徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男心の活用法~31。

    おはようございます。 素敵なお客様には幸せなことがある、それは目が見えて、口が効けて、耳が聞こえる、そういう当たり前に思うことが当たり前じゃない、本当は奇跡の塊だと思えるなら、それは素晴らしい奇跡への感謝が生まれてきます。

    さて、男心の活用法も31回目となりましたが段々と終わりに近付く、今までの内容が役に立ったのかなと思いつつも、今日も男心についてを始めてみたいと思います。

    今日は男の責任に対する考え方ですが、よくある御相談の一つに「子どもができた、中絶しろと彼に言われた(中絶したい)」があり、成人男女が好き同士でしたことですから、それについては誰も咎めることは無いと思います。

    しかし、世間の感覚は自由の名の元にずれまくりで、高校生が妊娠したら退学は酷すぎる、そうではなく支える体制作りをと言う人たちがいます。

    自由が大いなる勘違いを助長していますが、自分で育てられないのに子どもを作ってはいけない、そして未成年における不純異性交遊をしてはならない、それを理解できず欲望のままにしているのを注意できない世の中です。

    何故なら、高校へ進学した時点で本分は勉強、中学卒で結婚したなら構いませんが、高校へ進学した時点で子育ては無関係、そういうことをしておいて支援制度が無いのはおかしいと文句を言うことの方がおかしい、自由の名をはき違えて自分のわがままになっていることに気付けていないのです。

    そういう親に育てられた子どもがどうなるか、親を反面教師にしていれば良いけれど、親を見習ったら同じような生き方になる、真面目な人たちが不真面目な人たちの尻拭いをする、そういう社会になっていく現実は恐ろしいです。

    だから、成人しても子どもみたいな考えの大人が増えていますが、好きな人とSEXするのは構いませんが、そこにはちゃんと避妊すると言う礼儀が必要、避妊もせずに性行為をする、快楽のみ追及する自分勝手な生き方の男と付き合う時点で、男を見る目が無いと言うことに気付いて下さいね。

    男の愛は責任と言ったところで、その責任の取り方は男の頭の中にある、彼女が妊娠したのに責任を取りたくないと言う時は、男の頭の中にある責任の取り方と一致できていないからです。

    男に責任を散らせたいならオウム返しが基本、ようはメールで連絡してくるならメール、電話なら電話、相手が動くのに合わせるが基本、2ヶ月待ってと言われたら待つ、そういう相手に合わせる女性こそ、男が責任を散りたくなる女性なのです。

    ただし、そもそもが子どもができたと言う御相談に来る時点で、避妊しない男=責任を散らない男であり、元々が責任なんか取らない男を相手に、責任云々の話をしても無駄なのです。

    それに男と女は違う生き物、男に話を聞いてもらうと言うのは無理なこと、子どもができたと言ったら「産んでくれ⇔おろしてくれ」の2択を言うだけ、そこに話し合いと言う言葉のキャッチボールはできません。

    性差別だなんだと文句を言うのは個人の勝手ですが、そういう捻くれ者は横へ置いといて、男と女では脳の構造が違う以上は考え方が違う、それを理解させようと言うのは無理、最初からできないことをやらせようとしないことです。

    結論を言うなら、男が責任を取りたくなる女性になる、それに尽きます。

    男がデートするのは好意があるからで、全員とまでは言いませんが、人情に絆されてデートする男は1割程度、ほとんどは好きだからとか好意があるなどでデートしたがりますから、全く何も思う所が無いのに女性とデートする訳がありません。

    そしてデートする時に男が「この子と付き合いたい・結婚したい」と思うのは、実は趣味が合うかどうかではなく、自分の感覚と会えば全てを手に入れたくなるのです。

    ただし、ここで彼に気に入られようとして彼の趣味に合わせると言うのは昔の常とう手段で、今は彼の趣味は認めるし褒めるし支えるけれど自分はやらない、その方が個人の時間を邪魔しないと言う風潮にも合っているので、くれぐれも彼の趣味を自分もしようと思わないで下さいね。

    これを馬鹿真面目に彼に合わせて彼の意のままになんてしてしまうと、好きとか愛などは2年もすれば終了、そして嫌気が差して来てお別れなんてこともあるので、彼の趣味に合わせるなんて言うのはやめて下さいね。

    そんなことに努力するなら、少し計算して努力の方向性を間違えないことです。

    例えば、彼が現在35歳とするなら、男性の平均寿命から75歳まで生きると考えて残り40年、その40年の一割が4年、これにより出会ってから4年間は「良い子・イイ女・可愛い子・カワイイ女」と思わせる努力をするべきです。

    彼と結婚した場合、彼の残りの寿命から考えて努力期間を決めて、その間だけ一生懸命に尽くす、そうすると男は自動的に楽な生活を手に入れる、その楽な生活を手放したくなくなるのが、この大体2割くらいの期間です。

    実際には2割もいらないのですが、万が一の余裕を視て2割にしただけ、実際には2割の前に結婚が決まる人も多いので、それまでに尽くすことで彼の楽ができると言う想いを自分へ引き寄せることに全力投球です。

    残り余命から尽くす期間を割り出せる法則と名付けますが、これを使うと10年付き合っているのに結婚の話が出ないなど、そんなバカバカしい話は出来なくなる筈です。

    あなたは男心の活用法~31、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    東京出張:現在は4月の予約を受付中で、8~3月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    努力の方向性。

    おはようございます。 素敵なお客様が未来で輝いていること、喜んでいること、元気で健康でいること、それらは全て自分自身の行いや行動で変えられる、今は不遇でも明日は違うと思い努力する、その積み重ねが未来を作り上げます。

    例えば、ダイエットでも「その一口が豚になる」と昔のCMにありましたが、ダイエットは無理なく痩せようと思えば、その食べたい一口を日々抑えるだけで2~3キロくらいなら自然と痩せますが、その一口を我慢するのが難しかったりもします。

    そして「今日だけは良いか」や「このケーキだけ食べたら頑張ろう」など、痩せたい筈が本当に痩せたいのかどうかと、間違った方向へ進んでいるのに結果が出ないと嘆く破目になります。

    その結果として痩せないのは何でとか痩せるのは難しいとなりますが、ダイエットは本来難しくはなく自制心によるもので、私も以前は82~83キロでしたが、このままだとマズいと思いダイエットを始めて、今は73~74キロをキープしています。

    本当に痩せようと思えば徐々に痩せればいいのに、早く痩せないと効果が出ないと思ってしまい、そこで「やっぱり、ダイエットは難しい。」となりますが、太るのも徐々に太って行っているだけ、楽していると日々の積み重ねに気付きにくいけれど、苦しいと日々の積み重ねを長くて辛く感じてしまいます。

    しっかり食べてしっかり運動と言うのもダイエットに効果的ですが、しっかり食べるのはできても、しっかり運動は難しい、このように努力はするけれど方向性が違う、もしくは努力を効果が出る前でやめてしまう、そういう努力の方向性が間違っている場合は残念ながら、効果が出ないか~もしくは違う結果が出てしまいます。

    ダイエットを例に解説しましたが、努力の好き嫌いや方向性を当てはめて考えた時、一番ピッタリくるのは恋愛で、出会いが無い→彼(彼女)ができない→付き合いが続かない→結婚できないと、このループに入ってしまうのは人のせいではなく自分のせい、そこに気付かないと抜け出せません。

    年間で2000人を鑑定していると、恋愛でお悩みの方の御相談は尽きることはありませんけれど、そこで間違った方向性へ進んでいたり、間違った努力を続けていても、それは実る可能性がゼロではないけれど少ない、その少ない方へ多大な努力をしても労多くして実り少なしとなります。

    例えば、相手に奥様(彼女)がいるのに好きになった、その気持ちは理解できるけれど、好きでいることは構わないけれど、それを努力してどうにかしたいのは努力の方向性が間違っています。

    好きと言う気持ちでいることは良いけれど、その気持ちを成就させることは、一人の女性(奥様・彼女)を不幸にすることでもあり、自分が幸せになるなら誰かが不幸になっても良いと言う、その考えが根底にあることに気付かないといけません。

    更に、それで自分の思いが成就したとしても、自分も相手から奪った以上は同じ目に遭うことを覚悟しないと、そういう相手は他の人からアプローチされたら同じように靡くから、結局は思いが成就しても同じように破たんしてしまいます。

    努力とは方向性を間違えると嘘を吐く、それも嘘を吐くとは人間の勝手な思い込みで、嘘を吐くと言うより間違った努力に応じた結果が出るだけ、努力して結果が出ないことなどあり得ませんが、自分が思う結果でない時は「結果が出ない」と言いますが、ちゃんと結果は出ています。

    その結果を認めたくないから結果が出ていないと言うだけ、ダイエットしても痩せないならエネルギー消費以上に食べていると言う結果など、何らかの形で努力の結果は出ているので、努力の結果が出ないことなどありえません。

    ただ、努力の方向性が間違っているから結果が違う、間違った努力をするから間違った結果が出る、それではいつまで経っても努力の成果と言う自分が思う結果は出ません。

    恋愛から結婚へと進みたいなら、まずは「独身(フリー)」の相手を選ぶこと、このように当たり前のことを当たり前にしていると、その先にある結果が間違える筈がありません。

    そして出会いが無いと言う人の未来を視ると、多くの場合は出会いがあったら文句を言う未来が視えるので、運命なのか~もしくは神様なのかはわかりませんが、文句を言われるくらいなら出会いが無いままにしておこう、そういう状態にしてある場合が意外と多いです。

    その文句を言う状態が無くなったら出会いが次々とあり、そして縁が繋がり恋愛から結婚へと繋がる、これは簡単に省略して説明していますが、ここの部分は理解できる人は理解できるけれど、理解できない人は理解できないから、長々説明しても意味がありません。

    男女に限らず、どうして結婚できないかと言うのは、極論で言うと「結婚したくないから」です。

    結局は結婚したくないから結婚しないだけ、そこのところを間違えて「結婚できない」と考えても仕方が無い、結婚したくないと言う軸の元に動き(思考)を決めているから、それに伴った結果が出ているだけです。

    努力とは嘘を吐かない、嘘を吐いた(結果が出ない)と思うのは、努力の方向性の間違いや思い通りに結果が出ない時に自分が勝手に思うだけで、ちゃんと努力した通りの結果は出ています。

    出会いのチャンスを作って貰った時、そのチャンスに感謝せず、「もうちょっと、○○だったら~。」と、出会いに感謝ではなく不満を言うのであれば、神様なら辛抱してくれても人間なら辛抱はしない、出会いのチャンスに文句を言うと次の紹介が無いと言う結果がちゃんと出ています。

    努力の方向性とは自分が間違えるだけ、誰かのせいで間違えることはありません。

    あなたは努力の方向性、間違えていませんか?

    (=`ェ´=;)ゞ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    夫婦の在り方。

    おはようございます。 人は生きているだけで運が良い、その中でも日本に生まれるのは凄く運が良い、それも分からず不平不満を言う人は、その幸運に気付けていない、幸運に気付けないなら明日も明後日も不平不満を言うだけになります。

    贅沢ばかり言う人が多いけれど、世界の中でも日本は平和で良い国のトップだと思いますが、子どもの引き籠りが普通にできるなんて幸せそのもの、アフリカなどでは引き籠っていたら水汲みができない、そうなると家のことは何一つできない、それくらい日本は電気水道などが使い放題です。

    蛇口を捻れば水が出るなんて日本にいるからこそなのに、それを幸せと感じられない贅沢な生活に慣れていると、子どもが引き籠りなのを親も真面目に解決しようとは思わないのは当たり前です。

    子どもの引き籠りの相談は年がら年中ありますけれど、子どもの引き籠りの解消は朝飯前です。

    ただ、父母と祖父母の考え方を変えるのが一番難しい、ほとんどが自分たちが何もしなくとも全てが思い通りになる、そういう他力本願と言うか怠け心しか頭にない親が引き籠りを作る、子どもの引き籠りは父母と祖父母に問題あり、それがわからせるのが一番苦労するところなのです。

    子どもを子役にしたいとか、モデルにしたいとか、インスタで着飾ってウチの子凄いと言わせようとするなど、子どもは親の見栄を張る為の道具じゃありません。

    子どもの純粋な心を汚すのは親のエゴと自己中な教育、子どもは泣くことと笑うことしか知らずに生まれてきて、怒ることや嫌がらせは親が教えるだけ、子どもと言うのは親の合わせ鏡で、鏡を見て怒る先には自分がいます。

    そういう親を見ていて気付くのは、私は掌で言うと親指のような存在になりたい、何故なら、どの指とも向き合うことができるからです。

    引き籠りで悩む親の大半は子どもと向き合うのは面倒が本音、自分の言うことを聞くのが良い子で聞かないのは悪い子、その理屈で行くと親の間違いは誰が正すのか、親は間違っていても良いのかとなります。

    このような親の場合、いくら引き籠り解消の方法を伝えても、そんなことはできない、そんなのは無理、そうやって自分は何一つしようとしない、それなのに子どもには、あれしろこれしろと言う、子どもの信用を失っている親と言う事実、それすら気付かないから、子どもの気持ちもわかりません。

    さて、親子だけではなく夫婦でも同じこと、夫婦と言うのは結婚したからですが、その前に一人の人間として相手のことを考える、それができないとダメじゃないかと思います。

    私が未来を視た時に結婚する未来が視えると言うことは、当然ですが離婚する未来も視えると言うことで、説明としては幸せ一杯なことをお話しますけれど、道を間違えたら離婚と言う現実もあるのに、心地好いことばかりを追い求めていると落とし穴に落ちます。

    結婚できたら一安心と言うわけではないのに、結婚できたら怠け心や図々しい心や自分中心の心が出てくる、それもおかしな話で相手に対する思いやりが無い、結局はそういうことになってしまいます。

    相手の言うことを聞かずに自分の想いだけ叶えて貰う、そんなことをしていたら良い訳がなく、小さな綻びの時は気にならないけれど、それが大きくなったら修正は不可能、それなのに綻びの時は気にせず大きくなったら慌てる、そんなことをしていると結婚生活以前の問題です。

    最近、気付いたんですが、結婚前に私のところへ二人で挨拶に来たら離婚しない法則も、これは運命の思し召しかと思い始めている感じで、離婚する二人は私のところへ挨拶に来ようとしても無理、何らかの用事が出来たりして来られない、それは離婚が避けられないとも言えます。

    結婚とは生活重視であり人生に関わること、恋愛も人生に関わるとは言え、社会的にどうこうはありません。 しかし、結婚とはお互いの家まで巻き込んで生涯が基本、そうなると自分たちの選択ミスが家族にまで迷惑を掛けてしまう、それを浅はかに考えるのは子どもの結婚です。

    基本的に夫婦と言うのは相手の幸せを願うからこそ成り立つモノなのに、仮面夫婦と言う言葉があるように損得勘定だけで繋がり、相手のことなんか全く意に介さないなら、それは幸せな夫婦とは言い難いです。

    しかし、このような夫婦は非常に多く見受けられますが、それで良いなら止めはしませんが、できることなら夫婦仲良く幸せな状態で過ごして欲しいと願います。

    夫婦でダメだなと思うのは、夫も妻もどちらでも同じ、自分に都合の良いことばかり言う夫婦はダメ、これは当たり前に思っているでしょうが、その当たり前に思うことをやってしまうのが人、できていないのにできていると思ってしまうのが人です。

    あなたが結婚生活を幸せに感じたいなら、結婚はゴールではなくスタートであること、そして普通に生活できることが幸せであること、結婚して一番いいのは、帰るのを待っていてくれる人がいること、家に帰って一人じゃないこと、それに集約されます。

    夫婦とは、相手のことを100%思うこと、自分ではなく相手の幸せが100%、そうでないなら夫婦の在り方を思い違いしています。

    最後に、今日のお昼までにはデジカメの小部屋を更新予定ですが、東京のKさん、H社長やSさんなど、色々な方々の尽力により素敵な品物を病気のお子様へプレゼントできたので、その画像を1枚追加の予定です。

    それを見ることで子どもが生きる勇気や元気が出るなら、大人としては笑顔が見返りとして充分なお代です。

    誰かに喜ばれるのは本当に自分の心も豊かにしますが、自分だけ得すればいいと言う考えではなく、相手の喜びが自分の幸せと言うのを経験すると、それだけでも人間として少し成長できます。

    この度は、東京のKさん、H社長、Sさん、色々な方々のご協力、本当にありがとうございました。

    あなたは夫婦の在り方、どう思いますか?

    (θωθ)おやすみ~☆

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop