切ってもいいと言えます。 綺麗事で苦しめられている人を大勢見ていると、綺麗事だけで世の中は生きて行けない、それもお話しできるのが占い師です。

    また、えげつないと言う点ではH班長も負けていませんが、県北では仕事が無くて稼げないので風俗で働くことも珍しくはありませんが、それ自体は職業に貴賤は無いから尊いお仕事で問題ないと思います。

    しかし、H班長の凄いところはイトコが親の借金により風俗に勤め始めた時、そのお店に行くと言う行動に出て、「イトコ同士結婚する人もおるけぇ、プレイしてもえぇんじゃ!」と、平気でお店に行ったそうです。

    そしてH班長のゲスなところはここからで、「このこと、皆(地域の人々)には黙っといてやるけぇ、今日はタダでえぇな? これからもちょくちょく来るけぇ、よろしゅう頼むわ!」と、こうやって脅迫して定期的にお店に通っていたことです。

    普通なら、こんな極悪非道なことは絶対にできませんが、H班長には通じる筈もありません。

    更に後日談としてイトコは2年程で借金を完済、その後は親も申し訳ないと持ったのかツテでお見合い相手を探してきて結婚、幸せな家庭を築いて生活をしていました。

    これでめでたしめでたしとならないのがH班長で、結婚後も「旦那にばらされたくなければ~」と、結婚後も定期的に関係を迫る極悪非道ぶり、これを工場で喜々として話していたのが鬼畜な所です。

    このしつこさこそ県北の神髄、昔の私はネットが自由に使える環境だったら、「匿名でしつこく嫌がらせをして、相手を虐めて喜ぶ屑だったであろう。」と言うのも、県北の人は自分がされたことは延々と被害を訴えて、自分がしたことは「それで?」と知らん顔です。

    特に県北で交通事故を起こしたら必ず警察を呼ぶ、相手と交渉なんて絶対にしてはいけません。 道に倒れているお婆さんを発見して救急車と警察を呼んだら、「この人に撥ねられた!」と叫ばれ加害者にされた事件など人が良すぎます。 (←この話はまた別な機会に)

    なお、こんなことを繰り返していたH班長は現在、地元の工場を辞めて独立(お弁当屋さん)しましたがうまく行かず、その借金を返す為に総社→水島→尼崎と点々としながら建設現場で働いてるようです。

    人生とは自分がしたことが自分へ返るので人に嫌がらせをしてタダで済む訳がなく、人に悪口や嫌がらせをして自分は無傷なんて甘い話、自分がした分だけ返ってくるのは間違いありません。

    誰かを喜ばせる生き方をしていると間違いなく、悪口を言われた方は幸せ~悪口を言った方は不幸、これだけは避けて通れません。

    私と縁がある人には幸せなことが一杯起こる、鑑定以前に占いへ行ってから良いことが起こらないなら、それは相性が悪いとか占い師さんの運が悪いなど、何らかの間違った部分があるから他へ行くのが正解です。

    私と合わない場合は遠慮なく他の占い師さんへ行くのが正解で、自分と相性の合わない占い師さんへ通うより相性の良い占い師さんへ通う方が、自分の人生を良くすることになります。

    話は戻りますが、結局はゲスなことはするな、そういうことかもしれません。

    あなたはゲスなこと、したことがありますか?

    ∑(´□`;) ヤメテー!!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    悪口の怖さ。

    おはようございます。 今日も素晴らしい一日の始まりですが、それに気付けないのは不幸です。 何事もなく起きて自由に動けるのは幸せ、本当に感謝しなければならないことに気付く、その単純なことが幸せの基本です。

    さて、人には妬みや嫉妬心があって自分よりも良い状態だと頭に来る人も多く、出世や成功を僻み妬み嫉みと三拍子揃い、相手のことを悪く言いまくり誹謗中傷が止まらない、ところが相手に直接言える勇気はないから陰でコソコソ言いふらし、後はネットに書き込み優越感に浸るしかない寂しい人生です。

    虐めなどで苦しい人に贈る言葉として馬鹿は相手にしないが一番、何故なら、世の中には正当な批判など無く必ず良く言う人と悪く言う人に分かれ、悪く言う人にかかると何をどうしても批判されます。 悪く言われることを真に受け過ぎると、自分がどうしていいかわからなくなるから一切関わらないことです。

    大袈裟に言うなら、世の中とは自分に好意的な人や困っている人に優しくできるのは普通、自分の悪口を言う人に優しくできるのが本物です。 相手の悪口を言うことでストレス発散、相手を見下すことで優越感、そういう人たちの精神状態を助けるお手伝いだから、悪口は言われる方が徳積みになります。

    自分に好意的な人に優しくできるのは自然界の動物でもできますが、人間が動物と違うのは自分に意地悪な人にでも優しくできること、自分の悪口を言う人の幸せを願うのを騙されたと思ってやってみると、自分の精神レベルが非常に上がった気持ちになります。

