徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    悪魔との契約。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様方の笑顔を視ることができて、本当に幸せな毎日だと感謝しております。 その素敵な時間を与えて下さる素敵なお客様方には誠心誠意、全力で鑑定を続けて行かなければ私は生きる価値が無いと思います。

    さて、ウィザードや精霊さんに関して本格的に始めて早三週間になりますが、これをやり始めた時から懸念していたのが私を加護してくれているモノに、私自身が取り込まれてしまう危険性でした。

    守護と加護は別物で簡単に説明すると、守護とは守ってくれているモノ、加護とは守るに加えて攻撃もしてくれるモノ、私の場合は加護してくれているモノがあるので、それによりウィザードや精霊さんができるだけで、この加護に気付いたのが昨年11/17の叱責や11/26の二通のお手紙の件があってからです。

    だから今の私がすることは絶対に真似して欲しくないけれど、簡単にやっているように見えるのは私を加護してくれるモノがあるからできるだけ、もしも私自身に才能があるとしたら「努力+才能+加護=ウィザードや精霊さん」となります。

    その辺を悪魔に準えて説明しますと悪魔との契約は禁断の蜜の味で、世間で言う霊とは人に憑く時は何かの拍子でポンッと憑きますが、悪魔は人間にきちんと語りかけてきて契約を持ちかけます。

    例えば、耳元で囁いたりボーとしている時に意識へ入ったり、夢の中に現れて会話を交わすなどあの手この手でやってきます。 芸能界や政界で成功している人には悪魔憑きが大勢いると言われ、TVでも映画でも有名無名に限らずあらゆる悪魔を憑けた有名人がいると言われます。

    悪魔は欲望につけこむもので、芸能人になりたい、有名になりたい、あいつが憎いなど、人の欲に漬け込むのが悪魔のやり方です。

    悪魔の力は強力そのもので、簡単にありえないような奇跡が起こり、簡単に大金持ちになれる、簡単に地位を築ける、邪魔者は簡単に排除できる、こんな無敵状態になることもできます。

    しかし、こうなると次第に人の欲を次々と駆り立てて、身も心も悪魔に売るようになります。 その対価は何かと言えば魂で、未来で起こる末路は悲惨な死があるのみ、悪魔と契約する危険性を認識しない人は力だけみて憧れます。

    魂を与える代わりに願望を叶えて貰う約束をした最初の人間は、6世紀のテオフィルスと言われていて、テオフィルスはシチリアの教会で出納係をしていましたが、推挙されて司教職を与えられることになりました。

    ところが彼は慎みによって辞退、すると新たに司教になった人物はテオフィルスを陥れて職を奪いました。 謙虚さを悔いたテオフィルスは十字路でサタンを呼び出し、魂と引き換えに司教職を取り戻すことを願い、イエスと聖母マリアを放棄する契約書に自分の血で署名しました。

    こうして司教職に返り咲いたテオフィルスでしたが、すぐ後悔して聖母マリアに許しを請い70日間の苦行をすることで許しを得ます。 サタンは聖母マリアと部下たちに責められ、やむなく契約書を返還しました。

    幸いなことにテオフィルスは悪魔との契約破棄に成功しましたが、悪魔との契約を遂行した場合はどうなるか、それについては悪魔と契約したとされるファウスト博士の話が参考になります。

    ファウスト博士は色々な快楽を手に入れましたが契約期限の日を迎え、その日の真夜中に強風が吹いてファウストの住んでいた建物が大きく揺れて、シューシューと言う音と助けてくれと叫ぶファウスト白紙の叫び声が響きました。

    翌朝、皆で博士の部屋に行くと部屋中は血だらけで壁に脳髄が飛び散り、身体はバラバラで肥やしの上に散らばっていましたが、悪魔と契約した者の末路は恐ろしいものとなります。

    霊が憑いた場合は攻撃的になったり異変が感じやすいけれど、悪魔が憑いていると人を魅きつけたりもしますから、人気があって優しく見えても実際はサイコパスだったりもあります。

    悪魔が魅力的なのは不可能なことはほぼないこと、悪魔と契約したら悪魔はほとんどの願望が実現できます。

    ただし、悪魔は必ず代償を求めるので最後は必ず足元をすくわれます。 有名になって名声を得て芸能界でトップになっても突然に若くして病死とか、あり得ないところで事故に遭って亡くなったなど命を早々に奪うこともあります。

    更に悪魔は死後の魂を捉えて死後も苦しめますが、悪魔を呼び出して願望を叶えるとは自分を犠牲にして行う行為です。

    ここまで簡単に悪魔についての説明でしたが、私を守ってくれているのは悪魔ではない方なので、あらゆる願望が叶う訳ではないけれど素敵なお客様を笑顔にするには充分で、危険はないけれど絶対に安全とも言えません。

    例えば、ダイエット、受験合格、呪殺、こういったお願いは受けられません。 基本的に本人が努力しない場合はお断りしておりますが、あくまでも目が見えない、耳が聞こえない、不治の病など、本当に困っている人たちを助ける為の魔法です。

    一つだけ残念なことは人助けには使えますが自分の欲望には使えない点、私も人間なので自分の願望にやってみたんですが、全然叶わないのでやめました。 (苦笑)

    なお、この力を得た代わりに魔に引き込まれそうになる感覚が毎日ありまして、悪い方へ悪い方へといざなわれる感じがあり、それと戦うには精神力を保つ必要があります。 それに加護して貰えるとは自動的に私を守ることでもあり、だからこそ怒りは禁物と自分を戒めております。

    もし、神様が出現して今の力を失う代わりに時間を昨年に戻して宝物を返してくれると言ったら、私は躊躇せずに力を返上して宝物を返して貰います。 それくらい辛くて苦しくて悲しくてを経験したからこその力、誰かの笑顔の為に使わなければ生涯で一番大切な宝物を失った意味がありません。

    あなたは悪魔と契約、できますか?

    m(__)mスンマソ~ン!

    お知らせ:ブログの更新はお休み、再開は来週の予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    東京鑑定:現在は4月の予約を受付中で、いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    PageTop

    精霊。

    おはようございます。 素敵なお客様がいることの幸せ、それを当たり前ではなく奇跡と感謝できる、そうでないと私は占い師としてではなく人としてもダメダメです。 いつもお越し頂ける、その奇跡に感謝して今日も素敵なお客様の為に人生を費やしていきます。

    さて、倉敷事務所ではほとんど依頼が無いけれど東京事務所では大人気なのが精霊さんにお願いで、これは精霊さんを呼び出してお願いをして、そのお願いを聞いてくれる時は素敵なお客様ご自身が感じられる、何かが起きるので即効性があるのも人気の一つです。

    ただ、私がやっていることが簡単に見えるせいか、自分でも精霊を呼び出したいなどと危険なことをTwitterでリプライしてくる人がいます。

    正直言って、鑑定に来ているならまだしも鑑定に来ていない人が精霊さんを怒らせて憑りつかれても、それは自業自得で私のせいでも何でもないのに、慌てふためいて本人やご家族が連絡して来られても、会ったこともない何処の誰だか分からない人に手の打ちようがありません。

    この精霊さんとは草木や動物や人や無生物など、この世に存在する全てに宿っている自然的な存在と言えます。

    分かりやすいのは四大精霊→エレメンタルと言いまして、16世紀の錬金術師パラケルススにより、「地・水・火・風」の四大元素が実体化したと仮定して、精霊を次の4つに関連づけました。

    「水の精:ウンディーネ」~「火の精:サラマンダー」~「風の精:シルフ」~「地の精:ノーム」です。

    まず、「ウンディーネ」は四大精霊の中でも水を司る精霊で、湖や泉などに住んでいて性別はありませんが、ほとんどの場合が美しい女性の姿をしているとされていて、人間との悲恋物語が多く伝えられています。

    パラケルススによるとウンディーネには魂が無い筈ですが、人間の男性と結婚すると魂を得ることができますが、これにはやってはならないルールが付き纏います。

    ウンディーネは水のそばで夫に罵倒されると水に帰ってしまう、夫が不倫したならウンディーネは夫を殺さねばならない、水に帰ったウンディーネは魂を失うなど色々と面倒です。 (苦笑)

    次に「サラマンダー」は四大精霊の中でも火を司る精霊で、手に乗る位の小さなトカゲやドラゴンのような姿をして、燃える炎の中や溶岩の中に住んでいますが、体温が余りに低くて冷たいから火を寄せ付けず火を消し去ると言われます。

    更に火を燃え上がらせる能力を持つと言われ、ゾロアスター教徒は聖火を高く燃え上がらせる為にサラマンダーをくべたそうです。 象徴としてのサラマンダーは苦難に負けないし、善なる火を燃え上がらせて悪なる火を消し去る正義を表します。

    そして「シルフ」は四大精霊の中でも風を司る精霊で、空気の要素を持つ目に見えない精霊と言われ、その姿はほっそりした上品で美しい女性と言われます。

    風の精霊の名の通り翼を持つ肖像画も存在していて、妖精ティンカーベルのようなイメージで描かれています。

    元々は精霊は男性や女性と言う別をもたないが原則ですし、人間でも霊でもなく中間的な存在で人間の決まりに束縛されることなく自由、これが精霊の筈なんですがシルフをモチーフとした芸術作品が創作されると、シルフ=子どものイメージで、次に美しい女性のイメージに代わっていきました。

    最後に「ノーム」は四大精霊の中でも大地を司る精霊で、主に地中で生活していて鉱脈の場所にも詳しいとされ、身長12センチほどの小人で長い髭を生やした老人のような風貌をしていて、派手な色の服と三角帽子を身につけています。

    手先が器用で知性も高く優れた細工品を作ると言われ、ゴブリンやドワーフやノッカーと近い関係にあるとも言われ、近年では多数存在する地中で暮らす精霊の一種族として扱われています。

    力は人間の7倍、嗅覚は人間の10万倍、お別れのあいさつは鼻と鼻をこすりあわせる、子どもは必ず双子で生まれる、自然と動物たちを愛して常に自然と調和して生きています。

    以上が精霊さんたちの簡単な説明ですが、これは人間が便宜上四大精霊としているだけで、本来の精霊とは区別も何も無く自然全てが精霊と言えます。 水と火と木と風が別々に存在しているわけではないし、地球上で自然とは一つのモノとして考えられています。

    私が精霊を呼べるようになったきっかけはウィザードをやり始めてしばらくして、昼休みに東京事務所でボーとしていたら空中に何かが視えて、そこから映像が浮かんでAをしてBをしたらCになると閃きました。

    今まで出来たらいいなと漠然と考えていたことではありますが急に天啓?があり、その日の鑑定が終わって必要なものを取り揃えて翌日の早朝から何度か試したらできました。

    その日の鑑定で常連の方に試しにやってみたら、目の疲れが取れたり顔のたるみが取れたりとできました。 東京で天啓?があったからなのか、東京でばかり依頼があるのも精霊さんの希望なのかなと思います。

    だから精霊さんを呼び出すのは偶然できただけで練習も何も無し、檜町公園が近いとか赤坂の土地柄など色々な要因があったのかもしれませんが、ウィザードと違って精霊さんにお願いは急に練習無しにできたのが真相です。

    念の為、再度申し上げますが、私が簡単そうにやっているからと真似しないで下さい。 私が視えたと同時に閃いたのは、精霊さんが「お前、やれ!」と指名してくれたからと今は思えますが、そうじゃない人がやったらどうなるかわかりません。

    明日のブログで書きますが、私は自分の才能や能力だけでやっている訳ではないので、それを勘違いしたら憑りつかれても責任は持てません。

    あなたは精霊、呼んでみたいですか?

    サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    相手の立場。

    おはようございます。素敵なお客様にお会いできるのは奇跡、色々な御縁が絡み合って一本の糸と巡り会える、その素晴らしい出会いを演出してくれた運命に感謝、今後も素晴らしい出会いが次々とあることを信じております。

    さて、私は昨年まで酷い占い師だったと気付かされましたが、今の私はできることは勿論ですが、鑑定における話し方と言うか説明も少し変えています。

    今までは励ましたり良いことを言うを基本にしておりましたが、励ませば励ますほど鑑定内容を外れたと取られることに矛盾を感じて、後で怒られるなら今本当のことを言おうに変わってきております。

    大袈裟に例えるなら、今までは子どもができる未来が無い人には諦めずに頑張りましょうでしたが、今は子どもができる未来は無いから他の道を探しましょうに変わりました。

    相手の立場を考えるのは大切なことですが、人間関係にはどうしても損得勘定が働いてしまいます。 相手の視点に立てない人は損得勘定で生きているからで、人間ですから損得勘定が働いてしまうのは当たり前ですが、それだけになると相手の立場になれず自分のことだけになります。

    この損得勘定とは自分が嫌われない為にはとか、好印象を持たれるにはどうすればとか、自分が悪く言われない為にはとか、どうすれば自分の評価が良くなるのかなど、根底にあるのは自分が有利になる為の考えです。

    だから相手の為にが自然と無くなり無意識のうちに見返りや期待を抱いたり、不安やプレッシャーを感じたり自分のことが優先となりますが、普通は相手の為だけを想う行動を取った経験は少ないです。

    損得勘定が常にあると自分が損得に動きがちで、相手と話していても嫌われないようにとなりますし雑念も入ります。 相手と話ながら自分のことを考えているのですから、相手の表情や声のトーンや雰囲気などを察することができず、そうなると相手の気持ちが分からなくなります。

    この雑念が多くなると対人関係だけでなく食事中でも寝る時でもLINEしていても、目の前のことに集中せずに頭は別のことを考えている、それなのに目の前の会話はどんどんと進んで行くから辻褄が合わなくなります。

    そして他人と深く関わろうとしたら、自分のエゴを治さないと付き合えなくなります。 長く付き合っていくなら自分の欲優先では無理、お互いの理解を深めていかないと喧嘩ばかり、そういったエゴを体験したり自覚したりすることで成長していき、他者からの視点を学んでいきます。

    表面的にしか人と関わったことがないなら、深く付き合った経験が無いから自分のエゴが抜けません。 相手の視点に立つ余裕がないから気に食わなかったら怒る、どうしても従わせたくなる、価値観が違うなら離れたらいいのに、嫌われるのが怖いから我慢して一緒に居ることを選択して辛い思いをします。

    人生は年齢と共に自分や相手と向き合う努力をしておかないと、自分の損得にしか考えられず相手の気持ちは一向に分からない、それでは人付き合いはできないままだから、相手と深く関わる経験がないと相手の立場に立って考えられません。

    私は昨年にいづなか何かわからないけれど憑依されるとか、占い師としては誠に恥ずべきことと言うか情けない状態でしたが、色々と運命から教えられたことによりウィザードや精霊さんを呼ぶができるようになりました。

    しかし、本当に大切なことはそこではありません。 真に得たものは怒りのコントロールやモノの見方が広がったことで相手の立場から視られること、それこそが本当に大切なことだと理解できていないならダメな占い師のままだし、一ミリも成長できないまま人生が終わっていたと思います。

    霊界側で生きていると人間界よりの見方は余りしない、そこに素敵なお客様方を不快にさせてしまう部分があった、それに気付かず占い師をしていたなんて情けないし恥ずかしいです。

    昨年に起きたことへの反省の弁として言い訳に取られても仕方がないけれど、霊視云々ではなく凹んでいた私の見識や能力が偏り過ぎていたと思いました。

    昨年、誤爆メールをしたことが一度あり、あれはいづなか何かに憑依されたのか、当時は分からなかったけれど今ならショックを受けた時に隙に入り込まれた、それを素直に感じ取れたり視たりできます。

    昨年、ある素敵なお客様が急に態度が変わったのもいづな(何か)が憑いた、それを見抜けなかったのも私が油断していたのと慢心していた、それに尽きると思います。

    昨年、相手のメールを勝手に他人に見せた母親の御相談の件も、今なら娘さんを守る為に必死だったから当たり前、説明も無しにいきなり変なメールが来たら親なら心配して当たり前、事情を知らないが故の親子愛だと心がほっとすると同時に温まります。

    昨年、毎日悪口を言われた件だって今なら違う視方です。 当時の私はおかしくなって冷静な判断ができず、そこへ話を盛る人が悪口を毎日と言えば100%信じる、今なら本当に?と霊視しますが当時は余裕がありません。

    最近、その当時のことを霊視したら毎日ではなく週に2回ほど、それも家族を守る為に悪口になっただけ、本当のことを伝えたらその人も分かる度量も優しさもお持ちの素敵な方です。

    昨年に起きたことに関しては私の未熟さと怠惰が全ての原因で私のせい、それにより誤解を生んで話が余計に拗れた、それを謝りたくても連絡できないから謝れない、この心の傷が私を毎日の努力へと向かわせています。

    今なら分かるけれど運命からのお仕置きは当時の私には必要だった、あれがなければウィザードも精霊さんも何もできないまま、未来を視るだけで何もできない占い師のままで終わりでした。

    あなたは相手の立場、理解していますか?

    (/□≦、)エーン!!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop