徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    ラグビー。

    おはようございます。 今日も素敵な一日の始まりですが、良いことがたくさん起こって楽しい時間が過ごせる、そういう想像をするだけでも良いことを引き寄せる可能性が高まります。 その為にも息抜きなど楽しいことをたくさん作っておくと、嬉しいや楽しいがたくさん起こってきます。

    例えば、サッカーしか見ない人はサッカーだけが楽しいとなりますが、ラグビーも見るしバトミントンも見るしバレーも見るであれば常に楽しいです。 一つしか見ない人とたくさん見る人では楽しい時間が違ってきますが、これしか見ないのも個人の自由ですが色々見るのも個人の自由で結果的に楽しいのは後者です。

    昔の私は余計な拘りがあると言うか、AならAでBならBと言う偏りがあったので、今から思うと楽しみを大いに損したと思いますが、今からでも柔軟な頭になって人生を楽しめるようになりたいです。

    昔は何とも思わなかったのに今はラグビーの面白さに気付きましたが、何と言っても紳士のスポーツと言うのがラグビーです。 例えるなら、審判に黙って従うラグビーと審判を騙そうとするサッカー、直接的な表現ですけれどサッカーファンも常に他人を攻撃する人が多い感じがあります。

    話は戻りますが、サッカーが審判へアピールしたり文句を言うのも戦術のうちですが、それでもラグビーの試合を見たら思うのが、ついさっきまで肉弾戦で激しくやり合っていたのに、審判が笛を拭いたら即座に従うのは紳士のスポーツに思えます。

    個人的感想ですが今まで見なかったのが惜しいくらいにラグビーは素晴らしい、人気の面ではサッカーに負けていますがサッカーとラグビーではやっている選手の中身が違いすぎます。 簡単に言うと小柄でもできるのがサッカーで、身長や体格が整っていないとできないのがラグビ-です。

    私もW杯からラグビーを見ましたがフェアで紳士たるスポーツだと思いますが、私みたいに9月20日のW杯からラグビーを初めて見る人も見たら驚いているかもしれません。

    審判に激しく文句も言わないし、わざと倒れて審判にアピールしたりの狡さもない、きわどい判定でも審判が決めたら全員が従う、審判にアピールするのが戦略のサッカーを見ているならどうしてフェアにできるの?と思う筈です。

    その理由としてよく言われるのはラグビーは紳士のスポーツだからや、ラグビーは上流階級のスポーツだからなどが挙げられますが、元々の原始的な初期ラグビーにおいては殴る蹴るも含めて暴力的な部分が許されていました。

    そういう背景から見ると、全員がフェアプレーでないと危険だから、この部分が大きいのではないかと思います。

    ラグビーは誰が見ても危険なスポーツで、縦横無尽にタックルが飛んでくるし相手を止める為には何でもありかと言うくらいの迫力、以前にどこかのアメフトで後ろからタックルされたと言って警察に告訴、示談金まで受け取った事件がありましたが、あんなこと言ったらラグビーは訴訟だらけです。

    まだ、生の試合は見たことないけれど目の前で見たら凄い迫力で、鍛え上げた男たちがぶつかり合うとか想像しただけで凄い、自分が出場するならビビりますから出たくないけれど、あんなに激しくぶつかり合うのに加えて手も足も使っていいし、アメリカンフットボールのように防具も着けませんから純粋な肉体のぶつかり合いです。

    こう見ていくと反則に対して厳しいのもうなづけますが、それは選手たちの身を守る為でもあるので反則が起こったら即罰せられる、審判には大きな権限が与えられていて審判に対する文句やアピールも基本的にNGで、サッカーみたいに文句を言ったりアピールすれば反則を取られます。

    あと、サッカーと違うのはマイクを通して審判の発言が聞こえてくることで、更に紛らわしいプレーや危険な行為があったらすぐにビデオで確認、そして対象の選手を呼んで必ず話をする、そして審判が選手へThank you very muc」と言っていました。

    あれは審判が選手とコミュニケーションを取って、選手が聞きいれてくれたらありがとうと言っている、これは審判も上から目線で管理しているわけではなく、同じフィールドに立つ者同士としての意味があるのかなと思いました。

    調べてみるとラグビーの審判は反則で相手が不利を被ったかどうかを見る、だからプレーが相手の不利にならないように審判は事前に言葉で注意、このままだと反則だよと止める、それでやめた選手にありがとうと言うようです。

    それから読み取るとラグビーの審判は選手と共に良い試合を作り上げていく、選手たちは審判がどう仕切りたいかを見抜くのも戦略の一つ、お互いに協力して試合を作りあげていくのが素晴らしいと思いました。

    あの屈強な野獣たちが素直に審判の判断に従う、さっきまで激しい状態なのに審判が笛を吹いた瞬間に冷静になる、その辺の反応が可愛く見えると思います。

    選手もファンも相手を敬い称えあうのがラグビーの特徴、試合中や試合後に相手を称える文化があるのがラグビー、選手だけではなくファンも試合中は敬意を持ち合わせているし、トライ後のゴールキックの時もファンは一斉に静まりブーイングも行わない、キッカーがボールを蹴るまで見届けます。

    キックモーションに入ると相手選手は走ってプレッシャーをかけることもできますが、大声を出すのはタブーで会場中がキッカーを尊重する瞬間、選手は審判に判定の不平を訴えないからこそラグビーは紳士のスポーツと言われ、フールド上での激しい戦いの中に相手をリスペクトする精神、それこそがラグビーの価値を高めていると思います。

    あなたはラグビー、見てみたいですか?

    (>▽<)b OK!!

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新はお休みします。 再開は来週になってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    東京鑑定:現在は12月の予約を受付中で、いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    PageTop

    敬意を払う。

    おはようございます。 素敵なお客様方の心は美しい、それは間違いないと保証できる程です。 誰かに助けられたら恩返し、誰かにプレゼントされたら何かお礼をする、そういう相手への敬意を払うと言う点でも本当に皆様方は素晴らしいと思います。

    人間関係において敬意を払うことができれば、それがどれだけ素晴らしいことか、相手に敬意を払って相手も自分へ敬意を払ってくれる、そういうことが良い人間関係の元だと思うのです。

    これは友人関係でも夫婦関係でも仕事関係でも同じことで、妻に敬意を払う~夫に敬意を払う~社内外の人たちに敬意を払う、それができていれば話し合いはもちろんのこと、絶縁や離婚や退職になるまでお互いがやり合うことはないと思うのです。

    相手に敬意を払う例えで言うなら友人関係でも同じで、ランチへ行く約束をしていたのに当日の朝10時頃にキャンセル、そういう時に「ごめん、用事が入っちゃった!」と言うケースも多いと思いますが、用事とは自分がいれるもので勝手に入ってくるものではありません。

    Aさんとランチの約束をしていたのに、そこへBさんがランチへ行こうと連絡してきた、それを聞いたCさんはAさんとBさんを天秤にかけて、Bさんを選んでAさんとの約束をキャンセルした、それだけのことで用事とは自分が自分の意思や好みで入れるもので、勝手に用事が入ってくる訳ではありません。

    つまり、ドタキャンする人は相手に対して敬意が無い、無断キャンセルも同じで相手に対する敬意が無い、そういう相手に対する敬意が無い人との付き合いを続けるのが良いこととは思えませんが、会社が同じとか付き合いが長いからなどの惰性や利害関係で切れないことは多々あります。

    ところが経緯が無い相手との関係を続けているとどうなるか、間違いなくストレスが溜まるので心と体のバランスが崩れたり精神的におかしくなったり、約束したことを守る人の方が痛い目に遭うのはおかしいのではないかと思うのです。

    正直者が馬鹿を見る世の中を変えていきたいと、過去から今まで何万人と言う人が思っているでしょうが世の中は矛盾していることが多く、人間社会の仕組みとして矛盾を受け入れていくしかない、その苦しさや辛さが大人になると言うことかもしれません。

    しかし、真面目な人が馬鹿を見る社会はどこかで変えて行かないと、狡い人が生き残る社会だと歪が出てしまい、真面目な人ほど泣くことにもなります。

    世の中の歯車は順調に回ることばかりではなく油が切れて回りにくくなる、それにより善意が善意にならない歯車の狂いも生じるので、良いことをしているつもりが実は良いことではなかった、そういうこともあるので良いことの筈なのにやればやる程、自分の心が傷付くことだってあります。

    例えば、会社でもプライベートでも誰かと誰かの間に入るのは辛いもので、相手の良い面の話はしても悪い面の話はしないように隠すのが通常の仲介する立場です。

    仮に異性を紹介するなら嫌な部分は隠して良い部分だけ話して二人を会わせる、そういうのが常だと思いますが、それでうまく行けばいいけれどもうまく行かなかった時には仲介者も辛い立場です。

    お互いから悪い面を聞かされるのは仲介者に取って学びと考えられたらいいけれど、両方を知っている立場からすると、確かに悪い面は当たっているだけに聞かされるのは辛い筈です。

    ここでも良かれと思ってした筈なのに、歯車の狂いが生じてお互いが嫌な思いを残した上に仲介者も悪く言われて意気消沈します。

    他にも特殊な例で説明すると、知り合いに芸能人やスポーツ選手がいたとして手紙やプレゼントを渡して欲しいと頼まれたとします。 ところが芸能人やスポーツ選手は基本的にプレゼントも手紙も喜ばないから、渡したプレゼントは床に放置した後は捨てるか誰かにあげる、渡した手紙は読まずにゴミ箱行きなどの行動を知っていたとします。

    そうなると間に入っている人なら相手を傷付けない為にも、スポーツ選手の○○さんはすごく喜んでましたよと伝えなければなりません。 本音としてはせっかくのプレゼントや手紙を捨てるなんて酷いことをする、そう思いながらも頼まれた以上は渡すしかありません。

    そしてスポーツ選手や芸能人へ渡すけれど喜ばずに迷惑がられる、ところが真剣な思いで頼まれた以上は相手にすごく喜んでいたよと嘘を吐く、仲介者は両方に対して気まずい思いが発生する立場になるので精神的に辛くなります。

    しかし、日本人としては頼まれた以上は何とかしたい、人が喜ぶならとの使命感で頑張ってしまう、それは早くやめなさいと運命からの暗示として受け取らないと身体が壊れてしまいます。

    どうしてこのようなことになってしまうのかと言えば敬意が無いからで、仲介者が紹介する二人から敬意を持たれている、そして紹介する二人もお互いに敬意がある、そういう三者共に経緯が存在するならこのようなことは起こりません。

    先ほどの例で説明すると芸能人がファンと仲介者を舐めていると、貰ったプレゼントや手紙を捨てる行為が平気でやれる、それを知っている仲介者は本当に辛いと思います。

    ただし、仲介者も安請け合いするのが悪い、それなら紹介してあげると簡単には言わない方がいいとなり、仲介者も苦労することが分かっているのにやるなら苦しみも自業自得です。

    私もサッカーファンに嫌がらせを1年3か月も受けていた為、なんか張りつめた糸が切れてしまいましたが、物事には限度があるから堪忍袋の緒が切れると言うか、今さらながら心が折れると言うのはあると思いました。

    あなたは敬意を払う、どう思いますか?

    ...ρ(..、)ヾ(^ー^;)ヨシヨシ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop

    議論好き。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様にお会いできることで心が癒される、そんな素晴らしい能力をお持ちなのですから、もっと自分の存在意義に自信を持つべきかと思います。

    例えば、世の中には無責任な議論を平気で仕掛ける人がいて、自分が陰に隠れて自分の言い分だけ通そうとする、ネットには匿名で騒いでいるのに当人の前に出たら一言も言えずに黙り込む、そういう人たちの議論好きには迷惑なだけで何の生産性も無い不毛な嫌がらせです。

    議論の為に議論を仕掛ける、そこにあるのは暇潰しの不毛なくだらない時間のみですが、それを痛感したのが一時期元毎日新聞記者の佐々木俊尚さんのTwitterを見ていた時です。 佐々木さん自体は悪い人ではないのでしょうが良い人でもない、元毎日新聞だけあって考え方が反日で何が何でも日本を貶める、全ては安倍政権や日本政府が悪いで凝り固まっています。

    あいちトリエンナーレと言う反日思想の展示会?みたいなものが愛知県であり、それに税金が投入されているのに愛知県知事は平気で後押し、愛知県民の総意と県知事が発言していましたが、さすがにそりゃないだろうと思いました。 いくらなんでも愛知県民全員が反日思想なんて、よくも抜けしゃあしゃあと言うもんだと感心します。

    あいちトリエンナーレでは反日の展示物がゴロゴロ、極めつけは天皇陛下の写真を焼くのを芸術と言い張るおぞましさ、これを日本人に認めろと言うのが間違いだと思いますが、愛知県知事は天皇陛下の写真を焼くのを県民の総意と言う言葉で続行しました。

    この時に佐々木俊尚さんのTwitterでは、天皇陛下の写真を焼くのは当然と言う支持する人ばっかり、挙句の果てには日本が悪いの大合唱で危ない人たちの集まりなのかなと思えました。

    私もアホなんでよせばいいのに佐々木さんのリプライへ、「自分の彼女や奥さんの写真を焼かれる動画を芸術と言われて、それでも認められるんですか?」と、こうやったのがまずかったようで匿名の方々から、「そんなこと言ったら議論にならん」と罵倒されて議論する為の議論と言う不毛の争いに呆れました。

    天皇陛下の写真を焼く動画を芸術と言うなら、佐々木さん及び佐々木さんの支持者は自分の愛する人や大切な人の写真を焼く動画を芸術として、多くの人に見て貰えることを喜ぶべきと言うことすら分からない人たちの集まり、類は友を呼ぶと言いますから反日思想は自分に都合の良いことしか言わない狡さがあります。

    正直、議論好きは無責任な人に多いのですが、こういう人たちは無職が多いかどうかは知りませんが、社会で働いていることを前提とするなら会社などの会議の場でもややこしい会議でもないのに、議論をふっかけてかき乱すのが楽しくて物事を決めようとしないのかどうか、人の意見に必ず反対して議論をふっかける人のせいで意見交換ができない、そういった状態にする議論好きには困りものです。

    議論によって色々な意見が出てくることは認めますが、会社の会議などでも結局は議論することを目的に議論をふっかける議論好きが問題です。 ようは好戦的な人ですが、相手の意見の粗探しをして揚げ足取りして議論に持ち込む、周囲もうるさい奴だと思っているのに本人は一目置かれていると思い込んでいます。

    こんな人に意見を求めても自分と違えば論破しにかかる、相手の意見を尊重するなんてありえません。

    議論好きの対処法としては議論で言い負かしてはいけない、ようは勝ってはならないと言うことですが、言い負かしたらしつこく付き纏われるし、勝てば勝ったでしつこく自慢しまくるので相手にしてはいけません。

    そうは言っても会社など関わる場合は戦わずして勝つが一番ですが、基本的な考え方として議論好きを相手にする時は、分かりやすい勝敗はリスクで完全に相手を負かしてしまえば怒るし、負ければ更に攻撃してくるのが厄介です。

    議論好きな人は落とし穴だらけの人生なのに、そこでしつこく議論を仕掛けて満足している子どもですが、会社組織として考えれば自分の意見を主張して失敗の場合と業務命令として失敗の場合では、自分の意見を通して失敗の方が評価が下がるのは明白です。

    自分が目立つほど嬉しいのはいいけれど、目立つ分だけ敵も作るのに気付けない、議論好きの人は自分中心でリスクに気付けません。

    会議などにて議論好きがいるなと思ったら自己主張せず大人しくして、司会が積極的な意見を即してもスルーする、意見を口にすると議論への参戦表明で議論好きを喜ばせるだけ、その時点で議論好きのカモになること請け合いです。

    だから最初から最後まで自分の色は出さなくていいから、自分から発言しないことで中立のポジションを守りつつ、議論している人たちを横目に意見を纏めたり分析したり、あなたはどう思うと名指しで意見を求められても黒子でいます。

    つまり、自分の意見ではないけれど皆さんの意見によると○○ではと言う感じで、客観的な提案を投げて主張も賛同もしないで行くのがベストです。

    議論好きは自分の正解を持っているので、自分と同じかどうかで敵かどうかを判断して、次に自分と同じでも自分よりも上か下かで判断するので、どうやっても面倒くさいから白黒つけない話し方が一番安全です。

    意見が対立する時はどっちがいいと踏み絵が来ますが、どちらもいいのではと相手にさじを預ける、そして最終的に決まった答えが出たとしても同調はアウト、そうしないと会議室を出ても根に持たれること請け合い、自分の考えは延々と表に出さないのが賢明です。

    議論好きは鬱陶しい、本当にしつこいしうるさいし中身が無い、こんな相手を真面目に相手しても時間の無駄、バカバカしいから自分の時間を大切にして下さいね。

    あなたは議論好き、相手にしていますか?

    (o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    PageTop