    この世に必要の無い人間なんて一人もいない、自分が嫌いな人がいたとしても、その人を好きな人もいる、自分から見て嫌いと言うだけで、その人を必要が無いなんて言う権利は誰にもない、自分が嫌いな人に友人知人が多いなら、それこそ学ぶべき相手だったりします。

    それに口うるさく言う人にこそ感謝で言う人の人格にも問題があるかもしれませんが、言われる方にも直すべきところがある、そう考えると口うるさくにも感謝で、自分の悪いところを教えて頂き、本当にありがとうございますとなります。

    私は日々反省ばかりですが、それでも悪口を言われる間は元気で健康で予約が途切れることはありません。 逆に悪口を言われなくなったら占い師としても人としても終了、悪口を言う人たちがいなくなれば浄化も罪滅ぼしもできなくなるので、悪口を言ってくれてありがとうです。

    私自身は未熟な占い師で本当に反省ばかりですが、未来とは私が決めることではなく鑑定にお越し頂いた方々が決めること、本人が幸せなら止めるのは間違いでもあり、幸せとは100人いれは100通り、たった一つの正解などありません。

    未熟者の私が今更ながら気付いたのは、当たる未来を話せば当たらないと言われる、当たらない未来を話せば当たると言われる、馬鹿正直に未来を言うのは傲慢と気付きました。 本人が幸せなら本当のことを言わないのも占い師の役目、当てるだけなら占い師失格だと今頃気付いた馬鹿な私です。

    素敵なお客様方の未来は明るい、悪口を言われても言った方が思う正義であり、神様や運命が片方だけに味方する筈もなく、受け流す方が自分に返ってくることが無い分だけ幸運が続くことになり、言った方の人生がどんどん悪くなります。

    悪口を言う怖さや自分に返ってくる怖さ、そういうことが今更ながら再認識できて私は未熟者だなと反省することばかり、自分が正しいと思うことすら傲慢になります。

    悪口を言う人は自分のことが嫌い、悪口を言われる人は自分のことが好き、これは自惚れではなく、相手に笑顔で明るく出来るのも相手に失礼ではないからこそ、悪口を言う人は自分が嫌い、それは自分で自分を卑下する人生だから関わるだけ不毛です。

    悪口は1人じゃ言えないので必ず誰かと話す、悪口を言う彼には悪口を言う彼女がいて、お互いが悪口を言って毎日を過ごす、そしてどんどん不幸になり今度はお互いの悪口を言い始める、人は同じレベル同士が付き合うモノです。

    人は完璧じゃないから誰かに嫌な思いをさせたり間違いを犯したり、それを悔い改めたくても気付かなかったり連絡できずに謝れなかったり、その犯した罪を一気に浄化してくれるのが悪口を言われること、悪口を言われて反論せず受け流すと自動的に過去の罪を浄化してくれます。

    運=銀行で考えると悪口を言えば払い戻しになり悪口を言われれば貯金できる、悪口を言えば言うほど借金が増え、悪口を言われれば言われるほど貯金ができる、そして貯金が増えると願いごとが次々と何個でも叶う、これが運=銀行の考え方です。

    私が占い師をしているのは素敵なお客様方と会えるからが全て、素晴らしい魅力の皆様方とお会いできて私の人生に人間の素晴らしさを教えて頂け、お会いできるだけで喜びを与えて頂ける、そんな毎日は極上の幸せで本当にありがとうございます。

    私は素敵なお客様方にお会いできるだけで幸せ、お会いすることで感動~慈愛など色々なことを学ばせて頂き、私の未熟な生き方に修正を加えて頂き、人として大切なことを教えて頂ける、そんな素晴らしい皆様に鑑定でお会いできるから休んでなんかいられません。

    結婚でも同じことですが、出会い→恋愛→結婚→離婚→再婚→離婚のエンドレスとなれば不幸、出会い→恋愛→結婚→お墓まで仲良く一緒となれば幸せ、それでも人には色々な考え方があるから、どちらが幸せかは本人が決めることで周りがとやかく言うことではなく、これが人間関係をスムーズにする秘訣で自分の正解は他人の不正解です。

    最後に、秋のパワースポット巡りは「10月15日(日)の午前8:45に、新橋駅日比谷口のSL広場のSL前」に集合です。 所要時間は20分前後、集合写真を撮るので写真不可の方は御遠慮下さいね。 (神社の場所の関係で、雨が降りそうでも中止、傘がいる時点でアウトです。)

    終了後は自由行動ですが、一つだけルールとして異性の連絡先交換は私の目の前でお互いの同意がある場合のみ、嫌がる相手に強要するのはおやめ下さいね。

    なお、雨が降りそうでも中止ですが、せっかく遠征組もいるので、その場合は現地へ来た方々でお茶会に変更します。 (私は鑑定がある為、お茶会に参加はできません。)

    あなたは悪口の怖さ、知っていましたか?

    o(^-^)o ワクワクッ

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop